「今のうちに」とよく聞く、キューバへいざ。

ラムと葉巻と音楽という、漠然としたイメージしかなかったキューバという国。

アメリカとの国交回復ということもあり、「今のうちにキューバに行っておいたほうがいい」という話をよく聞くようになり、旅行を決めた。

車、建物、海、看板、人
どれも刺激的だ

B36eb753d3a139909302bb9bb24e297ee909a062

東京から、メキシコシティを乗り継いで、キューバに入った。

今の時代、インターネットはあたりまえのように繋がり生活の必需ツールだが、キューバでは使える場所を制限されているあたりからも「異国感」を感じ、それがかえって心地よかった。

写真を撮るというのは、旅最大の楽しみで気合いを入れて行ったが、お世辞ではなくどこもかしこも絵になった。車、建物、海、看板、人、どれも刺激的で、とにかくかっこよかった。

なにも事前情報を持たずに行った旅だったので、とりあえずメジャーな観光地、ハバナ旧市街に向かい歩いていた。その土地を知るにはまず歩いてみるのが一番いい方法だと思い、北にカリブ海を眺めながら旧市街に向かって歩いていると、カラフルなクラシックカーがビュンビュン走り抜け、まるでディズニーランドのようなリゾートにいる感覚があった。

ハバナの街の
人たちのリアル

8929f3bce5e212a09c6e3baa65c5eb2c571638ad

しかし、海とは反対の南側には、打って変わってハバナの人たちの生活感が漂っていた。海岸線も気持ちのいい道だったが、あえて生活感のあるほうへ歩いてみたくなり、路地へと入っていった。

灼熱の太陽が照りつける中、どこともなくラテンの音楽が鳴り、そこに住んでいるであろう人たちが立ち話をしていたり、子どもたちが道でサッカーをしていたり、まさにハバナの人々のリアルな生活がそこにはあった。

アジア人がそんなに多くないからか、そのエリアにはあんまり観光客が入らないからか、カメラを持って歩く僕は強い視線を感じた。ある種、恐怖感のようなものだった。

「写真を撮ってもいいか?」

61710bb9d3447dee0086ceff8acab89c60eb2fa5

引き返そうと思ったとき、褪せた緑の壁の前に立つおばさんがいた。じっとこっちを見ている。

あまりに絵になる光景だったので、「写真を撮っていいか?」というジェスチャーをした。意味を理解してくれたのかどうかはわからないが、拒否する様子はなかったので恐る恐るシャッターを4枚切った。おばさんは、その間ずっとこちらを見つめたままだった。

あとで写真を見直してみると、おばさんはうっすらと笑みを浮かべているように見えた。それを見て、僕はホッと安心した。

さっきまで感じていた恐怖感はきっと自分の思い上がりで、思い返せばどの思い出の中でも、キューバの人々は笑顔で明るく、オープンでキラキラしていた。僕はキューバの魅力を五感で感じ、すっかり虜になっていた。

Bc310aee19ba9f8b799452a87d40150637cc02363ee807752705471759ea6c0148280677fc1be83f85467697827d8ebf976fb7cd10692b60d0217053

キューバは、唯一と言ってもいい社会主義における成功を築きあげた国、という認識があった。その土台を作った偉大な革命家、フィデル・カストロは悲しいことに昨年の11月に死去。そして、アメリカとは54年ぶりの国交回復をした。

これからも、国として変わっていくことはあるかもしれない。でも、僕が旅で出会ったキューバの街や人々のことを思うと、キューバはきっと、これからもキューバであってくれるだろうと信じている。

「Into the CUBA 〜seki&yagi trip art session〜」

・期間:2月18日 12:00〜2月26日 19:00
・場所:Gallery201(東京都品川区北品川6-2-10 島津山ペアシティ201)

Photografherの関竜太と、画家の八木亮太郎によるキューバ展はコチラから。

Licensed material used with permission by Into the CUBA ~ seki&yagi trip art session ~
キューバを訪れた人が口を揃えて言うのが、独特の「おおらかさ」だ。観光客が訪れようと気兼ねなく、気楽に自分たちの日常を楽しむ姿がある。そこには、社会主義国な...
キューバに行ってきた。サルサと革命の国、そして半世紀ぶりにアメリカと国交回復して、これから盛りあがろうとしている国。でもキューバは、普通の観光地ではない。...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
メディアが取り上げるカラフルなクラシックカーとは一線を画したキューバの姿を撮る写真家Gillian Hylandさん。「Windows into Hava...
マンハッタンにある繁華街、ノリータ(North of Little Italy)は、ニューヨークで暮らすミュージシャンやモデルたちに愛されているエリア。そ...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
旅の醍醐味の一つは、自分の日常とは違う、その土地の「リアル」を知れること。だから、民泊をして現地の日常を覗いてみたり、地元のスーパーで食材を調達してお料理...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
60年代、NYのポップアート界で盲目の画家として注目されたマヌエル・カミンスキーって知ってるよね?アンリ・マティスに師事し、パブロフ・ピカソに嫉妬された画...