風呂飲みの真打ち登場。スパ天国から「シャワービール」がやってくる

温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシャレだし優雅な気持ちにさせてくれる。といって泡ばかり毎晩のようにポンポン開けてもいられない。こうなると結局は、落ち着くところビールがちょうどいいのは、言わずもがな。

さてこの“風呂飲み”の発想、バスタブに首までつかれる日本人なればこそと思っていたら大間違い。こちらもスパ天国のスウェーデンから、お風呂に最適なビールが登場。これがバカ売れしているというウワサ。

熱いシャワーと
キンキンに冷えたビールを
同時に楽しむ悦楽

5083d41ce5e8b0dc44fb7daeeec84ebbf96e6846

どうせ企画もの、あるいはシャンプーが入っているんでしょ、なんてたかをくくっていたら、なんとこれ本物のビールが詰められているんだそう。

ストックホルムのクリエイティブエージェンシーと地元のマイクロブリュワリーPangpang Breweryが共同で開発したのは、シャワータイムに最適なビール、 名前もストレートに「Shower Beer」ときた。

シトラスの香りが華やかな希少品種の「シトラホップ」をふんだんに使ったエールビール、というところまでは普通のビールと変わらない。が、こちらはアルコール度数10%で、一般的なビールと比較しても約2倍の度数がある。その分こちらは、6オンス(177ml)入りと、あえて少なめの飲みきりサイズにしてあるようだ。

Caf6e144588dbcd00df74036f86d68428e37941c

さてさて、肝心の味はどんなものなのだろう。Pangpang Breweryの担当者に質問してみたところ、こんなメッセージが返ってきた。いわく、「It's Fruity and Cloudy , with a soapy finish(フルーティーで白濁していて、最後は石けんのような香りも!?)」と、ちょっとどうこれを解釈すれば最適なのか、正直悩んでしまう。 

なんでもシトラホップの中にはコンディショナーにもなれる油分があるそうで、醸造過程で不要になったホップから実際に石鹸もつくることも可能だとか。つまりは、たんに気分だけのシャワービールではないってことを強調しているのかも。

すでに初出荷したビールはすべて完売、ただいま在庫切れで鋭意製造中とのこと。ただし、残念ながら現在のところ日本への出荷は未定。目下、販売パートナーを探しているということなので、ひょっとすると近いうち、シャワータイムやお風呂で一杯が実現するかもしれませんよ。ただし、くれぐれも手を滑らせないようにね。

Licensed material used with permission by PangPang Brewery
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...
スコットランドのマイクロブルワリーBrew Dog(ブリュードッグ)といえば、「IPA」でもおなじみのビールメーカー。同社がオハイオ州コロンバスに、世界初...
男性の人たちに、こっそりとご紹介したい記事があります。それは、ビールを飲むことで夜の営みが何倍も楽しくなるというもの。ライターのChristine Sch...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
食事の作法には育ちが表れる。とは、よく聞く話。ところが、「LittleThings.com」ライターPhil Mutz氏によれば、シャワーでの癖や仕草こそ...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
いまどき「ビールに浸かれる風呂」なんて珍しくない。けど、アウトドアで、10人同時に入れてしまう豪快なスパなんて滅多にないはず。しかも、向こう側に見えるのは...