なぜ「運命の人」とはすれ違いで終わってしまうものなのか?

"最高の相手"と出会えたとしても、それが"最高なタイミング"じゃなかったら…。その恋愛は発展するのでしょうか?「Elite Daily」の恋愛アドバイザーPaul Hudsonさんは、このふたつが揃っていることがどれだけ貴重であるかを、自身の経験をもとに語ってくれています。

まだ出会えていない人も、大切な人との別れを経験した人も、「運命の相手」はひとりじゃない、ということを覚えておいてください。

出会うタイミングだけは
自分で選べない

Fdacce19077c75399299cfb02a0d0d6ca319e0f9

18歳のとき、僕はある女の子に出会ったんだ。

人生で見たことのない景色を見せてくれた彼女に、僕は初めて深く恋に落ちた。嬉しさも悲しさも、ここまで激しく感じられるだなんて、彼女に出会うまでは知らなかったんだ。

「一生を共にしたい!」と思える人に出会うと、この上ない至福を感じさせてくれる。だけど悲しいことに、その相手と出会う"タイミング"だけは選べないんだ。ときにはそのタイミングひとつで、相手を失うことだってある。人生は切ない。僕はそれを身を持って経験したよ。

「この人だ!」と信じていればうまくいく。なんて思うだろう?ハリウッド映画のハッピーエンドから教わったいえばそれまでかもしれない。そんなに単純なら、どれだけ幸せなことか…。

相手を十分に愛せる
余裕はあるかい?

64407c2a28bbf42d189a6508354657cde0aa6886

もしかしたら、人生はそんなに複雑じゃないのかもしれない。でも人間が状況を複雑にしている。だから理想の相手に出会えたとしても、恋愛できる準備ができていなければ、残念なことにうまくいかないものなんだ。

恋愛は、お互いがベストの状態であってこそうまくいくもの。そうなると、「相手が自分に合っていない」というのは、別れる理由にはならないのかもしれない。本当は、自分が相手を十分に愛せる「心の余裕」がないだけなのでは?

余裕がないと、相手を思いやる気持ちが薄れ、八つ当たりばかりになってしまう。相手にだって心の余裕は必要だ。お互いが平等に努力しないと、恋愛は長く続かないよ。

これは「おとぎ話」
なんかじゃない

A5727bf70a5a54f184109238be3a1ad7db9493af

「運命の相手」に出会えなくて、言い訳をする人に出会ったことはあるだろう?彼らは、「今は仕事に集中したいから」「まだ自由でいたいから」と理由をつけて、恋愛を避けようとする。

中には「今までの恋愛は全部ウソだった」なんて、自分の過去の感情にウソをつく人もいるかもしれない。

でも本当は、誰かを愛する準備ができていないだけ。充分な愛を相手に表現する準備が整っていないだけなんだ。だから、恋愛に踏み込まないというのも、あながち間違っていない。相手のこと以外は考えられないくらい夢中になれて、冷静で思いやりを持てる人じゃないと恋愛は務まらないからね。お互いに見返りを求めずに相手を愛さないといけないんだ。

これはおとぎ話なんかじゃない。僕は、これこそが誰もが思い描くべき「理想の愛のカタチ」だと思ってる。

見返りを
求めてはいけない

66edd5c7611f6a3d669d06024a6a78b32ce95f9d

見返りを求めずに相手を想うことは、何よりも深く純粋な愛だと言える。もちろん人間だから、自然と見返りを求めてしまうことはあるかもしれない。君だって相手に求められたら、愛しているから応えてあげるだろう。

しかし、相手に求められても応えられないと気づいたらどうする?

その場合、相手がどれだけ理想に近い人だとしても、心の準備が整っていないなら、手放さないといけない。離れて過ごす時間は、深く愛しているほどつらい。相手への愛情の深さは、離れてこそわかるものなんだ。

最高の出会いを
諦めてはいけない

D93fa0cd8a02c68aa6a956d2892a9c6c88583f01

18歳のときに出会った彼女とは、もう何年も話していない。でも、どれだけ月日が流れても、きっとどこかで彼女のことを愛し続けていると思う。二度と戻れないとわかりきっている子のことを想うのは、つらさしかない。それでも仕方ないと思うしかないんだ。だって、それが「人生」だから。

最高のタイミングで最高の相手に出会える人も、この世にはいるだろう。なかには僕と似たような経験をした人もいる。

そんな彼らに、これだけは覚えていてほしい。とにかく前を向いて、諦めてはいけない。"最高の相手"とうまくいかなくても、また別の「最高の相手」と恋に落ちることはできる。それは僕もそうだし、キミもそう。「最高のタイミング」で現れてくれる「最高の相手」と出会えるときがきっとくる。だから、たくさんの人がたくさんの恋愛をしてきたんだ。今後もそれは変わることはないだろう。

生きたいと思うなら、愛を諦めてはいけない。だって愛こそが、人生を満たしてくれる最高の経験だから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
恋愛映画やラブコメで必ずといってもいいほど登場する「運命の人」。現実にそんな人いるの?と疑うあなたに、今の相手が運命の人かもしれない「11のサイン」をお教...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
素敵な誰かに出会い、些細なことでフィーリングが合う。そんな時、相手を「運命の人だ!」と考えたことはありませんか?でも、「Elite Daily」の人気ライ...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
「運命の相手」は、どうしたらわかるだろうか?人生で体験することの多くは、幻のように実態がない。そのくせ不安や情熱といった自分の気持ちだけは本物で、頭の中で...
最高の人生を手に入れるために必要なのは、運命の人との出会い?ネガティブな気持ちを振り払い、ポジティブに物事を見せてくれる相手と一緒にいると、この上ない至福...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
いま、あなたは彼に夢中。それでも、「本当に運命の人なのかな?」と少しだけ疑問に思ったりはしませんか?5年後、10年後、さらには生涯を通して付き合える──。...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
人生を変える、運命の選択。おそらく多くの方がこれまで、何度かそういった経験をしていることでしょう。そして、その結果はやはり誰にも分からないものです。だけど...
運命の相手って本当にいるのでしょうか?どういう時に、運命を感じるのでしょうか?「Elite Daily」で男性ライターが「今の相手が運命の相手か見極めるチ...
運命の相手なんているわけない。そんな風に恋愛に臆病になってるあなたも、もしかしたらすでにソウルメイトに出会っているのかもしれません。海外メディア「High...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...