見よ!この銅像を。ブリュッセル市のなんと寛大なことよ

何年か前、大阪御堂筋に並ぶ銅像の何体かが、一夜にして赤い服をまとっていたという珍事が起きた。誰かが洋服を着せたいたずらだが、らくがき同様、日本では勝手に衣類などを着せる行為はご法度だそう。どこか寂しげな銅像や石像をかわいらしくしてあげたい、そんな気持ちがはたらいたとしても、まあ不思議じゃないのかもしれない。

どうやら世界には同じような考えをする人たちがいるようで、ベルギー・ブリュッセルでも、市内の銅像がトンデモないことになっている!

主張がスゴい銅像たち

259ab79eeda61afde714d4c9967dc7a1cb0d17642956c8fb564b6aa5ff0dc4b2c8d3a95771d92d8f

たとえばこの公園にたたずむ頭像。遠目から見ると分かりにくいが、近づいてみると、頭からすっぽり、ニットのような帽子をかぶっている。

1a136d21d37f77df73d570c9f7b482a4a93dfbe9

よく見れば、ダリアに似た黄色いキク科の花に多肉植物でできたカツラ。

銅像にいのちが宿る瞬間がある

0f7b7151674d1c33c6dba10b2234ef523f90e36c

他にも、ピンクのあごヒゲをあしらった胸像。

よく見てほしいのだが、これらどれもが生花でできている。ブリュッセルを拠点に活動するフローリストGeoffroy Mottartによる、手の込んだ“いたずら”…ではなく、れっきとしたインスタレーション。名もなき銅像たちに市民の目を向けさせるためのプロジェクトなんだとか。彼は、こうして市内のあちこちに立つ銅像にフワラークラウンやヒゲをつける作品を、不定期ながらもう2年も行っているそうだ。

もちろんゲリラ的な活動ではない。きちんと市にお伺いをたて、許可が下りた場合は一日だけ、この花まみれになった銅像たちが登場する。Geoffroyによると、許可が降りない公園や銅像も多々あるそうだが、辛抱強く首を縦に振ってくれる日を待っているそう。

8b1b400813deb3bcbcca4eca29c9736c3a89e6847dac3d639d79dd9e034ab09fb4aeab7eca9b8c1c

こうしてお許しを得ると、花冠やヒゲの制作のに向けて、まずは銅像の頭囲や顔のサイズを測ることからスタート。自身のアトリエで花を紡いでいく。

D4335c2d7117bd9b56ef2e568ceed83fee94574a86a49aaf9fedf1b35339aaba08c982479c9022c3

第2代ベルギー国王レオポルド二世のたくましいあごヒゲも、Geoffroyの手にかかればご覧の通り。

1014660066b13b3adc0cd5baf4cc070fc3f03d6341150e03bb879c01192eb02fb0477f4376efe7ab84abf1ddaf7bcdf92ba4ea8f0f0198f6e841973aEdb7500fc1c2d82d376bffae6c943009c15d63cf3d1fc3ac8816f1ac5f1d43dbca0708a5c37d6426B1c497c4ac188f889c0b3cab18fc1daab961e6feD5f730107661566378f7b0d6f7d0b3ecdfcf311e

物言わぬ銅像たちはさておき、完成度の高いGeoffroyの花冠やつけヒゲは、やがて多くの市民の目に止まり、ついに昨年、若手アーティストらによるエキシビジョン(企画展)に、彼と銅像のコラボアートが作品として出展するまでに。

誰が得するわけでもないし、もしかしたら意味のないことと思われても仕方ない。それでも、このプロジェクトを続けていきたいとGeoffroyは意欲的だ。ブリュッセル市の寛大さもあってこそだけど。そういえば、こちらもわざわざ許可を得てのことだそうだが、渋谷で行われるファッションイベントの際に、あのハチ公もおしゃれしてたっけ。

Licensed material used with permission by Geoffroy Mottart
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
巨大なモニュメントっていえば、何が思い浮かぶ?ニューヨークの自由の女神、カイロのスフィンクス、リオのキリスト像。普通は、そのあたりが頭に浮かんでくる。野球...
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などで知られる、クリエ...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
あなたは、寛大な心を持ちたい!と思ったことはありますか?いつもイライラした雰囲気を放っている人には、他人が寄りつかず、反対に寛大な心を持つ人には、他人が寄...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
しばらく旅に出る直前、知人と食事をとっていたら、飛行機の中は冷えるからとストールを受け取ったことがあり、なんて気が利いているのだろうと驚いたことがあります...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp生花を髪に飾りつける「花結い」の技法で独創的なヘッド...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
今さらながら、アーティストという輩って面白い。だって、僕たちとは違ったアングルでモノゴトをみて、普通では考えもしないことをやってしまうんだもの。今回、紹介...
その名も「Dinner in the Sky(空中ディナー)」。2006年にブリュッセルの遊園地内で産声を上げたこのぶっ飛びレストランは、初めて設置されて...