世界に広がる「日本食」。でも実際、子どもたちのリアクションは?

世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見えるのでしょうか。

Cut.com」では、KIDS TRYと題して、アメリカの子どもたちに世界のご飯を食べてもらう企画をやっています。そのなかの「日本食」の回をご紹介。子どもたちの反応は…?

まずは朝食
納豆ご飯とお味噌汁

33c69d6468ad6610235da3781726b1130d01a295

「これが日本の朝食なんだよ」と食事を出される子どもたち。

3a2bd088317c1bedc9bc62f2d685aaeb7dd5ea0e

そもそも、お箸で食べるのが大変!なんだか見たことない食べ物に、最初は口にするのも勇気がいる様子。

24b89821240599dad84a94bc959196508de39714

食べたくなくてごまかし始めちゃう!

E6bf6694d097e29d1c59cb87be745d7487a3f4f4

フォークを使うことにして、とりあえず納豆を持ち上げてみるも、顔がこわばっています。

6406d8a2c60e16ba052e43c2f92534b974f17cba

ひと口食べて、この顔!さすがに納豆はお口に合わなかったようです。

8fdb1e4f7d0dc13f2d5b99817673692bfab7e6ec

みんな思わず口から出しちゃうほど、強烈なお味だったようです。

続いて昼食
刺身、梅干し、切り干し大根

6d9e338bea7e89e382ba583578eba81c5c1cae28

続いて「日本の昼食」と言って出されたのがこちら。

337168ac8cd65a82bc6727ad5a3d166beb62055a

生魚に抵抗がある様子の子どもたち。

2f641de5cf88d47cc41df52a7e66fd61705053ae

「その魚は生なんだよ」と言われてこの顔。

C610576ff572982d67083c0c0b0b1551d8cb4533

「このオレンジのつぶつぶ、最初は美味しいかと思ったんだけど、口の中で爆発したの!」とイクラに衝撃を受けた女の子。

4ae95210d8542373be2f47a81544337fbf7c6b97

ワサビも衝撃的だったようで大騒ぎ。

今度はうどんと天ぷらで
晩御飯

B543d9998427513d2cb3761b2a53fcb115c66b40

日本の晩御飯として紹介されたのは、うどんと天ぷら。

30f7ad2757160fee461adde434babf0f6dcfa391

これまでのものに比べたら、海老の天ぷらは受け入れやすいかも?

9a974cdf8fcb84227164b76f60be9b9aba175184

フォークで頑張ってすすります。「日本では音を立てて吸うんだよ」と聞くと、それには抵抗がある様子。

D2966a171e97811b19d229f5938271738c882b93

子どもたちが注目したのはカマボコ!「fishcake」と説明されていましたが、魚をこんなふうに食べるのは初めてのようです。

最後はデザート!
お汁粉をご紹介

2bd66d4c143477e8f20688aae0840c917aada5eb

子どもたちが最後に食べたのは、デザートのお汁粉です。

Dcb5663e43efede0257f2c3d8bfe1f8c2f3b4483

「デザートなのにあったかい!」と早々に指を突っ込んじゃう男の子。

4270cf55063ddd910861b52e0e368c3736b9056e

お餅の感触が面白かったようです。

Dff52b1aacfcff5b988901b5e475391139e73d65

「日本では毎年お餅を喉に詰まらせて、亡くなる人がいるんだよ」なんて聞きながら恐る恐るお餅にかじりつきます。

慣れないメニューに戸惑った様子の子どもたち。一部の大都市や、ヘルシーさを求めて和食を取り入れる人が増えているとも聞きますが、子どもたちの素直なリアクションには「なるほど」と思わざるを得ません。

動画の全編はこちらから。

Licensed material used with permission by Cut.com, You Tube, Facebook, Twitter
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
食べるときは「いただきます」。食べ終わったら「ごちそうさま」。食事は残さず食べること。使ったお皿は、自分で片付けよう。これらは、私たち日本人が食事をする時...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
アイオワ州ダビュークで行われたコミュニティイベント「Back to School Bash Community」に出店した理髪店「Barber Court...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
もしも小さな子どもが、お財布を落とした人を見かけたら?どういう行動をするでしょうか。ここからは、日本赤十字社が制作した「いいことできるかな」という実験動画...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
この「Jubilee Project」の動画は、計4組の子ども・シニアのペアが、Google検索数の多い4人について、どういう人物かを答えるというもの。突...