ベジタリアンが禁を破ってまで食べたかった「魅惑のグラタン」

ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビアンなど、動物を口にしない食生活が、広く受け入れられるようになってきた今の時代。世間の潮流に逆らうようなグラタンを紹介します。

スウェーデンの家庭料理「ヤンソンの誘惑」を知っていますか?

誰もが、この誘惑の前に
敗北の味を知る。
そういうグラタンです。

Medium 591692080c84a5955cc1e6ee9f27194461e4d565

この料理は生クリームとバターをたっぷり使い、アンチョビを加えた、言わばポテトグラタン。19世紀のスウェーデンに実在したエリク・ヤンソンという宗教家が、ガマンできずにこの料理を食べてしまったことから「ヤンソンの誘惑」の名が付いたんだとか。

ところで彼、何をガマンできなかったのか。答えはアンチョビ。というのも彼、本当は厳格な菜食主義者。にもかかわらず、このグラタンの芳しい香りに負けちゃったわけですよ。でも、誰もヤンソンを責めるわけにはいかないんです。だってこのグラタン、誰が食べてもハマるおいしさなんですから。

<材料:2人分>

・じゃがいも:2個
・玉ねぎ:1/4個
・アンチョビ:6本
・生クリーム:150ml
・牛乳:100ml
・ナツメグ:小さじ1/8
・塩こしょう:適量
・バターA:10g
・バターB:10g
・パン粉:大さじ1 

<つくり方>

薄切りにした玉ねぎを耐熱ボウルに入れて、バターAを加えてふんわりラップをしたら、600Wのレンジで1分半。じゃがいもは千切りにしておきましょう。ふたたび耐熱容器にバターを適量(分量外)を薄く塗り、じゃがいもの半分の量をしいて、玉ねぎ、アンチョビをのせます。その上に残りのじゃがいもを。

鍋に生クリーム、牛乳、ナツメグ、塩こしょうを入れて中火で熱し、ふつふつしてきたら耐熱容器に注ぎ入れます。あとはパン粉をふってバターBを5カ所に分けてのせ、200℃に予熱したオープンで表面がキツネ色になるまで30分ほど焼いてできあがり。

グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
生のままでも十分美味しいアボカド。でも、火を通すことでトロトロの食感が引き立つんですよね。ピザや天ぷら、さらに熱々クリーミーなアボカドを楽しむには、なんと...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたも...
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
海外のスーパーに行くと、植物性100%のチーズは専用コーナーができるほど。ヴィーガンだけでなく、美容意識、健康志向の高い人たちにも大人気です。話題にはなっ...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...