あなたを脱皮させる「できたことノート」のつくり方

人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になってしまう人や、なかなか自分の殻を破ることができない人は、いいヒントが見つかるかもしれません。

果たして、どんなやり方があるのでしょうか?

コツコツ積み重ねることで
花開く

Medium f7bc93766e84fd321224e1ed61734703d177d34d

「できたことノート」の活用方法はとてもシンプルです。

まずは1日1~3個、小さな「できたこと」をメモにとりましょう。そして、そうしたメモしたことのなかから、1週間に1つの「できたこと」を、直感で選びましょう。何を選んでもかまいません。なぜならこのメモは、あなたの価値観が凝縮されたものだから。その後、4つの質問に回答する形で内省した文章を書きます。

1. 具体的に何があったの?(詳しい事実)
2. なぜそれができたの?(原因の分析)
3. 今、素直にどう感じる?(本音の感情)
4. 明日からどんな工夫をする?(次なる行動)

それぞれの質問に答える形で回答していくと、自然と自分を振り返ることができるようになります。すなわち内省ができている状態です。

小さな行動の変化は、いずれ大きな変化をもたらすでしょう。このノートは、そうした変化を導いてくれる「脱皮ツール」なのです。

まずは3週間からトライ

Medium 6be6f6b5cf832886587dbac7458aed1b2c85c138

上の「できたことノート」を、まずは3週間続けてみましょう。最初は少し時間がかかるかもしれませんが、続けていくうちにだんだん書くことに慣れ、簡単にできるようになります。

3週間続けられたら、次は3ヶ月間やってみましょう。この頃には、自分の大きな変化を感じられるようになっています。ここまで続けられたら、途中で止めるのはもったいないです。自分が必要だと思う分だけ続けてください。

続けることが当たり前になった人は、口を揃えて「精神的にとても強くなった」と話しています。あるデータを分析した調査では、内省を3ヶ月以上続けた人は、続けなかった人に比べて目標達成の度合いが約2.5倍も高いという結果が出ました。

このデータは、行動を改善することが大きな成果につながることを表しているといえるでしょう。

理想の自分が見えてくる

「できたこと」を見つけ続けることで、自分のありたい姿がわかってきます。人には誰でも「こんな状態であったらいいな」という願望があるはずです。それがあなたの理想の姿です。きっと、自分の向かうべき方向を示してくれるでしょう。

毎日続けたメモには、あなたの価値観が凝縮されています。1週間のなかで書かれた言葉は、あなたが努力しようと思ったことの集まり。つまり、あなたが人生の中で大切にしていることばかりなのです。

この理想の姿を確認することで、それがモチベーションの源泉につながり、源泉から湧き上がる気力は、絶えることなく自分の内側から湧き出てくるでしょう。自分のエネルギーを知ることで、さらに前へと進むことができるようになります。

自分の使命がわかる

Medium 0b5eaf91809ce1d808ebfef57e6fb4a1170bbb03

そして「できたこと」を書き続けると、自分は何のために行動しているのかがわかってきます。どのように仕事をしたいのか、どのような人になりたいのか……と、自分のスタイルが見えてくるようになるのです。

その答えは、すでにあなたの内側に眠っています。しかし、そのアンサーに気づく人はごくわずかでしょう。なぜなら、毎日のやることが圧倒的に多いために、思考に割く時間を取ることができないからです。

あなたに必要なのは、新しい自分を外の世界に求めることではありません。自分の内側を見つめて、思い込みの殻から脱皮することなのです。日々の「できたこと」を肯定的に捉えることで、自分の価値を見つけ、磨いていく。これを続けることできっとあなたは変わることができるでしょう。

自分にできないことや欠けている部分に目がいくのは人間の性です。だけど、そんなことをしても落ち込むだけ。だったら1日の終わりに「プラスの出来事」を振り返る習...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
最近何をやってもうまくいかない、マイナス思考がクセになっている、などの悩みがある人はいませんか?永谷研一さんの著書『できたことノート』では、毎日あるメモを...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
普段、何気なく使っている道具。しかし、誰だって手に馴染んだ替えの効かないものや、仕事に使うならこれでなくてはダメだというものが1つや2つあることだろう。も...
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...