京都の料亭がつくる「ちりめん」のお菓子

台北で茶商をいとなむ十年来の友人夫婦がいる。何度もお互いに行き来し、趣味嗜好もだいたいは把握している仲。なので台湾を訪れるときは、決まって彼らのサロンから。一服の中国茶のおもてなしを受けると、心の距離もとたんに縮まる。

そんな彼らに喜んでもらおうと、毎度頭をひねるのが「手みやげ」だ。ところが研究熱心な彼らは、日本各地のお茶どころをたずねたり、茶道の源流をたどる旅を通して、日本の味覚にも造詣が深い。こちらは、毎回いただく中国茶に合うような“お茶請け”を見つくろって、なんて考えるものだから、さらに自分の首がしまってくる。

でも、これはいいものを見つけた。創業安政三年(1856年)下鴨茶寮の「ちりめんナッツ」

京都の料亭がつくる
プリミティブなお茶請け

71bdb6081402225b853daee419c3a03ba008ca43

文字にして説明するよりも、写真を見たほうがイメージはつきやすい。このお菓子はナッツとドライフルーツにちりめんじゃこ、さらに山椒を加えて飴で固め、1粒ずつていねいに手で丸めたもの。おこしのそれに近い。

D5ff0d0d6de09c520b57e6b6a3ba3e01f7a90ab9

クルミ、アーモンド、カシューナッツ、パンプキンシード、ブルーベリー、クコの実、ちりめんじゃこ、山椒を1粒ずつていねいに手作業で丸めていく。

美容や健康に意識が高い人でなくても、栄養豊富なナッツやドライフルーツを間食に選ぶ人は多い。では、ちりめんナッツがそうしたダイエット系のお菓子かといえばさにあらず。

京都土産の定番ちりめん(もちろん下鴨茶寮で製造)や粉山椒をまぶしてあるため、過度に甘すぎず、奥行きある中国茶の香りを消してしまうこともない。口元に近づければ、涼しげな山椒の香りがし、噛めば小気味よく砕けていく食感がたまらない。

また、「和・洋のあらゆる主役に合わせられるお菓子」の言葉通り、ビールやスパークリングワイン、または食前酒のお供にアペタイザーにしても悪くない。

300cb9667eee8461c909cd4aab83db4c391b10df

料亭の「ちりめんナッツ」5個入り(1,080円・税込)、8個入り(1,620円・税込)なら、手みやげとしてもちょうどいい価格帯ではないだろうか。下鴨茶寮オンラインショップはこちらへ。

Licensed material used with permission by 下鴨茶寮
あの「くまモン」の生みの親・小山薫堂氏が代表を務める下鴨茶寮。同社が2015年1月から本格的に販売を開始した、粉末醤油調味料「料亭の粉しょうゆ」が、見れば...
暑い日にこそ食べたくなる、冷たいそうめん。茹ですぎて余らせてしまった…そんな経験はありませんか?そんなとき、余ったそうめんでおいしいスイーツが作れるなら、...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
マンガやアニメを通じて日本の弁当文化が注目されています。フランスを中心にヨーロッパではブームで、なんでも“BENTO”として辞書に載るほどなんだとか。ここ...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
キヌア、チアシードに続くトレンドとして注目されている、スーパーフード「フリーカ」。昨年秋に日本に上陸して以降、ヘルスコンシャスな人々を中心にハマる...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
コールドプレスした野菜やスーパーフードなど、従来とは一線を画するかき氷が続々と登場している昨今。そのほとんどは東京で生まれたものですが、実は京都には、こん...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
「クロナッツ」、「フローズンスモア」、「クレームデュラコーン」、これまで数多くのメディアがどれだけドミニクアンセルベーカリーを紹介しても、ユニークすぎるお...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
「おやつ」や「間食」と聞くと、罪悪感を感じてしまう人も多いのでは。健康的なものを食べたいけれど、近くに売っている場所もあんまりなくて…。「snaq.me」...