疲れ目に効く「サカナ」あります。

パソコンや読書で酷使した目をちょっとの間だけでもいいから休めたい。日々感じる、この切実な想いからようやく解放してくれそうなアイテムを発見しました。それが写真の魚、そう魚です。

なにも魚でなくても…と思うようならここまで。もう、こういうの好きな人にだけ届いてくれれば、それでいい!

まぶたを閉じれば
そこはもう、プロヴァンスの丘

A058ca502389434a3c8d648a741d15a36172d4eb

大丈夫、間違っても魚の匂いなんてしませんから。それどころか、目の上にこのアイピローを置いただけで、とたんにプロヴァンスの風が吹いてくるとかこないとか。

そのカラクリは、オーガニックコットンやフラックスシード(亜麻の種)とともに、魚のお腹の中に混ぜた天然ハーブのラベンダー。これが魚の胸ビレあたりからふんわり香ってくると、まぶたの裏にきっと南仏のラベンダー畑がパッと広がるんだと思います(そう僕はイメージができあがっている)。

ちなみにこのアイピロー、インパクトだけでなく冷やしたり温めても使える優れもの。とにもかくにも、人と違ったモノでないと満足できない、なんて僕みたいな人にはおあつらえ向きかも。

だってほら、結構リアル

E15efd25fe8f0313f88afa163bf955462dfe4eee18ff387b286bd3730c767a97daa478642453c601

分かっちゃいるんだけど、いい感じの“しなり具合”。

それに、種類もある

F1961f2680db0055d4a5402ec6c1c5d4ff2b56e9

ニジマス、コイ、その他もろもろ、選べる。

大漁。

3f58ee8ba630c545f6dde90b078ccffd674c49e1

大量にあると、そこそこオモシロい(笑)。

84e381d73a6b050db2b07019452364b220dbe0a6

これらのサカナピローの製作者は、南仏ではなくニューメキシコ州に暮らすAlia Graceさん。得意の手芸でこれまでオリジナルのドールを数多くつくってきたそうですが、完全にこっちに惹かれてしまいました。

オーガニック素材にこだわったハンドメイド仕上げなら、まあこのくらいが相場かな。「Etsy」での販売価格は日本円にして約4,400円。ちょっとインパクトを狙った友人へのプレゼントなどにいかがでしょう。ガーリーな彼女の世界観はこちらからも。

Licensed material used with permission by Alia Grace
パソコン、スマホ、テレビなど、仕事でもプライベートでもスクリーンを見る時間はどんどん増えていますよね。そんな暮らしの中で「目の疲れがなかなかとれない」とい...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
足つぼマッサージ、リフレクソロジー、フットケア。健康を左右するカギは足裏にある、というのは定説。ライターPhil Mutz氏が医療情報サイト「WebMD」...
あなたは、今の会社で、はたらき始めたときのことを覚えていますか?不安と希望を胸に、あたらしい仕事に向き合ったときのこと。たとえば、誰よりも早く出社したり、...
北ロンドンのストーク・ニューイントンにある小さな工房「Belleby & Co.Globemakers」。ここは、完全ハンドメイドで地球儀を製作す...
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...
腎臓の隣に位置する副腎。あまり注目されることのない器官ですが、ここが弱ると日常生活にいくつかの症状があらわれるのだそう。「Power of Positiv...
座っている時間が長く、運動不足であればあるほど、姿勢も悪くなってしまいがち。すると、背中や腰が痛くなるだけでなく、消化がうまくいかなくなったり、頭痛の原因...
目が見えない人の世界を想像しようとしてみても、なかなかうまくイメージできないかもしれません。まったく見えない状態で生活している人は、周りの情報をどうキャッ...
これは、YouTubeの公式チャンネル「AsapSCIENCE」で公開された動画です。たぶん、見た後は自分の目を信じられなくなると思います。早速どうぞ。下...
毎日、たくさんのものを見つめる目。目は、外からたくさんの情報を受け取っていて、その一瞬で、遠い、近い、明るい、暗い、などの情報を脳に伝えています。皆さんの...
目の疲れって首や肩、腕の痛みにも繋がるなんて言われていますよね。なんとかしたい!「Little Things」のフィル・マッツ氏は医学情報サイト「WebM...
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
睡眠状態とバイタルサインから、寝ている間に健康管理をしてくれるスマートリングが開発された。フィンランド生まれの「OURA」。洗練されたミニマルなデザインは...
交際して3年も経てば、パートナーと本音で会話ができる反面、衝突や飽きがくるリスクも。そのため、カップルにとっては関係が続くためのひとつの「壁」と言われてい...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...