「目的?とくにありません」。今年も開催した、ノーパンツ地下鉄ジャック

ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催されたとのこと。

ちなみに、ここで言うノーパンツとはパンツ一丁(ズボンなし)のこと。NYのいたずら集団「Improv Everywhere」が主催する、みんなで下着姿になって地下鉄に乗っちゃおうという愉快なプロジェクトですが、気になるのは、いったいなんのために?

寒さにも負けず
パンツ一丁

D3c3460b81fc08c823692a319ceb5f9eea6cd198

2017年は極寒に見舞われ、なんと当日の気温は-5℃!でも、寒さなんかに負けていられません。ノーパンツのためならね。

今年はNYの7ヶ所でミーティングが開かれ、11駅の地下鉄に登場した彼ら。

さらに、このムーブメントはNYだけにとどまっているわけではありません。オフィシャルHPによれば、この日、なんと世界25ヶ国以上の60都市にて数万人が“脱いだ”ことになるそうです。

880c322e570b460436fa4f6eff42e55c2132c7d8

地下鉄に乗るやいなや、パンツを脱ぎ捨て下着姿になる参加者たち。

0a75735e328900e8a1cc2486a89e918646962d9a

電車のなかはこんな感じ。車両によっては、もはやパンツを履いている人のほうがマイノリティ、という有様です。

36d3c174c5927d1d8d3d1cc14cefb1fe4e0410fa

目の前の人がノーパンツでも、意外とみんな気にしない。

A2935272e6ae348f04b7f0f9ab38ef899c2930c3

日頃はできないコーディネートにだってチャレンジできちゃいます。この女性は、マフラーと下着の色を揃えるオシャレ上級者の着こなし。

Bf3d7722b7bf5b84daadb3cf002020e7a08bc5a5

小さい子どもだってノーパンツ。オレンジに白の水玉というペアルックで、親子の絆をアピールしています。

「ただ、楽しいから!」

0d5b886c37afb72e5d8bd998ecce5cf5b97ba45c

なぜ真冬のニューヨークで16年もの間、ノーパンツになり続けているのか。主催者にコメントをもらいました。

ーなぜ、毎年こんなことを続けているのですか?

「まぁ毎年の恒例行事みたいになってきたし、みんな楽しそうだしね」

ー今年ならではの新しい発見は?

「いや、別にないかな?もう16年もやってるしね。でも毎年、必ず初参加の人がいるから、そういう人は楽しめてるんじゃないかなって思うよ」

ーこのイベントについて、何かメッセージを。

「特にないかな!」

ということで、こういったイベントにありがちな「深い意味」は、とくにないそうです。ただ楽しいから、というだけで16年も続いているなんて、かえってすごいような気もしますね…。

じつはこのイベント、主催者の公式なライセンスを得て、2015年から東京でも開催されています。ノーパンツを体験したい人は、来年を楽しみに待ちましょう。

Licensed material used with permission by ImprovEverywhere.com
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマー。最近NYを騒がせているお祭り兄ちゃんです。名まえにも現れている通り、エレクトロとパーカッシ...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
舞台はマンハッタン、女性は帰宅途中に地下鉄の構内で、線路に突き落とす殺人現場を目撃してしまった。この瞬間を境に、彼女の日常に深く根を下ろしたのは、想像を絶...
英国人の本気度たるや。世界の人々の生活をガラっと変えてしまうかもしれない偉大な発明とも言えるこちらの商品。なんと、オナラをしてもそのニオイが気にならない「...
現代女性の生き方のヒントとなる記事が並ぶ「Elite Daily」の人気カテゴリWOMAN。たまに、こんな刺激的な記事も登場するのが魅力です。女性ライター...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。ご...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
このおじさんの声と表情に注目して欲しいのです。これまでどんな人生を送ってきたのかわからないけれど、なにかが伝わってきて胸を打つ。トリハダものの美声の持ち主...
電車って、意外に「人間の素」が出てしまう場所だと思う。なぜか気が緩んでいる人が多くて、見ていると結構おもしろいんですよね。だから、地下鉄に潜むモンスターの...
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
オーストラリアの北部から中央にかけて、砂漠と湿原が広がるエリア「ノーザンテリトリー」。ここには、ふたつの異形の聖地が存在しています。 Photo by A...
「そんなはずはない!」 でも、“あり得ないところ”から確かに視線を感じる…。そうした違和感を感じていたら、にゃんとこの子の仕業でした。Reference:...
洋服って、たとえサイズが合わなくても、お直ししたり、ベルトでブラウジングなどで調節可能ですが、下着だとそうはいきませんよね。デザイン重視で選んでしまうと、...