「ブッ飛んだ」友だちを大切にするべき8つの理由。

「常識はずれ」や「クレイジー」という言葉にどのような印象を持っていますか?たぶん、変わり者とか、ぶっ飛んでいるとか、だいたいそんな感じだと思います。

では、あなたの友だちにクレイジーな人はいますか?はい、と答えた人はラッキー。「Elite Daily」のライターLaura Argintarさんによると、クレイジーな友だちは、あなたに刺激的な毎日をプレゼントしてくれるそうなのです。

「なんの特徴もない友だちのほうが、怖くて厄介よ」

そんな彼女の主張、共感できる?

01.
これまでにない
「経験」ができる

4bbca9b4165ae1364ce8b7e3926eb0bc9b986417

狭いミニバンでロードトリップ、ドイツの薄暗いバーで怪しげな店主と朝まで飲み明かす。きっとクレイジーな友だちとなら、最高に変わった体験をいくつも共有できる。

これまでの向こう見ずな体験をまとめれば、1冊の本が完成するかもしれない。他の人たちだって、そのエキサイティングな物語を羨むんじゃないかな?

02.
自分に素直でいられる

まわりからクレイジーだと思われる原因、つまりぶっ飛んだ性格をさらけ出すことに「ためらい」は無し。

彼女たちは決して、自分を恥じていないの。むしろ誇りに思っているくらいで、その自信は一緒にいるあなたにも伝染する。今は自分が嫌いでも、そのうち好きになるかもしれない。

03.
全然退屈しない

クレイジーな彼女たちは、その場を盛り上げることを楽しんでいるから、あなたが無理に頑張る必要はないの。

足りないところを埋めあえる関係って、なかなか築けないものだから大切にしなきゃ。

04.
あなたの「視野」を
広げてくれる

05140757f89f6eaf155fe1d7397a094f3ddef5c5

あなたを慣れ親しんだ場所から連れ出し、新しい世界を見せてくれる。そしてあなたの視野を広げてくれる。

おかげでいろんなタイプの人間がこの世に存在することを体感できるはず。そして「個性」の素晴らしさを理解できるようになるの。

05.
自分は「まとも」だと
安心できる

「私、変なのかもしれない…」と思ったときは、彼女たちの姿を見るといいわ。自分がまだ(比較的)まともな人間だと気付くことができる。

「確かに私も変かもしれないけれど、あの子のほうがイカれている」って安心できるから!

06.
楽しさを追求するためなら
ルールも破る

「クレージー」な友だちは、突飛なアイデアにもほとんど「ノー」と言わない。ときに、とても大胆な行動をとるの。BARで見知らぬ男性の肩を叩いて、彼の注意があなたに向くよう仕向けたり、警察官の注意を引くために変な動きをしたり…。

別に深い意味もなく、ただ楽しむためだけにルールを無視するの。彼女たちにとっては、外の世界を歩くだけでも大冒険。

07.
くだらない
ケンカをしない

30e9b209e07955b64dfb48f7e05fb6c982ce25f3

ふたりの間でケンカが勃発することは、ほとんどないと思う。彼女たちは、前例のない道を歩むことに精一杯で、くだらないケンカに時間を費やす暇はないの。

あなたとの時間は、カオスから逃れて息抜きする休憩所、くらいに考えているはず。

08.
無茶な夢も
応援してくれる

「人気番組の司会者になる!」っていう夢を、他の人は笑うかもしれない。でも、クレイジーな友だちは応援してくれる。彼女たちにとって、夢や目標に遠いも高いもないから。

新しいチャレンジをするときの不安は、彼女たちが取り除いてくれるわ。本気で不可能なことなどない、と考えていて、どんな大きな問題にも真剣に向き合う姿勢が、あなたにも勇気を与えてくれるの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
米ライターのChrystina Noel氏が書いたこの記事には、人付き合いにおけるちょっとした気遣いがまとめられています。でも、これらは誰にでもやるべきマ...
友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...
平凡で落ち着いた恋愛と、愉快で変わった恋愛。あなたなら、どちらを選びますか?「Elite Daily」でPaul Hudsonさんがオススメするのは、ちょ...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
新年度が始まり、早いもので3カ月が経ちました。職場や学校で新しく出会い、いつのまにか一緒にいるようになった人はいるでしょうか?もしかしたらその相手、一生を...
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...
出会いは飲み会。酔っ払って異性とどうこう…なんて話はよく聞くけど、お酒の力で仲良くなれるのは異性だけじゃない。「付き合いでの飲み会はやめるのがベター」と言...
「Elite Daily」のライター、Lauren Martin氏によると「カップルが別れるように、タイミングによっては友だちとも別れたほうがいい」ときが...
「Elite Daily」ライターAshley Fern氏は、友人と一緒にジュースクレンズでのダイエットに挑み、その結果を記事にしました。食事をジュースに...
友情を実感できる要素を、端的にまとめたのがこの記事です。親友、心の友、大の仲良し、腐れ縁。あなたの人生から切っても切り離せない「友達」。家族よりも恋人より...
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...
くだらないことで笑い合ったり、つらいときはそばにいてくれたり、そんな「親友」と呼べる存在はかけがえのないものです。しかし、友だちにはさまざまなタイプがいま...
「もし、別れた恋人同士が友だちに戻れるなら、2人はまだ愛し合っているか、そもそも最初から愛し合っていなかったかの、どちらかだ」こんな言葉があるように、別れ...
いまの仕事をどれだけ気に入っているとしても、スランプに陥ることは誰にでもある話。友だちや恋人に話を聞いてもらうのもいいですが、本当にちゃんと理解してくれる...
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
時間が経ってみないとわからないことだけど、友情が学生時代でストップしてしまう関係があります。あんなに仲がよかったのに…。その“友情期限”が長く続く人とそう...
家族もいないし、周りは既婚者ばかり。休日はいつもひとりで、どうすればいいものか──。こういった悩みを抱えている中年の男性が多いと語るのは、男性学の第一人者...
「お一人様」なんて言葉もよく聞きますが、そうな言っても誰かといるときが一番安心できる、という人も多いでしょう。でも学校という環境を離れて社会に出ると、友達...
地元にいたころ、毎日、何をするにも一緒だった、そんな友だち。もちろん最近できた友だちも大事だけど、やっぱり一番わかってくれるのは地元の仲良し軍団ですよね。...