お箸でつながる支援プロジェクト「はしながおじさん」

もともとは、アメリカの女性作家ジーン・ウェブスターによる小説。主に両親のいない子どもに金銭的な援助をおこなうが、しかし、その正体は絶対に明かさない。現代日本では、広く学生への援助者の意味で用いられている──。

と、この説明はあくまでも「あしながおじさん」について。きっと一度は耳にしたことがあるはずだ。でも、ここで紹介したいのは「はしながおじさん」というプロジェクトの存在。

あなたが「お箸」を買うと…

20e99ced004f046d66b5a319e3c5bdd77430fe5b

これは、対象のお箸を購入すると、それとまったく同数のお箸が児童養護施設の子どもたちに贈られるというもの。漆箸の老舗メーカー兵左衛門と箸専門店にほん箸、デザインプロダクションのトータルデザインセンターの3社が立ち上げた支援プロジェクトだ。

お箸を扱う会社にも
できることがある

53b36a596e91685643f9f16ca5d8bf3d105d6e3e

気になるプロジェクト発足の背景はこうだ。

そもそも、日本全国には約600の児童養護施設があり、様々な理由で約3万人の子どもたちが生活しているそう。その多くはサイズが合わなくなったり、多少傷ついたりしても、はじめに手にしたお箸を大切に使い続けているのだとか。

でも、新しいお箸を使うと、いつもの食事が美味しく感じられたり、楽しく、あたたかい気持ちになれたりするもの。そこで、贈った人も贈られた人も笑顔になれる仕組みを作ろうという思いから、先の3社が手を組んだというわけ。

1eeccafc5e1e433c80dceeed7d4e5d12954b9dce

まずは、東京と岡山の「にほんぼう」およびオンラインショップで販売を開始し、2017年4月からは全国の百貨店へも展開している。サイズは大、中の2種類で、価格はともに1,500円(税別)。お箸という身近なものを通じてできる、こんな支援の形があったなんて。

Licensed material used with permission by はしながおじさん
できたてのハンバーグステーキが、じゅうじゅうと音を立てながら運ばれてくる。そんな様子を、思い浮かべてみてください。こんな時、どうしても「お箸で食べたい!」...
一見するとちょっと太めの普通のお箸ですが、よく見ると確かに木製のものとはちょっと違った感じ。でも、使い方は普通のお箸と変わりません。食べたいものを掴んで、...
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
「もしも、猫と人間の役割が入れ替わったら?」飼い主の猫Steveと、ペットの人間Manfriedの織り成す日常を描いたマンガ「Manfried the M...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
とあるサイクリング用の通路上に、道を塞ぐように駐車されていた迷惑車両があった。しかし、そこをたまたま通りがかったのは1人のおじさん。なんとこの人、自力でそ...
神秘の国トルコ、といえばアイスクリーム!とは言わないまでも、あの粘り気のある「トルコアイス」は知っている人も多いですよね。ここで紹介するのは、YouTub...
足跡ひとつない雪原を踏みかためて図柄を描く「スノーアート」の第一人者。イギリス人アーティストのサイモン・ベック氏は、たったひとり10時間以上かけて、これら...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
ポリ袋に入った乳児の遺体がゴミ捨て場から見つかった、女子高生が自宅のトイレで出産し、生まれたばかりの赤ん坊を窒息死させた…。赤ちゃんの遺棄事件のニュースが...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
これまで見たこともないくらい、ポップでスタイリッシュな「だまし絵」が登場。目の錯覚を引き起こすのは、複雑な描写だけじゃないんですね。このまま額装すれば、部...
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...