結構多いはず「アウトドアなアイテムを日常使いしたい」って人。このブランドはどう?

ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置いても意外とおさまりがいい。無造作な感じが逆に洒落て見えたりして。

「INDIGO LABEL」は、本格的なアウトドア仕様でありながら、インテリアとしても機能するブランドだ。名前の通り、INDIGOプリントをモチーフに、テントからバックパックまでが揃う。

例えば、「外でも家でも使いたい」あるいは「キャンプとか行かないけど、インテリアとしてアウトドアを取り入れたい」という人にオススメするなら、このあたり。

INDIGOカラー&高さのある背もたれが、いい感じ。

E51fb360e3f57504c90bc972c26b8253a4b9ce3c

キャンプシーンでは定番の折りたたみ式のチェア。いろんなサイズやデザインのものが発売されているけれど、「INDIGO LABEL」のレイチェアはカラーと背もたれに注目だ。

ブランドのアイコンでもあるインディゴカラーは、自然の中でも室内でも馴染むのが特徴。肘掛けやフレームのカラーリングも、インテリア向き。

一方、背もたれが高いところもポイント。映画を観たり、音楽を聴いたり、うたた寝したり…。 

テーブルにレイアウトするだけで、サマになる。

9ae8535e1ac491b73656e4c7d90c4e6d1bae391a

ランタンは2種類。

左のルミエールランタンは、2017年の新作で、クラシカルなゴールドフレームが雰囲気バツグン。「INDIGO LABEL」のデザイン性の高さが伺える。

右のノーススターLPガスランタンは、昨年からヒット中のブランドの定番。こちらはオリジナルの専用ケースも付属。

どちらもテーブル上に置くだけで、食卓がグッと洒落て見える。

そこいらの布団よりもイケてるスリーピングバックは、来客用としても。

35bfbb14f99e96ec7da2d7442c63eae7993ff709

「INDIGO LABEL」のアイテムでコーディネイトしたテント内。このなかで推したいのが、エアベッドの上にセットされているスリーピングバック(寝袋)だ。

オリジナルファブリックは、ちょっと派手に見えるかもしれないけど、インディゴカラーのみなので、案外どんな部屋に置いてもいい雰囲気に。

用途はそのまま布団として使ってもいいし、毛布のようにかけたり、あるいはベッドカバーとしても。コンパクトに収納できるので、来客時の布団としてストックしておくのもあり。

コンセプトは“ボーダーレス”

「INDIGO LABEL」は、ColemanとMonroのコラボレーションによって生まれたレーベルだ。両者ともアウトドアに強いブランドだけれど、「INDIGO LABEL」のコンセプトはBORDERLESS(ボーダーレス)。

アウトドアとかインドアっていう垣根を越えたところで、自分のスタイルを楽しもうという提案は、多くの人に響くと思う。

ちなみにデビューシーズンの2016年には、アイテムによっては即完売なんてこともあったようなので、気になる人はZOZOTOWNによる先行予約をチェックしたほうがいいかも。

下は、レーベルの世界観が垣間見える「INDIGO LABEL CAMP」のムービー。上で紹介したアイテムも登場してる。

『INDIGO LABEL DINER』というイベントにお邪魔してきました。このイベントは、ColemanとMonroという二つのブランドが手を組んだ『I...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
特別な日でなくても、不意打ちのプレゼントって嬉しいものです。贈り物を選ぶときは、相手がどんなものが好きなのか、何か必要なものはないだろうかと、情報収集が不...
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
正直言って、本格アウトドアを楽しむキャンパーたちからは見向きもされない商品かもしれません。けれど、もっとライトに野外泊を楽しみたい層に、こんな寝袋はいかが...
これがあれば、マッチもライターも必要なし!アウトドアでささっと火を起こせる「ブレスレット」が登場しました。使いかたは簡単。燃えやすい木やクズを集めて、あと...
「Ga-Mant(ガーマント)」は、透湿、防水、撥水と三拍子そろった素材に加え、ダブルZIPにサイドスリットと、動きやすさもバッチリ。ファッションとしての...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
ハイカーやキャンパーたちのあいだで、かねてから支持者が多い「Solo Stove(ソロストーブ)」に新シリーズが登場した。それがいわゆる携行用の小型タイプ...
楽しい楽しいアウトドア。でも、朝からはしゃぎすぎて疲れてしまうこともありますよね。特に子供は体力がないので、急に電池切れしてウトウト…なんてことも。そんな...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。ちなみに、第1回「ReTHINK BEAUT...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
〈3sun(サン)〉のビーチラグは、ヨーロッパのリゾートで使われているような、シンプルでちょっと懐かしい感じ。天然素材なので、使い込むほどに目がギュッと縮...