廃棄される「コーヒーかす」でつくった、サスティナブルなカップはいかが?

これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。

何より素敵なのは、カップとソーサー自体からほのかにコーヒーの香りがすること。これ、じつはドリップ後の「コーヒーかす」を固めて作られているんです。

落としても割れないし
食洗器で洗える

Medium 920bef137d245ffb1110402a4e595ae0b4b19950

気になるその製法はというと、「コーヒーかす」を乾燥させ、木材の粉末と接着剤を混ぜ、高圧で射出成型しているのだそうです。

使われている接着剤は天然由来のもので、コーヒーやお湯で溶け出す心配はなく、安全。また、陶器と比べると軽量で、落としても割れないという特色があります。しかも、食洗器だってOK。

Medium 870ebcf6dc66a91c439b5fbb9f6c7960c47cd599

地元のレストランから
原料を回収

今や、コーヒーは世界中で愛されている嗜好品のひとつ。でもそれは、同時にドリップしたあとの「コーヒーかす」も大量に出ているということでもあります。

製作者でもプロダクトデザイナー、ジュリアン・レヒナーさんによれば、彼はもともと「環境に配慮したブランドを立ち上げたい」と思っていて、毎日カフェでコーヒーを飲んでいるときに、このサステイナブルなアイデアが思いついたと言います。

現在、カップの原料は、彼の地元のレストランやカフェから毎日大量に出る「コーヒーかす」を回収して、使用しているそう。

Medium 9dc5ebdabd8f0e66c032eb050b93b0778e77074b

このカップとソーサーは、レヒナーさん自身のブランド「Kaffeeform」にてオンラインで販売中。

すでに、地元ベルリンだけではなく、イギリス、フランス、オランダ、ノルウェーなど、各国のカフェや店舗などでも使用されているそうです。

「良いデザインは、シンプルで、環境に優しく、人の心を動かすものでなければなりません」

これは、レヒナーさんの信条。ちなみに、今後はカップだけでなく、「コーヒーかす」を利用した、ほかの製品についてもいろいろと模索していくとのことです。

Licensed material used with permission by Kaffeeform
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
1日の始まりにコーヒーが欠かせない人も、仕事のブレイクタイムにコーヒースタンドで淹れたての香りを楽しむ人も。その1杯をより味わい深いものにするヒントは、豆...
コーヒーを飲んでいると、知らず知らずのうちにカップの底に付着する「茶色の染み」。もしアレがポストカードに付いてしまったら、普通は出すのをやめて捨ててしまい...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
ここで紹介するのは「YourTango」のライターBrooke Larkさんがオススメするコーヒーの作り方。それもただのコーヒーではなく、飲むだけで精力が...
まさか、コーヒーが蚊取り線香の代わりをするなんて!健康的でシンプルなライフスタイルを提案する「Simple Organic Life」で紹介されたとっても...
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...
もともと、香りには興味があったんです。過去には、私がやっている「MINOTAUR」というアパレルブランドで、動くとアロマカプセルが弾ける“香る洋服”をリリ...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...