「失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」。エジソンの失敗論に学ぶ

発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。

「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなければ、何が最適なのかわからないだろう」

エジソンは、約2,000個ものフィラメントを試し、ようやく低価格で効率的に生産できる「電球」を発明。そこに至るまで、気の遠くなるような時間を費やしました。そんな彼から学ぶ失敗論を「Elite Daily」のDan Cumberlandさんがまとめていたので紹介しましょう。

科学者は「失敗」を
どう受け止める?

C73683d918c461e113fbb5909d82067273d5701e

求めている結果に辿り着くため、科学者は幾度となく研究を繰り返します。失敗はその過程で起きるひとつの出来事。むしろ、その失敗から次のステップが見えてくることもあるので、彼らにとっては成功と同じくらい必要であり、ありがたいものなのです。

それでも私たちは、失敗に怯えてしまう傾向にあります。そのせいで、新しいことになかなかチャレンジできない、なんてことも少なくないはず。失敗という言葉を聞くと、うまくいかなかった人間関係や、落ちてしまった面接、といった過去の経験を連想するでしょう。その考え方だと、「失敗=ネガティブ」という概念が染みついても無理はありません。

しかし科学者の視点からすると、失敗はあくまでも成功への過程。失敗をしてこそ、「自分の目標に近づく」という認識なのです。そう考えると、ずいぶん気持ちが楽になりませんか?

実験のプロセスは
人生にも当てはまる

6018fa2261f616673f4371749d009b5e81130819

科学者が実験をするときの方法は、この通り。

step1. 質問を投げかける
step2. 仮説を立てる
step3. 実験する
step4. 結果を分析する
step5. 結論を出す

じつはこの方法は、人生にも当てはめることができます。まずは、step3まで実行してみてください。そして、step4は結果をもとに、自分が仕事や人生についてどういう思いを抱いているのか、じっくり分析してみましょう。 

エジソンの失敗論に学ぶ
「成功論」

985a3e1fbfd588b3d8d82511cc1337c842b996d9

エジソンはこう言いました。

「私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、つねにもう一回だけ試してみることだ」

あなたが夢を追うことは、エジソンが電球の発明を試みたのと同じこと。結果を出したいのであれば、失敗を恐れていてはいけません。エジソンのように、辛抱強く何度も試行錯誤することは、目標へ向かう長い道のりで、避けては通れないこと。ときには、どうしていいのかわからず、悩むこともあるでしょう。しかし、そのつらい時期を乗り越えてこそ、新たな道が切り開けるのです。

「すべての可能性を使いきってしまったとき、こう思い出すんだ。- まだ使い切ってない」

と、エジソンが言うように、方法はいくらでもあります。これを機にあなたも「失敗」の捉え方を科学者のように変えてみてはどうでしょう?ポイントは、とにかくチャレンジ精神を捨てないこと。失敗を恐れず、自分に合うか合わないかを見極める手段のひとつとして、まずはどんなことにも挑戦していきましょう。

結果はどうであれ、成功までの長い道のりを楽しむことはとても大切です。まずは、勇気を出して最初の一歩を踏み出してみてください。

Licensed material used with permission by Elite Daily
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
私たちはつい「失敗をしないように」という予防線を張りがちです。だって失敗したら恥ずかしいし、そこから立ち直るのもひと苦労するから。でも、将来のためには積極...
人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている...
成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...
「物事がうまくいかない、ということはあり得ないんだ」と言われたらどう思いますか?いやいや、うまくいかないことだってあるよ、と言い返したくなりますよね。「E...
会社の上司に求める条件で「人格者である」ことを挙げる人も多いのではないでしょうか。組織のリーダーになる人は、仕事の資質の他にも心を磨かなければ部下から信頼...
成功と失敗は、隣り合わせです。どんなことでもまずは失敗から学び、成功への道を模索していくものですし、そこが運命の分かれ道でもあります。なかには諦める人もい...
多くのキャリア指南書で「もっと失敗を経験すべきだ」と書かれていますが、それでも今なお、失敗=恐ろしいもの、という考えが拭えない人はたくさんいるはず。ここで...
何か大きな失敗をしてしまったとき、目の前が真っ暗になり、夢が粉々に砕け散ってしまったように思うかもしれません。自信を失い、自分はもう何もできない、と。そん...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
世界に名を馳せるトップリーダーたち。 彼らには誰よりも「成功」や「栄誉」という言葉がよく似合う。 しかし、実はそんな成功の頂点に立っている彼らこそが、凡人...
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
何かに失敗し、「自分はなんてダメな人間なんだろう」と落ち込んでしまったことは、きっと誰にでもありますよね。長い目で見るとその経験が成功につながることも多い...
自己啓発でよく言われる「若い頃は、たくさん失敗しよう」というフレーズ。だけど、具体的にどんな失敗が、どう将来に役立つのでしょうか?米メディア「Elite ...
25歳になったばかりの女性ライターKylie McConville氏がまとめたのは、「20代のうちに経験しておくべき失敗」について。人は辛い経験があるから...
ここで紹介するのは「Expanded Consciousness」に掲載された、記事。タイトルの通り、ちょっと落ち込んでいる…という人に読んでもらいたい記...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
自分を信じて何事にも立ち向かう。そんな前向きな姿勢でいると、人生はみるみる昇り調子になっていくでしょう。しかし、その過程でつらく過酷なできごとを経験するこ...
歴史に名を刻んできた日本の名将たちも、スーパーマンや超能力者だったわけではありません。私たちと同じ、ひとりの人間です。しかし、生きる知恵や考え方が一般人よ...