農業をもっと身近に。オーストラリア発の「畑をもたない農業」とは?

農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。

でも、そういったイメージを覆して「農業をカッコよくしよう」という流れができつつあるのは、日本に限ったことではありません。オーストラリアの農業男子たちも、今までとはまったく違う、おしゃれでかっこいい農業を提案しているんです。

農業をもっと
簡単に、おしゃれに。

F9094f979dfd5986168a921e9b036ef5528c4608

マット・ペンバーさんをはじめとした、農業男子たちが集う「ザ・リトル・ベジー・パッチ」は、野菜などの栽培を支援する事業を行っているオーストラリアの会社。

技量や場所の広さに関係なく、誰でもできるような農業を目指したい。都会のアパート、広大な土地、どこに住んでいても、みんなに農業を楽しんでほしい、というのが彼らの理念。

「農業」と聞くと、広い畑で野菜を育てなければいけない、なんて思いがちですが、決してそんなことはないと言います。

D4bb84ed4cdfd2cb9be985dae52098ab576cbf29

小さなコンテナで野菜を育てられるキットや、簡易的な農機具の販売が彼らの主なビジネス。

また、『狭いスペースで農業をする方法』や『1分で園芸家になる』といった本も出版。どのグッズもシンプルかつ素朴なデザインで、彼らのグッズで農業を始めれば、それまで農業経験がなくても、おしゃれな趣味に早変わりしちゃいそうです。

2ea6a848ee69fd7ba331dd4c8e29e35e1ed2739e3ab88054826ec95aa921dbe82a8be8398c107492

農業を始めたきっかけは?

ペンバーさんは、幼い頃、祖父母の庭にあった野菜畑へ頻繁に足を運んでいて、なんでも、そこがペンバーさんにとってはお気に入りの場所だったそうです。やがて彼は、大学で会計学と金融学を学んだあと、数年間旅に出ることを決意。そして旅を終えるとオーストラリアには戻らず、しばらくスペインで園芸関係の仕事をしながら生計を立てていました。

「スペインで仕事をしているとき、あるお客さんからヒントを得ました。『野菜や食べ物を育てたいという人がいる。でもどうやって始めたらいいか分からない』と言うのです」

そして2007年になり、スローフード・ブームへ。それを受けてペンバーさんは、今こそ農業ビジネスを始めるチャンスだと考えたそうです。そして、母国オーストラリアへ帰り、現在のビジネスをスタート。

77f9af39dbdb8dcfa9c3c3beeed43fbc5e60f7d6

ペンバーさんに
影響を与えた日本人がいる

彼がこの事業を始めた理由のひとつに、山下農園の山下朝史さんという日本人の存在があったと言います。山下さんは、パリ近郊の小さな農場で日本の品種の野菜を育て、パリ市内のレストランにその野菜を販売していました。

ペンバーさんは、ニッチなニーズを満たす山下さんの姿を見て、小規模ながらも質の高いものを提供するビジネスにチャンスがあると確信したそうです。

現代に合った
農業のスタイルを

35ebd2845cbda5a2e633f6ce976ed3cb372611bf

彼らは「ポップアップ・パッチ」という、都会のなかで野菜を育てるイベントも開催していました。そこは、野菜を育てるだけではなく、人と人とをつなげる場でもありましたが、残念ながら地主との関係で一旦やめることに。

しかし現在は再開に向けて、環境に優しく、長期的にできることを条件に、新たな場所を探しているといいます。

22b50c8fd49e26a8139e3f3a70e13e32e4a03684

オーストラリアの男たちが勧める、畑を持っていない人に向けた新しい農業の形。こういった動きは、世界的に見ても今後増えてきそうですね。

Licensed material used with permission by Little Veggie Patch Co
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
北海道厚真町で、農家の跡取りとして原木しいたけを栽培する堀田昌意さんにインタビュー。PR方法を工夫したり、販売ルートを変更して販売量を確保するなど、経営に...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
埼玉県・小川町は、おいしさとやさしさが溢れる町だ。オーガニックでおいしい食べ物は、僕たちの心を体を満たしてくれるし、地球にとってやさしい、ということも大切...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?オーストラリアでは、...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
「新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...