「愛想笑い」で人生は好転しない。もっと無愛想でいいんじゃない?

「愛想が良い人」は人付き合いがうまく、誰にでも好かれる印象があります。でも実際には誰にも嫌われないように生きているため、次第に自分を見失ってしまい、誰にも大切にされなくなってしまう傾向があるのです。

ここでは、池田潤氏の著書『無愛想のススメ 人間関係が劇的に改善する唯一の方法』より、どうすれば「愛想が良い人」をやめられるのか、見ていきましょう。

「第一印象」は
悪いほうがいい

Medium e4cd1452cc341f44713f01180806be78d502940f

「第一印象が大事!」と、よく聞くと思う。なぜなら、一度相手に与えた印象はなかなか覆すことが難しいからだ。しかしここではあえてその主張に「ノー」と言ってみよう。もちろん、何も意識せず自然と印象が良くなることはOKだ。しかし、必要以上に良くしようとしたり背伸びをしても意味がないばかりか、かえって悪影響を与えることになってしまうのだ。

なぜなら、第一印象で与えた良いイメージを少しでも壊してしまったら、一気に評価が下がってしまうからだ。それは第一印象が良ければ良いほど下がり方は大きくなる。逆に第一印象が悪い人は、そもそも期待されないので、それ以上評価が下がることはない。むしろ少しでも良い印象を与えれば大きく評価されるのだ。

「無愛想に生きる」とは、自然体で生きるということだ。無愛想な人はそもそも第一印象を良くしようなどとは思わないため、「自分はこんな人間です」と地を晒してしまう。相手に良い印象を与えることよりも、自分自身でいることを大事にするのだ。

愛想笑いは
「不感症」を生む

よく「いつも笑顔でいましょう」と言われることがある。確かにいつも笑顔でいられたら素晴らしいし、そんな社会になればいいと思う。しかし、生きていればつらいことも悲しいこともあるのが現実だ。

いつも笑顔でいるためには、怒りや悲しみ、寂しさといった「ネガティブ」な感情を無視するようになる。すると、どんどん感情を感じることができなくなり「不感症」になっていく。

怒ってもいい。泣いてもいい。寂しくてもいい。つらいと思ってもいい。それらはすべて人間としての自然な感情だ。そこに罪悪感を感じる必要などないのだ。

いつも笑顔じゃなくてもいい、と言われて初めて人は心の底から笑うことができる。愛想良く笑っている必要などない。無愛想でいてもいいのだ。そう許可したときにこそ、本当に笑うことができるのだ。

悲しみを否定した
「笑顔」は美しくない

ここでは無愛想を勧めてはいるが、つねに無愛想でいるべきだと言っているわけではない。大切なのは無愛想に「なれる」ことだ。社会で生きていくにあたって、愛想良くしなくてはいけないときもある。ただ、無愛想に「なれる」ことは生きていく上で非常に大事なことだし、無愛想になれる人は「なれない人」に比べて、日々の精神的ストレスもずっと少ない。

無愛想になれない人は、嫌なことをされているにも関わらず笑顔でいる。面白くないのに笑っている。そうやって我慢して自分を犠牲にしてつらいことに耐えていれば、いずれ人生は好転するのだろうか?

この社会では、悲しみを表現することが許されていない。悲しみや寂しさは恥ずかしい感情であり、抑えつけなくてはいけないものだとされているからだ。悲しみを表現させないから、悲しませるようなことをしている人たちは、いつまで経っても自分がしていることの重みに気がつかない。

人間の感情と本気で向き合わせないから、人のことに無関心だったり、人の気持ちを感じられない人間が増えていくのだ。

悲しみや寂しさを受け入れた上での笑顔。それが本当に美しい笑顔なのではないだろうか。

人間関係は
「無愛想」でうまくいく

Medium 1a4c177a43d86719ccb383f3b2d2e8702f3ff506

対人関係で、愛想良く振る舞っていてもなかなか相手との仲が深まらない、どこか遠慮したままでぎこちない感じになってしまう。そんな経験はないだろうか?相手との仲を深めたいなら、愛想良くするのではなく、無愛想にズケズケとしてしまえばいいのだ。

想像してみてほしい。親友に愛想良くしている人はいない。人は親友にならズケズケと物を言うことができるし、遊びに誘われても「疲れてるから無理」と言えるし、帰りたくなったら「今日は帰るわ」と言える。

ただ、愛想笑いする人も本当は心の奥底で人と繋がりたいと思っている。しかし、怖い。だから一定の距離をとって愛想笑いをしてしまうのだ。これは恋愛でも同じことだ。恋愛で悩む男性はいつも女性にニコニコしているが、どう頑張っても友達止まり。心の深い部分で繋がることはできないし、自信がないことがバレバレ。そんな人と一緒にいても楽しくないのだ。

無愛想になれる人は、人間関係でもかなり早い段階からズケズケしている。ズケズケしていることによって心の距離が縮まり、相手に信頼され、最初から心を開いた関係を築くことができる。

愛想笑いをしている間は、親友にも恋人にもなれないのだ。

いつも誰にでもニコニコしていて「愛想の良い人」は、一見すごく人付き合いがうまそうに見えます。でも、その笑顔のウラには「人に嫌われたくない」という恐怖や不安...
「愛想の良い人」は、ただのいい人で終わってしまうことが多く、恋人にも親友にも恵まれないことが多いものです。仕事の上でも割りを食ってばかりで、なかなか目立っ...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
社会に出ると、たくさんの出会いがあります。しかし「続く関係性」を育むのはなかなか難しいものです。そんななか相手に「今後も会いたい」と思ってもらうために必要...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
人を外見だけで判断するのはよくないといいますが、初対面においての判断基準は外見だけ。身だしなみが整っていないと、「そういう人」だと思われても仕方ありません...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
食べログなどを代表とする評価サイトを使ったことはありますか?登録されている店舗のメニューやサービスに対して、ユーザーが評価を下し、コメントを書き込むことが...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
「この人、私のことちゃんと信じてくれているのかな?」付き合っていれば、そんなギモンが頭をよぎることもあるでしょう。そんなとき、お互いに多少のことには目をつ...
人生は1度きり。だからこそ、夢や目標にチャレンジすることで「満足できる人生」、そして笑顔が絶えない「楽しい人生」を送りたいですよね。あなたの周りにはきっと...