未練があるのは、ただの勘違いかも。恋人を失う「寂しさ」の正体

別れてしまった過去のパートナーに、今もなお思いを馳せているあなた。ぜひ読んでほしいのは、「Elite Daily」に掲載されているPaul Hudsonさんのこの記事。

昔の恋人に対する寂しい気持ちや会いたい気持ちは「本当の愛」からくるものなのか、確かめてみませんか?忘れらないのは、本当に「相手」が恋しいからなのでしょうか?

01.
「いい思い出」に
書き換えている

B65c2bec8e8e78ec25ef881f77794c86f49fa56b

ずっと一緒にいた人がいなくなると、少なからず寂しく感じます。なぜなら人間は、基本的にひとりでいることを好まない生き物だから。もちろん、たまには自分ひとりの時間がほしくなることもあるでしょう。でも、最終的に「誰かと人生を共有したい」という気持ちが強くなり、パートナー探しを始めるのです。恋人を求めるのはごく自然なことなので、後ろめたさを感じる必要なんてありません。

むしろ、自分を大切にしてくれない相手に時間をかけてしまったことを後ろめたく感じましょう。あなたは本当に大切にされていましたか?ときどき優しくされた部分だけ切り取って、「いい思い出」ばかりだったことにしていませんか?

本来ならあなたは、どんなときでも大切にされているべき存在です。適当な扱いをしてきた相手に「寂しさ」を感じる必要なんてないのです。

02.
寂しいときだけ会いたくなるなら
その愛は幻想

B0a52ba0a05f0436615ed324c59a4f3f347e1aa0

過去のパートナーに「会いたい」と思うときは、楽しいときですか?それとも悲しいときですか?

後者を選んだあなた。それは本当の愛ではありません。孤独で悲しいとき、人間は人肌が恋しくなるもの。私たちはそう感じると、親密に過ごした過去の関係が恋しくなる傾向にあります。「もしかしたらまだ好きなのかも」と思うかもしれませんが、それはあくまでも寂しさから生まれる「勘違い」でしかないということを覚えおきましょう。

ただ、楽しい時間を過ごしているときに、ふと「一緒に過ごせたらな」と相手が恋しくなるのなら、それはまだ「愛」が残っている証拠なのかもしれません。

03.
当時の「自分」が
恋しいだけ

A1f1f7324fa3dc1d5be7855c96b6fc844b06405c

人間は、思っている以上に自己中心的な生き物。そして、大好きだった相手は、自分の主観がつくり上げている「イメージ」でしかないことを理解する必要があるのです。

あなたが過去の恋人に抱いていたイメージは多かれ少なかれ、正確性に欠けています。となると、過去の恋人に「会いたい」と思う気持ちは、一緒にいたときの「自分」と再会したい気持ちと混在しているだけなのかもしれません。

自分の都合の良いように変形していくのが「記憶」というものです。私たちは、そのあまり正確ではない記憶を「心に留めておきたい大事な思い出」だと思い込み、当時はなんとも思っていなかったことに気持ちを後付けして、勝手に「重要度」をあげてしまいます。

誰だって過去を懐かしむことはあるでしょう。でも、相手を失うことで感じる「寂しさ」は、輝かしい過去の自分を失った「寂しさ」なので、それを「恋」と思うのは勘違いかもしれません。

人間は、ひとりの人を一生愛することができる生き物です。そして、大切に想う相手がいなくなってしまったとき、「寂しさ」を感じる生き物でもあります。多くの場合、私たちは自分を大切にしてくれない人間に、必要以上の時間を割いてしまっているのかもしれません。

「本当の愛」と「勘違い」の境目がわかってこそ、明るい「今」を手に入れることができるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
寂しさや孤独を感じるのは、決してハッピーなことではありません。でもだからといって、好きでもない相手でその寂しさを埋めるのは、フェアと呼べるのでしょうか。あ...
失恋の傷は、時間と新しい恋でしか癒せません。それは米メディア「Elite Daily」屈指の恋愛マスター、Paul Hudson氏も認めるところ。でも失恋...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
「TED Talks」で行なったスピーチが200万回以上の再生回数を誇る、“感情”のスペシャリストGuy Winch氏。来年には著書『Emotional ...
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
期待に応えてくれないパートナーに、イライラしていませんか?もしかしたらそれは、恋愛に対する「期待」が大きすぎるせいかもしれません。そう気づかせてくれるのは...
どれだけ周りから「いつまで引きずるの?」と言われても、本当に大切な人はなかなか忘れられないもの。その気持ちは押し殺さず、大事にしまっておけばいいと、私たち...
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
Elizabeth Stoneは、恋愛依存体質の女性に対して、しばらくは独りを楽しんだらどう?とオススメしています。モテてる感じがして気持ちいいかもしれな...
恋人の行動が何だか怪しい!そう感じたら、「気のせいかも」で済ませてはいけません。もしかしたらそれは、あなたへの愛情がなくなっているのかも…。別れを恐れて取...
彼氏と別れた直後って、意外と実感がわかないのは私だけではないはず。少し時間が経ってから、仕事が終わったあとに無意識に連絡しようとしてしまったり、日常の中に...
恋人がいるのに「最近あんまり会えなくて…」「まだ落ち着くつもりはないかな」なんて言ってる人、たまにいますよね。そんなこと陰で言われていたら、相手はかなりシ...
遠距離恋愛のつらいところは、会いたいときに思うように会えないこと。何となく、ひとりぼっちのような気がしてしまうとき、恋人からのサプライズがあったらどんなに...
失恋から立ち直るのって、どうしてこんなにも難しいのでしょう。恋人と別れて、SNSのフォローも外して、連絡先も消して、偶然会ったりしないように相手のいそうな...
恋の終わりはネガティブなイメージで捉えられがちですが、逆を言えば新しい恋のチャンス。「そのうちいい仲になれるかもしれないから」と関係をダラダラ続けてしまう...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...
どんなに大きな失恋でも3ヶ月で立ち直る!?失恋からどれくらいで立ち直ったか、というのはどの国でもどの年代でも気になる話。一世を風靡した海外ドラマ「セックス...
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
ものごとを赤裸々に語る口調から、多くの女性に支持を得ているNYライターのZara Barrie。彼女が「Elite Daily」に綴ってくれたのは、「本物...