車内に「ひとりぼっち」の犬たちから、声なき声が聞こえてくる

大型スーパーなどの駐車場に車を停めると、車内でお行儀よく待っている(なかには吠えまくっている子も)犬を見かけることがあります。ご主人が去っていった方向ただ一点を見つめ、黙ってすっくと立つ姿には、凛々しささえ感じるもの。

あの車内にポツンと取り残された犬たちの表情に注目し、撮影し続けるフォトグラファーがいました。ロンドン在住のフォトグラファーMartin Usborne。彼の作風はちょっと独特、カメラを向け続けるのは怒りや悲しみにくれる動物たちのリアルな表情です。

ここにはMartinだから拾えることができた、“ぼっち犬”たちの喜怒哀楽があります。彼らもまた人間と同じように、一匹として同じ表情をしていません。

プロジェクト『Dogs in Cars』、窓ガラスの向こう、彼らの声なき声が聞こえますか?

彼らは、ただじっと
主人の戻りを信じて待っている

D77c4a756ad3dd10b084dc51b3b7792d23c0ffdbBbd4a5f8ac5a1006b7ea8c080a49e3fcf131b39a072f8e61b2ffe3b8ff6c7eaecccb5ebd38cf8499D2faf88ff701717a3e3c9dbdb919ab79e8d9fea56adf838f56605e34f5beb289cc818603057f3e88865533116c4d268ab521a1022004f7b9919f5d9b3235a6db71aad5b92611b0ec311d0a719b5bd45c304b196f52dbcaca44ede8005cf164a4f29f7f083ac606844d6b072bf8236091e279404594879579982a13039c7bb83d99fa4d95c035176054b61c89375905daf6b1623c85f77d08b86c8eb7ad482170E1c5e4af674ff8c63ccc44e33645f972a52799a52f1de7e4ebc0fe52c9c90f46a4c60c5aec7d119f7a91e08bfac07dd673966336970925f7a23ee7546985ade2db83fb15261f29cce5f96f757857d04f8a562f4359ab1e4032fd927e1b56f685bc960019379aa52599e0ddc169f2f00678d052ddb213a75e1d1039fc478bc0fde9c06bc4624b22b3f0fb4636Dae365e2f5266b7b3626274ed1d4349e2f035bccC2758e1364ff55d2d4148684df5ecebde8004fd5Ae2420fbcd81bc80c4617827321a926c95ae5de6C0b3a865600781bcd8210e546eb18176b265989b9cd5b7bd53c6531ee4d4c2e55bcd89cdd104efe7B94792610a58477c90bdd830272c14b1ac828b1d5362397aab70b45714ee65f215875f251dc552b97212bf9f4d33238ae8a1295c5d0a6b6c3705d8579d17cadc6b8e2e411db39c03ed96e61d2d8060563502f821f66070bc556739fc84d8311ce244667e9d2c8fde6a884c71b3e60d462738d73dcd666035

まだ4歳か5歳のころ、Martin自身も車内でひとりぼっちを経験したことがあるんだそう。

「たぶん時間にしたらほんの15分くらいなものだったんだと思う。おそらく両親が向かった先はスーパーマーケットとかだろう。だけど、そういった詳細なんてどうでもよくって、小さなぼくはもしかしたら、もうこのまま誰も戻らないんじゃないかって、永久にひとりぼっちかもしれないと怖くてたまらなかったんだ。

ちょうどその頃、テレビで見た動物虐待のドキュメンタリーが今でも心の中から消えていかなくて。それはボストンバッグに押し込まれた犬が足蹴にされているシーンだった。もうすっごくショックで、それなのに犬はひと言も悲鳴をあげたりしなかったんだよね。

このふたつの幼少期の経験がぼくの中でとても大きなもので、孤独であること、誰にも聞いてもらえないこと、これらの恐怖感を写真のなかで伝えたかったんだ」。

あえて暗くトーンを落とすことで、車内の犬たちの表情を際立たせるようにしているそうです。あるものは吠え、あるものはまゆをひそめ、またあるものはただじっと主人の方へと視線を送る。薄暗い車のなかで。Martinが言うように私たち人間もまた、こうしたいちばん暗い部分にこそ、本当の意味での人間性が潜んでいるのかもしれませんよね。

Licensed material used with permission by Martin Usborne Studio
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
3匹の犬と1匹のブタ。オーストラリアのフォトグラファーであるアリッサさんと旦那のニックさんは、なんとも不思議な組み合わせのペットたちと一緒に暮らしています...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
バージニア州の高校で、生徒一人ひとりの顔写真が並んだ卒業アルバムに、ちょっと見慣れない「犬の写真」。このワンちゃんの名前は、Alpha。重い糖尿病を抱える...
瞳を持たずに生まれたにも関わらず、とても明るい性格でニコニコ幸せそうに毎日を過ごすゴールデンレトリバー「スマイリー」の写真に世界中がメロメロ!現在は心の病...
「……まったく、ホント勘弁してほしいよ。撮影だっていうから行ってみたら、いきなり扇風機の風を直撃だもんね。そりゃ、なびくに決まってるでしょ(笑)、こんなに...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
米アラバマ州で開催されたエルクモント・ハーフマラソン。そのスタート直後、どこからともなく一匹の犬がランナーの隊列に並走し始めました。団子状態の先行集団が坂...
愛犬家だったら「犬を飼うのは至上の喜び!」と感じるもの。人類の最大の友、なんて言う人もいるくらい、良好な関係が築ける存在です。なんだか会話が成立しているよ...
もしも、目の前に首輪をつけた犬が一匹で歩いていたら…?普通は迷い犬だと思ってしまいますよね。しかし、米・ケンタッキー州に住むゴールデンレトリバー「デュー」...
人類最高の友、犬。いつでもそばにいてくれる人懐っこさとどこか憎めないキャラクターが魅力的。そんな犬の魅力を、ちょっとゆるめのイラストでまとめるロシア在住の...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
愛犬マイマイ(ゴールデン・レトリバー)との生活をスケッチした、台湾人イラストレーターのジョンさん。犬好きな人はもちろんですが、一度でもワン子と暮らしたこと...
私がまずこれを見て思い出したのは、もともと「犬はケモノだった」ということ。フォトグラファーSeth Casteelさんが撮影した写真は、「野生」の部分をし...
この心温まる光景は、カナダに住むエリザベス・スペンスさんの息子、アーチーくんとイングリッシュポインターのノラちゃん。毎日一緒にお昼寝をしている姿をインスタ...
みんなが祝福し、喜びを分かち合うのがクリスマス。そんなお祝いの日に、ひとりぼっちで食事なんて寂しいに決まってる。そこで…ロンドン南西部の町シドカップにある...
Facebookに投稿された2匹の犬の写真は、米テキサス州ダラスの道路上で撮影されたもの。息絶えた茶色い犬の側で、ただじっとたたずむ白いグレート・ピレニー...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...