「サッカー女子」と付き合うと、毎日がこんなに楽しくなる!

付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それならいっそのこと、自分の好きなスポーツの女性アスリートと付き合うなんてどう?

実際に自分のライフスタイルの一部でもある「サッカー」のアスリートと付き合ってみた「Elite Daily」のライター、Joseph Milordさん。彼が言う「サッカー女子と付き合うべき10の理由」が本当なら、こんなに理想的な彼女は他にいないはず!?

好きになった女性がサッカー好きなんて
最高の「ボーナス」だ

スポーツを愛する僕は、最終的に「女性アスリートと付き合う」という考えに行きついた。

徐々に愛を育み合う相手と同じ時間を過ごすのは素晴らしいことだし、彼女がすでに何か大好きな趣味を見つけている、というのも素晴らしいこと。

彼女のことをよく知るうちに、昔スポーツをしていた、なんてことが発覚するのも最高だ。もともと大好きな彼女に、ボーナスが加点されたようなものだからね。

でも、個人的に好きなアスリートのタイプというのがあるのも事実。とくに僕は、サッカー女子が最高だと思ってるんだ。

01.
彼女から学ぶことは
たくさんある

C975860ef2f01b333f832313694e18c85f221730

スポーツは男女によってそれぞれの特徴があるし、そのスポーツを激しくさせる。男子バスケのプロたちは毎晩お互いを相手にダンクしまくっているけど、女子バスケのプロだって試合を行っている。

それぞれ激しいのは間違いないんだけど、個人的にはサッカーのほうが、フィールドに立ったらあまり男女差が出ないような気がしているんだ。

つまり、ハンデなしでも彼女が君より明らかにうまい可能性があるということだ。そうなったら君の試合にもアドバイスできるし、学ぶことも多いんじゃないかな。

02.
彼女のカジュアルさが
お気に入り

金曜の夜に出会った彼女が、土曜の朝には別人だった…なんて文句を言っている友だちはいないかい?サッカー女子の場合、それの真逆だ。

彼女の普段着はスエットパンツに縛った髪、そしてすっぴん。トレーナーにスニーカーで、試合前のアップをしているときだってある。でも、それこそあなたが恋をした彼女の姿じゃないか?

だから、たまにのオシャレをしたときは、いつもとのギャップでドキドキが止まらないだろうね。

03.
彼女の体には
特別な魅力がある

ボールをブロックできるヒップから、試合終了間近でも強くいられる、鍛え抜かれた足まで、正直まったく飽きることはないね。素晴らしい。

04.
サッカー選手に夢中だから
他の男に興味なし

322e62eee36e7048930536ac669d46cd11c6ee5e

チームのために30ゴールを決めたり、エラシコ(ロナウジーニョが得意としているプレイ)を華麗に決めたり、ラボーナ(足を交差してボールを蹴る技術)を決めたり。フィールド上でも外でも、クリスチャーノ・ロナウドくらいにかっこいい男が出てきたら、男の僕だって夢中になる可能性があるよね、本気で。

でも、そんな男はそうそういないから(笑)、彼女が浮気することはまずないだろう。

05.
週末にゴロゴロしても
文句を言われない

朝からチェルシー戦、昼はマドリード戦、午後からはミラノ戦と試合に追われる日々。だから、週末はテレビの前でゴロゴロしながら最高の試合を見るのがほとんど。

そうやってのんびりできるのは、彼女も同じように過ごしていたいと思ってくれるから。

06.
旅行先でも
一緒に楽しめる

3f7f1b9b9f082d595dd16936e795f7c1c1d73d08

サッカーのトーナメントを回る、なんていう旅行の計画を理解できる人はあまりいない。でも、彼女は別だよ。

離島への旅行もいいとは思うけど、オリンピックの決勝戦を見に行くほうが魅かれる。サッカーが大好きな彼女なら、欧州選手権に合わせてヨーロッパ旅行を計画、なんて聞いただけで大喜びしてくれるはず。クルーズ船の旅行より、断然いいよね。

