キャンプカウンセラーになって学ぶことができた「7つのこと」

「キャンプカウンセラー」っていう言葉を聞いたことがありますか?これは、子どもたちと一緒に教育目的のキャンプを行う活動のことで、学生のボランティアのひとつとしても密かに人気になってきています。

そんなキャンプカウンセラーの活動で学べることは、社会に出てからも役に立つことがたくさんあります。「Elite Daily」の女性ライターElise Williamsさんは、自身のキャンプカウンセラー経験から学んだことをまとめています。

01.
どんな危機にも
柔軟に対応できるようになる

700a21570f9be7166fc24af98451cfd2ce8736a5

キャンプの最中には、あらゆることが起きるわ。パニック発作から、深刻な脱水症状、中には急に不安になって泣き出す子もいる。キャンプカウンセラーは、こういった予想外の事態にも対応できなくてはならないし、その対処法を学ぶことができる。

でも、これらすべてを自分ひとりの力だけで対応しなければいけないわけじゃない。ここで必要なもうひとつのスキルは、いつ助けを求めるべきなのかを判断し、恥ずかしがらず人を頼れるようになること。

02.
目上の人に
自分の考えを伝える

キャンプカウンセラーなら当然、キャンプについては一定レベルの知識と自分の考えを持っているものだけど、時には目上の人から納得できないような方法を実践するように求められることもある。

そういうとき、自分はどう思うか、そしてなぜそう思うのかをきちんと伝えること。きっと、多くの人は耳を傾けてくれるでしょう。大切なのは、きちんと敬意を持って接すること。これは、どんな仕事でも役に立つ能力になるはず。

03.
自分の責任を
最後まで全うする

36fddb0d94c4159369c1372fbeed4280e730388a

キャンプ中に何をするか、どこに向かっていくのかは、キャンプカウンセラーが決めることでもあるの。でもだからといって、なんでも自分の思い通りにしようとしたら、全然楽しくないキャンプになってしまう。

力や権利には、責任が伴うもの。自分の力をうまく使って、チームを成功に導くリーダーシップが学べるはず。

怒鳴ったって何も解決しないのは、キャンプも仕事も一緒だから。

04.
新しいことを
学ぶ態度を身につける

「どうしましたか?何かできることはありますか?」。キャンプカウンセラーは、そんな台詞を言うことが多いもの。何に対しても躊躇せず、進んで向かっていく気持ちが求められるわ。

つねに新しいことを学んだり、別の仕事を引き受けたりする姿勢があるから、仕事でもどんどん成長できるようになるの。「自分の仕事じゃないから」と、困っている同僚を助けずにいるより、とにかく手を差し伸べて自分も成長できたほうがいいでしょう?

05.
他人への
思いやりの気持ち

025877454d5d52f38857a497217af2c633958f88

キャンプへ行くと、望むと望まざるとに関わらず、いろいろと新しい人にも出会うことになる。親しい人だけではなく、見知らぬ人であっても、一人ひとりにきちんと気配りをしなくては、いいキャンプカウンセラーとは言えないでしょう。

でもそれは、アウトドア以外の場所でも同じこと。人への気遣いを忘れなければ、その気持ちは必ず伝わるはず。

06.
素早く信頼関係を
つくる方法

カウンセラーというのは、人の語る言葉に耳を傾け、信頼関係を築くことが大切なもの。そしてこれは、キャンプカウンセラーにとっても同じ。心を開いてもらえなければ、楽しい経験をしてもらうことは難しくなるでしょう。

キャンプを通してそういった経験を積むことで「人に心を開くとき、どうしたらいいのか」が、わかるようになるの。信頼関係を素早く築くことができれば、たとえ見知らぬ土地は初めての仕事であっても、スムーズに進めることができるものね。

07.
どんな状況でも
ポジティブでいること

5b4b00b8d4ff716a2d5204ac372c7753112a53c8

自然は、人間の思い通りになんかならない。キャンプをしていると、そんなことを実感させられる出来事ばかりが起きます。だけど、どんな状況でもキャンプカウンセラーが落ち込んでいたら、みんなの楽しい気持ちはどこかに行ってしまうもの。理想からはほど遠い状況に追い込まれたときだって、どこかにいいところを見つけて、ポジティブになる力を養いましょう。

キャンプでなくとも、現実は厳しいことの連続。それでもめげずに前に進む力は、きっとあなたを素晴らしいゴールへと連れて行ってくれるでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
毎日決まった仕事をこなしていると、慣れてしまうせいか、当初のワクワクを忘れてしまいがちです。やりがいを感じないまま仕事をしていると、「果たしてこのまま続け...
「色々な国を旅したいけどお金がない…」とお悩みの方。それならば、世界を舞台に活躍できる仕事を見つけてみてはいかがでしょうか?HIGHER PERSPECT...
ライフスタイルの多様化にともない、ひと昔前の大企業至上主義的な考え方が、すでにフィットしなくなったことは、肌感覚として持っていますよね。かといって、フリー...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
キャンプは大自然の中に自分の存在そのものを溶かし込むことができる特別なアクティビティ。自然の中で呼吸することで、心も身体もそこにある新鮮な空気と一体化する...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
同僚や上司、取引先など、周りにいると迷惑な「仕事ができない人」。よく注目してみてみると、仕事ができない人には精神面や考え方、行動などに共通の特徴があること...