「できない自分」を受け入れたら、さぁその次はどうする?

学校に行ったり仕事をしていれば、誰の人生にも困難や逆境は立ち塞がってきます。そこでくじけてしまうのか、乗り越えて成長できるのか、が「成功する人」と「挫折する人」を分けるのです。そして人は誰もが乗り越えるための力「レジリエンス」を持っています。挫折してしまう人はただ、その使い方を知らないだけなのです。

ここでは金森秀晃氏の著書『凹んだ数だけ強くなれる29の法則』に則って、その秘訣を学んでいきましょう。

ありのままの自分を
受け入れる

610572673615461155436f3163aca1b891201132

カウンセリングをしていてよく感じるのは

「自分を愛せない人は、人も愛せない」
「自分を赦せない人は、人も赦せない」

ということです。

仕事に追われて、やるべきことがどんどん山積みになってしまっているときに限って、さらにプライベートでも問題が生じてしまう…なんて経験があることでしょう。そんなとき、自分を赦すことができない人は

「こんなはずじゃないのに」
「ここは俺のいる場所じゃない」
「こんな仕事、私がやるべきことじゃない」
「なんで、自分ばっかり」

と結論が出せないまま、ぐるぐるしてしまいます。

人間は変化・成長していきたいと望む生き物ですが、それよりも「ありのままの自分を受け入れてほしい」と望む本能があるのです。そこで、まずは極めて小さいステップに集中することが大切です。それは「できない自分を赦す」ことです。その小さなステップが、まったく道がないと思っていたところに道を示してくれる「レジリエンスな行動」に繋がっていくのです。

1日の終わりに
感情日記をつける

F2167d7e63c5f8bf5a59a1a951f53ba8b637602f

まわりの意見や価値基準に従って生きることは、一見ラクなようでいて、じつは大きなリスクを伴います。次第に自分自身の声を失っていき、自分がもっとも自分らしくいられる人間関係や場所を築いていくことが難しくなってしまいます。

そうなってしまったとき、自分の声を取り戻すのにオススメの方法が「感情日記」をつけることです。1日の終わりに、喜怒哀楽の感じたことすべてを書き出してみるのです。

頭の中でグルグルと渦巻いている感情を、視覚化できる言葉にして書き出してみるだけで「客観視」でき、感情のコントロールの糸口が掴めるようになります。

このとき大切なことは「書き殴る」ということです。誰かに見せるつもりでキレイに書いてはいけません。逆に、もし誰かに見られてしまったら自分の人格を疑われてしまうんじゃないか、と思うようなことも、思い切って書き殴っていきます。

「感情日記」を書く習慣が身についていくと、いずれ書かなくても自分の感情を客観視できるようになっていきます。これはレジリエンスの達人への第一歩なのです。

「なぜ」を大事して
感情を解き放つ

Eb8256923d591a67870f471f2c1795906f4e001f

イベントやカウンセリングをしていてよく出会うのが「やりたいことがわからない」と言って、フルモデルチェンジをしてしまう人です。

「この業界でトップを取りたいと思いましたが、やってみたらやりたいこととは少し違うように感じました。だから、こちらにチャレンジしてみたいと思います!」

これは自分の姿勢やあり方を修正するのではなく、周りの人や環境を変えるようなことになるので、逆境力や困難に対峙するための技術は構築されません。フルモデルチェンジをしてしまう人は「感情の解き放ち方」を知らないことが原因だと言われることが多いです。目的意識や動機、つまり「なぜ」がないのです。

「金持ちになりたい」「モテたい」「社会貢献したい」など、欲を持つことは良いことです。しかし、一般的で誰もが思うようなものに自分の人生を委ねてはいけません。それは、あなたの感情を解き放つことになっていないのです。

「なぜ」金持ちになりたいのか、「なぜ」モテたいのか、「なぜ」社会貢献したいのか、が大切なのです。「なぜ」を繰り返すほど、その思いは確かなものになり、あなたが持つ感情が解き放たれ、志に近づきます。

大切なのは、誰かに見られることを意識しないことです。それがどんなに変わっていたり、身勝手だったりしても良いのです。あなたの正直で素直な「なぜ」でないと意味がありません。自身の感情と向き合うことは、その困難や逆境と向き合うための最低限のマナーと言っても過言ではありません。

あなたはいつも、どのような毎日を過ごしていますか?仕事やプライベートに追われ、余裕のない日々を過ごしていませんか?そんな状態がずっと続いて休む時間や遊ぶ時...
嫌なことがあってもすぐに立ち直ってしまう人のことを「あいつはポジティブな人間だ」なんて言いますよね。でもじつは人間は誰でもこの力を持っていて、うまく活かす...
誰もが持っていて、使い方さえ知っていれば人生を強力にサポートしてくれる「レジリエンス」という言葉。一般的には回復力や復元力などを指しますが、困難や逆境にぶ...
私たちは人生のなかで、仕事、プライベート問わず様々な困難や逆境に出会います。「乗り越えられない」と思うほどの大きな壁にぶつかったときこそが、成長するチャン...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
弱みを克服することも大切ですが、もっと大事なのは、あなたの強みを最大限に活かすこと。たとえば、夢を賭けた過酷な競争で知られるアメリカの起業家たちの間では、...
日本中のなまけものさんへ。始められない、続けられない、だらだらしてしまう。世間ではネガティブなイメージがある「なまけもの」。でも、なまけものだって成功でき...
大学も卒業し、社会人経験も豊富になってきた29歳。さまざまなことを経験し、生きていくうでの知恵も身についているはずです。「Jordan Gray Cons...
米メディア「Greatist」でライターChalotte Andersen氏が心を奮い立たせる数々の言葉を紹介した記事が評判を呼んでいます。カウンセラー、...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
人生にはたくさんの試練が待ち受けています。あなたはその試練に立ち向かう強さを持っているでしょうか?どんなことにも物怖じしない、そんな強いメンタルさえあれば...
人は感情的になると相手を傷つけたり、それがきっかけで信頼を失ってしまったり、いいことなんてありません。だからこそ「Elite Daily」のライター、Pa...
幸せには、「ちゃんとした科学的根拠がある」と、カリフォルニア大学の心理学者、Sonja Lyubomirsky博士は強調します。思っているほど複雑なモノで...
「愛想の良い人」は、ただのいい人で終わってしまうことが多く、恋人にも親友にも恵まれないことが多いものです。仕事の上でも割りを食ってばかりで、なかなか目立っ...
「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自...
何かとくべつ疲れることをしたわけでもないのに、なんだか毎日ヘトヘト。本当はいろいろ趣味にも精を出したいのに、たまの休日はそれどころではなく寝てばかり。そん...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
私たちは、つねに新しいス知識やスキルを学ぶ必要性に迫られています。限りある生活のなかで、よりスピーディに成長するためには、効率的な学習方法も大切です。今回...