07.
大きなケンカに
ならなくて済む

誰がオンサイドでプレーをしたか、その選手を誰が追いかけるべきだったか、どうしてミッドフィルダーがもっと幅広くいろいろ見ていなきゃいけないのか。

彼女はいつも真剣にチームメイトとぶつかり合っている。

それに比べれば、トイレの便座を降ろさないことなんて、どうでもいいことだろうね。

08.
手がかからない

彼女だって女性らしくいることに憧れはあるかもしれない。だけど、人生が左右してしまうほど執着することはないはずだ。

激しいタックルや髪のことを気にしないヘディング、そして小麦色に焼けた健康的な肌。

彼女には、いつまでも彼女らしくいてほしい。

09.
僕よりタフ

313c9c6a46ddfb644a36fbd6f131ffd488d4e03c

100x70ヤードのフィールドを前・後半の約90分間、休むことなく走り続けることが仕事の彼女。つねにトレーニングを維持していない限り、張り合う体力なんてないはず。

でも、そんな彼女からいい刺激を受けられるかもね。

10.
スポーツへの情熱を
理解してくれる

土曜の夜にファンタジー・サッカーに集中したり、マーチ・マッドネスの応援していたチームが失格になって取り乱したり、シーズンを通して熱狂的にニューヨーク・ニックスを応援したり。

そんな自分に呆れているかもしれない…なんて心配をしなくてもいいんだ。

地球上すべての超情熱的なファンと一緒になってスポーツを楽しんでいる彼女だから、きっとわかってくれるだろう。

おまけに
ゲームも一緒に楽しめる

80e01a117ee324fcaf724a4a5892beba7811d26b

この理由は、説明する必要すらないよね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
サッカーで何年も同じポジションをやっていると、その姿勢が人生にも反映されてくる…。そう語るのは、「Elite Daily」でスポーツ記事を書くAdam S...
ポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスとベスト4が出揃い、ますます目が離せなくなってきた「UEFA EURO 2016」。連日寝不足気味で出勤している、...
昨日2015年8月11日、日本女子サッカーの第一人者、澤穂希選手が30代の一般男性との結婚を発表。所属するINAC神戸の公式HPには、入籍報告の直筆メッセ...
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
変わり種のハンモック『パナマバナナ』を制作したのは、リトアニア在住のアゴタ・リムサイトさん。ヴィリニュス芸術アカデミーで、インダストリアルデザインを学ぶ生...
いざ、球技をやろうと思っても広いスペースが必要で、自由に遊べる場所って少なかったりしますよね。「もっと手軽に都会の中でもスポーツを楽しみたい!」。そんな思...
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
あなたの周りにいる旅好き女子。もし、今パートナーがいないのであれば大チャンスかも!?ライターKimberley Chan氏がまとめた記事によると、彼女たち...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
「結婚相手は、尊敬できる人を選びなさい」とはよく聞きますが、恋愛でもそのルールを考慮していると、なかなか「彼氏彼女」の関係に踏み出せません。では、何を重視...
突然ですが、あなたは今の生活に満足していますか?ちょっと考えてしまった人は習慣を見直してみるといいかもしれません。ここでは、ライフスタイルを中心とした情報...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
B型の女性は、発想が豊かで楽天的な性格の人が多いと言われています。そんな彼女と付き合っていると、いろんな驚きがある反面、ときには戸惑ってしまうこともあるか...
「男は浮気する生き物」と諦めている女性もいるかもしれません。でも「Thought Catalog」で紹介されたのは、浮気をせずに恋人との関係を長く続けてい...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
2015年12月16日(水)、今シーズン限りでの現役引退を表明したINAC神戸レオネッサ所属の澤穂希。翌日に行われた会見には、女子サッカー界を牽引してきた...
「あなたは、パートナーを大切にしていますか?」この問いかけに、ビクッとしてしまったあなたはちょっと心配。恋人ではない相手と関係を持ってしまうことが一番わか...