付き合う相手は「知的」じゃないとダメ。サピオセクシャルってなに?

ルックス、経済力、包容力…。付き合う男性に求めるものは人それぞれですが、そのなかでも知性を求めている女性はなかなか多いのでは?でもこれにはちゃんと理由があって、なんと男性の知性に触れると、女性は性的刺激を受けるのだとか。

Elite Daily」のライター、Gigi Engleさんが語る「知的な男性がセクシーな理由」には、多くの女性が納得できるかもしれませんよ。

「私にとっては、議論が前戯なの」

サピオセクシャルっていう言葉、聞いたことある?

これは、相手の知性に性的刺激を感じる人のこと。つまり「知的=セクシー」が証明されたとも言えるかもしれない。

トランスパーソナル心理学のDiana Rabb博士はこう言ったわ。

「脳は、カラダのなかでも最大の性器です。サピオセクシャルだという認識がある人は、相手の思考に触れることで性的刺激を受けると言われています。彼らは、前戯で哲学や政治、そして心理について議論をすることでも、性的興奮を覚えるでしょう」

ウィットに富んだスマートな会話を好む私は、間違いなくサピオセクシャルだと思う。博士が言うように、彼女たちのSEXは議論からはじまるの。

普通の前戯は愛撫からかもしれないけど、サピオセクシャルの人たちにとってこれはあまり効き目なし。もしも彼女たちを興奮させたいのであれば、政治とか好きな作家の話をしてみては?

それだけで私たちは興奮しちゃうんだから。

01.
IQが高い人のほうが
精子も健康的!?

143756927eb75d345b296af37375c15ba569b688

The Telegraph」で紹介されたメキシコ大学の研究によれば、400人くらいの男性を集めて健康な精子と知能の関連性を調べたところ、IQが高い人のほうが健康な精子っていう結果だったそうなの。

ってことは、私たちはDNAレベルで「知的な男性」に惹かれているのかもしれない。だって、子どもを作るなら当然、健康な精子のほうがいいでしょう?きっと、知的な彼なら心配ないと思うの。

02.
知性的な彼となら
夜も楽しみ

もっと深く知性と性欲の関係が知りたいなら「Medical Daily」の記事を読んでみてほしい。

「Lovehoney」っていうアダルトグッズメーカーの調べによると、エリート大学に通う学生ほどグッズを買う割合が高いんだって。ということは、頭がいい人ほど性欲が旺盛ってことじゃない?

03.
もちろん、親も安心

8fe5ffa82af9eda43dfee074a7430f11e53ec1b0

「相手の家に誘われたとき、本棚に本が並んでないヤツとは寝ないこと」
ーーJohn Waters

この名言、最近よく見かけるわね。

上の世代から批判されがちなジェネレーションY世代(1980年〜1994年に生まれ)は、創造性豊かな人たちで溢れかえってるの。だから書くのも、読むのも、考えるのも、創り出すのも大好き。セルフィーやInstagramを始めたのもこの世代よ。

だけど、私たちの世代だってソクラテスやスタインベックについて語れるし、無知はセクシーじゃないってことくらい理解しているつもり。だからこそ知的な彼と付き合って、親を安心させたいって気持ちもあるの。

04.
どんな話題でも
深く語り合える

そもそも知的な人に惹かれるのって、「知性には価値がある」と思っているから。

だって、脳は使いよう。言葉や考え方で相手を好きにさせるんだから、それってとてもすごいことだと思うの。知的な男性フェチの私たちって、通勤電車で本を読み漁ったり、気になることはインターネットで調べたり、意外と自分にも厳しいの。ゴシップよりもちゃんとした知識を得たいって思うくらいだから、かなり貪欲。

おかしいかもしれないけど、一番最初にチェックするのは「相手の考え方や知性」。気持ちはあとからついてくるもの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「サピオセクシャル」とは、性的な魅力よりも知的興奮に惹かれてしまう人々を指す表現として、近年使われ始めた言葉です。「I Heart Intelligenc...
「Elite Daily」の女性ライターCandice Jaliliさんは、ちゃんとした彼氏がいたことがありません。彼女はこう語ります。「たぶん、自分には...
女性が男性に色気を感じる瞬間は、必ずしも“夜の営み”の最中というわけではない。そんな記事を書いているのは、「Elite Daily」のライターAlexa ...
言わずもがな、結婚は大きな決断。でも、彼のどこに判断基準を設ければいいんでしょう?ここで紹介するのは「Lifehack」ライターHenock Tesfaw...
素敵な恋愛がしたい!とは多くの女性が願うことですが、実際それを叶えるのは難しい……。ここでは「Thought Catalog」に掲載された、付き合うべきで...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
「早く結婚したい」と思っているけど、なかなか良い男性に振り向いてもらえない…という女性のみなさん。男性陣の赤裸々な告白が良いヒントになるかもしれません。「...
恋愛の伝道師とも言われる女性ライター、Dina Z Coladaからすると「ダメ男と付き合うなんて人生のムダ。すっぱり縁を切りましょう」っていうのが幸せに...
読書男子がモテる?知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけ...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でしておくべき、というのがこの記事の主張。語って...
恋愛においてよく、まったく違う価値観を持つ相手の方が上手くいくことがある。なぜなら、知性の違いは大きな魅力のひとつだから。とは、ライターBrenda De...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
あなたの理想のタイプは、どんな女性ですか?芯の強い女性、かわいらしい女性、やさしい女性…きっと好みはさまざまでしょう。でも今回は女性の特徴ではなく「家族構...
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
「Elite Daly」で、恋愛相談コーナー(エロ多め)を持つ、女性ライターGigi Engle氏。このたび、「ヒゲ男子」の魅力を、彼女らしい“性の視点”...
期待に応えてくれないパートナーに、イライラしていませんか?もしかしたらそれは、恋愛に対する「期待」が大きすぎるせいかもしれません。そう気づかせてくれるのは...
学校に通っていたときは成績で知性の背比べをしていましたが、名誉ある心理学者Howard Garnerさんの言葉を借りると、「結局のところ、標準テストは一種...
女子ってホントにメガネ男子が好きですよね。職場でもカフェでも、そして電車の中でも、メガネをかけた人がいるとつい目で追ってしまうのが女の性というもの…とは言...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
「運命の相手」なんて本当にいるものなのでしょうか。映画やドラマに登場するような人が現実にもきっと存在するんじゃないか…誰もが一度は想像したことがあるでしょ...