ひとつあれば、何役も楽しめる、スマートメイクアップミラー

出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクするという人も多いのではないでしょうか。手鏡と化粧品を持って移動しながら、どこででも美容しちゃうというわけですね。立派な洗面所がなくても、あなただけの特別なメイクアップルームがどこでも作れてしまう、こんな鏡はいかがでしょうか。

世界ではじめての、
スマートメイクアップミラー

3946d70ada3c9ead668b91930ca458fb71689850

家の中で鏡を置いてメイクするとき。これまでは、明かりを求めて自然光の入る窓のそばや、ライトの近くに移動する人が多かったのではないでしょうか。「JUNO(ジュノ)」は、スマートフォンのアプリを通して探知し、いつでもどこでも、メイクのお手伝いをしてくれる頼もしい鏡なのです。

201b513a2aa27c74692019780cf3c07724ced36498c3c13954665e7ed31cd2ff79ab18bf1039e2521cabf2b5df85b91b6f84e288b2bdcd556120a5c7

JUNOは、手持ちのスマートフォンで専用のアプリをブルートゥース仕様で連動させ、メイクするときの照明を選ぶことが出来ます。本を読むランプとして使用するときも、明るさの調整をしたり、さらには、自分のお気に入りの照明を保存しておくことも出来るのです。(現在アプリは開発途中段階で、製品発送時期までに完成の予定です。)

E6bd8b6b873cc6fdd292350770b9f5c26a1ba4d0

セルフィーモードを使えば、いつでも完璧なセルフィーを撮影できます。肌の色を見てください。セルフィーモードを使った場合とそうでない場合を比較すれば、その効果は一目瞭然です。

Baaf20c91143f08f6381b123323d3e461f732425

多くの女性にとって、鏡とはどのような存在なのでしょうか。そして、1日のうち、何回鏡を見ているのでしょう。JUNOをきっかけに、鏡との付き合い方が変わるかもしれません。現在、「Kickstarter」で2017年1月20日まで資金調達中です。

Licensed material used with permission by JUNO
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
オーストラリアのSofiaは、幼い頃からお古の人形に囲まれて育ちました。壊れては直し、を繰り返し、そのたびに手入れをしながら、ひとつひとつを大切にしてきた...
ひと月後に結婚を控えたカップルが、特殊メイク技術によって、老後の自分たちの姿に変身。徐々に老いていくパートナーを目にしたとき、ふたりの心にある変化が訪れま...
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
いま、この「羽のような眉毛」がInstagramで話題になっている。ヘルシンキ出身のメイクアップアーティストStella Sironenさんが、自身のアカ...
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。別にこのブランドにこ...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
いつでも気分よく生活するなんて絶対ムリ!なんて思ってはいませんか?もちろん、人生は山あり谷ありですから、つらいことや悲しいこともありますが、ANAで25年...
僕は、毎朝バタバタと準備をしてしまうタイプ。というのも、アラームを止めてからもついつい二度寝をしてしまうことが多いから。気付いた時には、急いで準備をしなき...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
朝、ベッドから起きるのがつらい季節ですね。ぬくぬく、もう少しだけ入っていたい…と思いつつも、意を決してバーン!おそらく布団を整えないまま外出する人もいるで...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...