読むと心がチクリと痛む恋愛論。「自分に都合のいい現実を生きていませんか?」

今一度、自分の恋愛を見直したくなってしまう記事を書いているのは、「Elite Daily」の人気恋愛アドバイザーPaul Hudsonさん。

もしかしたら、あなたは今のパートナーに惹かれているのではなく、相手が「いる」という事実に満足しているだけではないでしょうか?

こういった彼の辛辣な指摘は、的確すぎて心が痛みますが、しっかり自分の気持ちと向き合うためには、知っておいたほうがいいのかもしれません。さっそく、彼の主張を見ていきましょう。

本当は誰かを
そばに置いておきたいだけ

B60a82da2eb53afae69df02f8765cd893fbea3fd

私たちは「愛されたい」という、強い欲望を持っています。「独りでいられない」というわけではありませんが、その「独りの時間」が楽しめるのは、一緒に出かけたり、どうでもいい話をしたり、笑い合ったりする相手がいてこそ成立するもの。

たくさん友だちがいれば、少なからず「寂しい気持ち」は緩和されるのかもしれません。でも、恋人がいないことで「独りの時間」が大幅に増えてしまうと、孤独な感情はさらに強いものになります。徐々にツラくなり、冷静な判断ができなくなってしまうのです。

この状態に陥ると、「どんな関係でも、いいから誰かと一緒にいたい」と思うようになります。そして、寂しさを埋めるためにパートナーを選ぶようになるので、相手の本質にあまり目を向けなくなるのです。

人は変化を拒むもの

1eb2dc03910fc17f2d5be6548a3364b6f5d9129a

人によっては受け入れ難いことかもしれませんが、人間は必ず変化をしていくものです。

とは言っても、突然ガラリと変わるわけではなく、出会う人や環境によって、少しずつ人生観や人への接し方が変わっていくのです。

いい方向に進んでいけばいいのですが、悲しいことに、必ずしもそうとは限りません。自分のせいなのか、それとも環境のせいなのか…と、そんなことをいつまでも考えるのは時間の無駄でしょう。だって、悪くなってしまったものはもう仕方のないことですから。

それでも「もともとあった幸せ」を手放さないように、人はこの「変化」から目を背けようとするのです。

知らないうちに
「自分に都合のいい現実」を
生きている

69443bc483284159c2d08c7d78ffff0692b1b993

付き合ってから3ヶ月くらいは、まだ初々しさのあるラブラブ期間。でも、カップルによっては数週間で魔法が解けてしまったり、逆に数年経っても変わらなら関係でいられたりします。いずれにしても、この魔法が解けた瞬間、関係が崩れていくのはどのカップルにも共通すること。なぜ、このようなことになるのでしょうか?

じつはこの期間は、本当の自分を相手にさらけ出せるまでにかかる時間。そして、本当の自分を出すと相手の心が離れていくのは、相手が期待している「理想」と「本当の自分」がかけ離れているからです。

多くの人は相手に「理想」を抱き、いつの間にかそれが相手の本当の姿だと思い込んでしまいます。ただ、この「架空の現実」を何年も真実だと思い込み続けるカップルも、少なくありません。

最終的には、相手を100%理解することなんて不可能なのです。だからこそ私たちは、自分にとって都合のいい現実を作り上げてしまうのでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
期待に応えてくれないパートナーに、イライラしていませんか?もしかしたらそれは、恋愛に対する「期待」が大きすぎるせいかもしれません。そう気づかせてくれるのは...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
大人になってから「結婚」について考えると、相手に求めることはどんどん増えていきます。婚活のチェックリストなんて作ろうものなら、その項目は膨大に…。さらに、...
誰かを好きになって夢中になる毎日はとても幸せだけど、現実に心が折れることもたくさんあります。誰かを愛すること、そして誰かと共に人生を歩んでいくことは、本当...
子どもの頃や学生時代はあれだけ盛大にお祝いしてもらっていた「お誕生日」。でも大人になるにつれて、お祝いしてもらえる機会って少なくなってきますよね。ここで紹...
私は様々な恋愛をしてきた。ちょっと他ではないようなハードな体験も。そんな中で、「恋愛とは一体なにか?」を考えてきた。ここからは、私の特異な恋愛経験をもとに...
テクノロジーの発達は人々の生活を便利にし、またコミュ二ケーションの方法も変えてきました。その影響は恋愛にも及んで、昔と比べると恋人同士の連絡回数も連絡手段...
「愛は最高の奉仕だ。みじんも自分の満足を思ってはいけない」太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶ...
誰かを好きになって、その人と共に生きていくことは、幸せながらもとても難しいものです。恋愛はいくつになってもわからないことばかりだからこそ、いつも新しい発見...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
今のパートナーや、今後お付き合いをしたいと思っている相手は、あなたを成長させてくれそうな人ですか?その人とパートナーになることで、あなたがもしも怠け者にな...
恋人がいるのに「最近あんまり会えなくて…」「まだ落ち着くつもりはないかな」なんて言ってる人、たまにいますよね。そんなこと陰で言われていたら、相手はかなりシ...
「これでいい」。そう自分に言い聞かせながらやっている事でも、本当は「何かが違う」と感じていて、でもその「声」に従って今の生活に変化を起こすほどの勇気はなく...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
一緒にいるのが楽しくて付き合い始めた、ふたり。なのに、だんだん相手のことを嫌いになっていくのはなぜだろう?もしかしたら、あなたは勘違いしているのかもしれま...
恋愛を上手に楽しんでいる人たちを見る度、もっと恋人との関係を最高のものにしたい!なんて悔しく思ったりしませんか?たとえば愛情表現ひとつとっても、足りなくて...
多くの人は、知らないうちに恋愛について勘違いをしています。たとえば相手を変えようとしたり、恋愛に救いを求めたり…。じつはこれ、恋愛で「してはいけない」2つ...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...