雪も氷もないアラスカでうなだれる「シロクマ」が意味すること

写真家のPatty Waymireさんは、真っ白な雪景色に佇む、真っ白なシロクマを撮影しようと、極寒のアラスカ・バーター島へと足を運びました。しかし現地にたどり着いてみると、なんと雪も氷もまったくないという状況。

予想とはまったく異なる光景に衝撃を受けた彼女は、そのありのままの風景にカメラを向けました。剥き出しになった土、暗い海、鬱ぎ込むように座るシロクマ。それは地球温暖化のもたらした、暗澹たる景色でした。

この写真は、instagramで公開されるや、瞬く間に話題になりました。Waymireさんは、一体この景色を目にして、どのように感じたのでしょうか。

記録的な暖冬

「自然の環境で暮らすシロクマが撮りたいと思いアラスカに行ったんですが、眼の前に広がっていたのは、まったく雪のない、海氷の形成さえはじまっていない、驚くべき光景でした。バーター島の近くにあるKaktovicの街で現地の人に話を聞いたところ、今年は記録的な暖冬だと教えてくれました」

海氷がないと
アザラシの狩りができない

「この写真は、気候の変化が地球にもたらす影響を映し出しています。ボーフォート海に面したバーター島の岸に座り、シロクマは悲しそうな表情を浮かべています。ここは本来、雪と氷に覆われているはずの場所なのです」

「冬季のシロクマの主な食料は、アザラシです。シロクマの狩りは、海氷の上で待ち伏せし、穴から息継ぎのために顔を出したアザラシを狙うというものです。つまり、海氷がなければ生き延びるのは困難になるでしょう」

「ボーフォート海には、石油資源が眠っています。しかし、気候の変化ですでにこんなに傷ついているのに、さらに環境を破壊し、自然の動物たちを危険にさらす必要はないと私は思うのです。

オバマ前大統領が、今後5年間採掘を中止すると発表したとき、私は賞賛を惜しみませんでした。私は一児の母でもあります。娘のために、どんな未来を残してあげることができるか、といつも考えています。トランプ大統領にも、ぜひこの問題に真摯に向き合って欲しいと願っています」

あなたは、この写真と彼女のメッセージから、何を感じますか?

Licensed material used with permission by Patty Waymire
北極圏・ノルウェー北部にあるスヴァールバル諸島では、大きなシロクマの姿を見かけるのは珍しいことではない。が、フォトグラファーの「Kerstin Lange...
どれだけの重機と人出が必要だったのか、またどれほどの建築費がかかったかは不明。ただ、天へと向かって首を伸ばす、まるで絵本の中から出てきたような家があります...
「フリートラベラー」中村洋太が目にした-39℃の世界、アラスカ。厳冬に生きる人々と自然を独自の視点で記事にしました。
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...