日本3号店に「鎌倉」を選んだ、ダンデライオン・チョコレートが大切にしていること

どの改札から外に出るかによって、まったく異なる表情を見せる街がある。個人的には、鎌倉もそのうちの一つだと思う。

東口はもう、完全に観光客向け。多くの人が目指す鶴岡八幡宮。食べ歩きの聖地と言っても過言ではない小町通り。土産物屋がひしめく若宮大路を歩いていると、いまどきのコーヒースタンドを見かけるようにもなった。

一方、西口。こちらは、どちらかというと地元民のためのエリアだ。

たしかに、プールと藤棚を備える「スターバックス」や、築50年のアトリエと緑豊かなガーデンテラスからなるレストラン「GARDEN HOUSE」は、相変わらずの人気スポットではある。和風キーマカレーがウリの「OXYMORON」(小町通りにもある)と、チョコレートを溶かしながら食べるスタイルが話題の「Bonnel Cafe」は、今や“インスタ女子”注目の的だ。でも、それなりに観光客はいるものの、流れている空気が東口とは明らかに違うのが分かる。

さて、このたび「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」がオープンしたのは、そんな2つの空気が交差する場所。西口から徒歩1分、東口から出ても、2分歩けば十分に到着する絶妙な立地条件だ。

朝食にぴったりの
「鎌倉店限定メニュー」も

7b872e0218ed8bcf1993345742381344d798663f1bf32d8c8f0651bda1afafcf56daf530a633fcc4

オープンは、去る2月9日(木)。2016年12月に誕生した「ダンデライオン・チョコレート伊勢外宮前店」に続く日本3号店となった。

Dda63fa30e18777d56cf88675eadaad6b25efdb1

ここで味わえるのは、本店である東京・蔵前で一枚ずつ作られたチョコレートバーやペストリー、ドリンクなど。さらに、3店舗の中でもっとも早い開店時間(8時)を生かし、軽い朝食として「ダンデライオン・チョコレート・クロワッサン」「グラノーラ」を提供しているそう。ちなみにこの2つは、鎌倉店でしか食べられないメニュー

F6e9092b12025a2fbf7c4b31437b8d85192501995efcb17a7d8c2ac83c581cb266b299990f5320ea3ac02fe2c9be3db4cf9d95800ee46677b59b8a81

ところで、
なぜ「鎌倉」なのか?

1bb895fd773ac68a94a00acb7e827769280a784c

そもそも彼らには、「働く人が気持ち良く仕事ができる場所に店舗を作る」というポリシーがあるのだそう。それは、働き手のポジティブな雰囲気が、店を訪れた人にも良い形で伝わると考えているから。

その軸から、もともと鎌倉に出店したいと考えていたようで、観光客が押し寄せる小町通りではなく、雰囲気のある素敵なエリアはないものかと探していたところ、不思議な静けさのある建物が見つかったのだという。
76d0a9a907523140df56c3f0dee83467f3f3ff76

「ダンデライオン・チョコレートが牽引しているクラフトチョコレートというムーブメントが、単なる流行りのものではなく、カルチャーとして地域に根付いていくことを願っています。

そのためには、クラフト文化の価値を受け入れ、認めてくれるコミュニティが重要です。自然と歴史のある街、職人が生きている街、情緒のある街などに落ち着くのではないでしょうか

蔵前、伊勢、鎌倉といった、いわゆる「流行の最先端エリア」とは異なる、歴史情緒あふれる街に出店を続ける彼ら。その背景についてのコメントは、説得力を伴ってこちらの耳に響いてくる。
C2d24a4fe9ffb484951d8fa40597cb870134f62b

2階カフェ席の開放的な窓からは、鎌倉駅のホームが見える。逆にいうと、向こうから見える景色も変わったことになる。

鎌倉の“空気”が変わる、ちょうど境目に生まれたこの店が、人の流れを含め、それぞれのエリアにどのようなインパクトを与えるのか。そして、クラフトチョコレートをカルチャーとして定着させることができるか。個人的に注目していきたいと思う。

【店舗概要】
ダンデライオン・チョコレート鎌倉店
・住所:神奈川県鎌倉市御成町12-32
・席数:30席
・営業時間:8:00~20:00(L.O.19:30)
・営業日:不定休

Licensed material used with permission by DANDELION CHOCOLATE
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究...
クリスマスシーズンにお菓子を売ろうとするとき、作り手が味にのみフォーカスするのは、もはや時代遅れ。と言い切るのはあまりに極端かもしれませんが、そんなことを...
チョコレートが恋しい季節。ちょっと罪悪感を感じつつも、仕事中のおやつに欠かせない、となかなか手放せない気持ちはわかります。そこで、糖分が含まれている甘いチ...
しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!「Minimal 銀座Bean to Bar...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
日本伝統の発酵食品「酒粕」にチョコレートを合わせる。こう聞くと、その味を疑う人もいるはずです。だけど仕上がりは、びっくりするほど濃厚な味わいに。美肌やデト...
それは、花びらや木の実で飾り付けたアートなチョコレート。フランス発の「CHOC’FLEURS(ショックフルール)」が、いまInstagramで話題になって...
チョコレートには、どこか恋愛意識を高めてくれるイメージがある。もちろん、好きな人に食べてもらっただけで惚れてもらえる、なんて魔法ではないのだけど。でもね、...
2月14日に男性へプレゼント。それももちろんイイけれど、個人的にはむしろ女性へ“逆バレンタイン”してしまいたくなるチョコレートがこちら。フランス生まれの「...
今、チョコレート業界でトレンドといえば「ビーントゥーバー」。2007年頃にアメリカの「MAST BROTHERS CHOCOLATE」というメーカーが、ビ...
食べ物で性格を言い当てる、「Elite Daily」名物ライターGigi Engle氏が、なにやら気になる分析を記事にしました。チョコレートの好みで女性の...
バレンタインデーは、大切なパートナーへチョコレートを贈る日。男性からすると、もちろんそれだけで十分なのですが、その代わりとして、あるいはプラスして何かをプ...
突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。ほとんどの人は依然として宿題が残って...
「将棋が好きな人にぴったりのチョコレート」ありきたりな紹介の仕方とは認識しているものの、もはやこのお菓子をそれ以外にどう形容すればいい?よし、どうせなら、...
自動車、時計、家具…それらの世界一には手が届かなくても、食品なら手が届くかもしれない?話のネタになるくらい、味が一生記憶に残るくらい、すごいものを口にした...
もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると...