「ゴミでできた動物たち」からの無言のメッセージ

言うは易く行うは難し──。

環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?

自戒を込めたそんなメッセージを発信するキッカケをくれたのが、この「Big Trash Aninals」という作品。ゴミでできた大きな動物たちが、無言で語りかけてくるようだ。

「僕の役割は、活動家になること」

Medium e3eb7fe7c2883d888f73984953e07248bc6d869a

これらは、ポルトガルのストリートアーティスト・Rafael Bordalo Pinheiroの作品。ペインティング技術を駆使し、ゴミを使って動物をテーマにした彫刻を作りあげている。

Medium 5ed290730eba953093ae8c4c5f87112b40069fa2Medium 675bd3021745dccfafad44a52bfe33cbbe39120cMedium dba5323ff2aad13599afbc420686042f0a17c6ecMedium 8e8fe71d62f1389df3bfeda9a2c15c7a09968d2eMedium 4ae132c85649075912a0d5590617dc8e975ae88cMedium a8c9a8001b786f299293c64dd529513379f089c4Medium 1f054e896b34a55c7a78ffb1d5f40fb52e74a9e6Medium 89997effdf98c03db8e414f5345cf569f97a74c4

「資源のムダ使いが地球を汚している。忘れられがちなこの事実に、改めて目を向けてもらいたい。問題の認知だけでなく、実際に行動にうつすことこそが、僕の役割だ

彼は、そんな思いからこれらの作品を制作し続けているのだそう。壊れたバンパーや燃えたゴミ箱、家電製品、タイヤなどが体の一部になっている。なんだか、動物たちの目が不思議と悲しそうに見えてきた。

Licensed material used with permission by Bordalo Team, (Facebook)
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
ヨーガン レールの名前を知っている人がどのくらいいるでしょう。衣・食・住すべてにおいて、心安らぐ手仕事のモノの価値にこだわり、今日のライフスタイルショップ...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
「1週間分のゴミを撮っている写真家がいるんだよ」と言われてもにわかには信じがたいですが、フォトグラファーのGregg Segalは、文字通り、人々の1週間...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...