やりたいシゴトが性別で選べないなんて、ナンセンスってこと

ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリアはどんどん広がっています。考えてみれば、「これは男性の(あるいは女性の)シゴト」なんてカテゴライズは、そもそもがステレオタイプな考え方なのかもしれませんね。

肉体的なハードルもこれまでの“当たり前”という見方も超えて活躍する、ワーキングウーマンたちにスポットを当てたフォトプロジェクトを紹介します。

職業ステレオタイプを超えて
活躍する女性がいる

Medium c4b03406c027fc7b32e4088350901c1103991aee

米フィラデルフィアのコマーシャルフォトグラファーChris Crismanは、去年知人の紹介でブッチャー(精肉販売業)へと転職した女性と知り合った。職業ブッチャーと聞いて、Chrisが興味をもった理由、それはこれまで一度も女性でこの職に就く人に出会ったことがなかったから。

興味本位からこの女性Emilyの仕事場へ足を運び、彼女を撮影し終わったあとで、こう自分の考えを改められたそう。「そもそもやりたいシゴトが性別で分けられること自体がナンセンス」だと。以来、職業に対するジェンダー・ステレオタイプを超えて活躍する女性たちに声をかけ、彼女たちのシゴトにフォーカスしたフォトプロジェクト「Women's Work」をいまも継続中。

超大型重機運転手

Medium f113ca5d1ee5473a2af7eac83af376a2476f128c

ディベロッパー(不動産開発)

Medium 48d7fae9611ca1c3f02bda7e499b75dd8b49b981

ロブスター漁師

Medium eeb8f02d8f66c591083d6cb34ddd4af902618761

消防士

Medium 318c6774023b5aaf6daa7bd7700996fd40843a70

地質学者

Medium 5197d89b7fc00ebe57bc7e34b5f0d6fc0a6ac9c1

剥製(はくせい)師

Medium e9add010313be9f51b3e9b6169273c78379f608f

養豚家

Medium 4dc8ec645c2c9f8bd0577077b0c384f6bb7e668c

工場オペレーター

Medium 04d3c7a137b6282055855e34c8c1df9ad9147bfa

ビール醸造業者

Medium be97fbdd87318a29c6eb55054e5f33f359cb0429

デザイナー/木工技師

Medium 117d4219be7df152937cc155b159fcc30ed6e2ce

プロセス制御オペレーター

Medium 09f9306ab9f5c8e9ebacc862111be0ac58f5c3a7

Chrisはこのプロジェクトを通して、2歳と4歳になる自分の娘たちにこうメッセージを送ります。「誰かに強いられたり、自分の夢にリミットをかけたりせず、情熱のままに生きてほしい。この写真の登場人物たちのように、性別関係なく自分のなりたいものになれる」のだと。

Licensed material used with permission by Robert Luessen
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
とりわけ、若い人が転職を考えるとき、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。給料、世間体、勤務条件など、不安要素を数えればキリがありません。しかし、転職を...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...
ママ向けの育児用品はたくさんありますが、パパがより育児に参加しやすくなるような「男性向け育児用品」はほとんどありません。そこで、ファッション業界のスペシャ...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
社会人として生活していると、自分の上司がどんなプライベートかなんてあまり想像がつきませんよね。一見パワフルで厳しい女性の上司だって、もしかしたら意外な素顔...
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
「果たして、このままこの仕事を続けるべきなのだろうか…」。そんな疑問が頭をよぎるものの、目の前にあるタスクに追われ、なかなか答えが見出せていないのでは?「...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
「今の仕事でもっと活躍したい」「なにか新しいことを始めたい」と思っているあなた。ここで紹介するのは私自身がさまざまな経験から学んだ、仕事で成功するために必...
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...