「ぬいぐるみを手術」して、子どもを元気づける小児科医の思いやり

ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っていたのは、ぬいぐるみの手術をする医師の姿でした。

Ff76026e25572437e7d58cfa274e1a649b7aab39

小児科の外科医であるグロス医師は、ある少年の手術のときに、彼の親友だったぬいぐるみのほころびに対しても、同じように処置を行いました。これは、彼を安心させるために行ったことでした。

69fe3013cd87bf4fdf80dcb352d9f5afd7589929

「Children's Hospital of Wisconsin」によれば、手術を受ける子どもは、親友のような存在であるぬいぐるみが、自分と同じように手術を受けることで安心するそうです。それは、家族にとっても心の支えになっていました。

投稿を見た人々から、過去に同じ病院で同じような体験をしたというコメントが、画像とともに次々と集まってきたのです。

53b589d4019a50062638591055f2347522373caa

「わたしの家族も、この病院でいくつか素晴らしい体験をしました。息子は未熟児で、新生児特定集中治療室(NICU)に数週間入っていました。目の手術もいくつか行わなければなりませんでした。スタッフは親切で素晴らしい人ばかり。過密なスケジュールを何人もの医師と連絡を取り合い調整してくれた上に、子どもにもわかるように病状の説明をしてくれました。写真は、娘が足を骨折したときのもの。病院につくと、足に包帯を巻いているぬいぐるみがいました。たぶん、この病院で同じような体験をした人は、何人もいるのではないでしょうか。いつだって、家族や子どもたちの不安を解消するために、一歩先まで手助けをしてくれるのです」。

De1f9228e716946709e4f55c2d62ff023c312ee6

「娘は、5歳のときに初めての蝸牛殻移植手術をしました。とても恐がっていました。術後になって、大好きな猫のぬいぐるみと再会すると、娘と同じ場所に包帯が巻かれていました。わたしたちは、この包帯がとれるまでは、あなたも我慢しなければいけないと伝えることもできました。娘も家族も、少しだけ気が楽になりました。とても感謝しています!」。

Ad6d1323600b53e25b3dc4a44678a132e5fc0f2a

「息子が手術するとき、ゾウのぬいぐるみの背中が少し破れてしまっていました。彼は、医師たちが親友を手術して治してくれることを知っていて、信じていました。看護士は、息子が手術する日に、彼と一緒にぬいぐるみを手術室へ連れていきました。写真は、術後に目覚めた彼が、親友と再会したところ。背中の傷は縫合され、包帯が当てられていました。なんと感謝したらいいのか、わかりません」。

投稿された画像をきっかけにして、10年以上前の出来事を思い出した親もいました。

術後に目を覚ました子どもは、ぬいぐるみを見てとても幸せそうな表情を浮かべるそうです。それぞれの医師が独自に判断して対応しており、グロス医師にとっても日常的なことだとか。

3f8f71f9580c66e6b979a48d68f7739690fe5172

「珍しいことではありません。見かければ、できる限り手術しています。テディベアだったり、ウサギだったり、いろいろありますが、みんな愛されている存在です」。

この病院では、“100%子どもになれ”という考え方が大切にされているそうです。それは、患者と接する際に、相手を小さな大人だと捉えず、成長する過程にある子どもであることを認識し、その気持ちになって考え、ニーズを汲み取れるように努めるということ。ルールではないため、判断はそれぞれのスタッフに委ねられています。

同病院のエヴァン広報担当は、病院側にとっても想定外の反響だったことを振り返り、小さなことがどれだけ大事かを思い知る出来事だったと話しました。

Licensed material used with permission by Children's Hospital of Wisconsin
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
出張だったり、引っ越しだったり、家族や恋人と離れて過ごす時間は寂しく思う。そんな時は、お互いにメールや電話で「愛」を伝える努力はするけれど、言葉以外に相手...
「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディン...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降...
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
この記事は、ライターTodd Perry氏が「GOOD Magazine」で紹介した、子どもたちが考える「愛の定義」について。大人だって返答に悩むようなこ...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
「ICU Grandpa」、ICUのおじいちゃんと呼ばれているDavidさんは、今年でICUに勤めて12年目のベテラン。家族と一緒にいられない赤ちゃんのケ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
親が子供にしてあげたいことって山ほどあるんです。生まれる前はあれもこれも、なんでもしてあげたいと思っていたのに、実際に生まれると、毎日の生活でいっぱいいっ...
小学校の先生であるアドリアーナ・ロペスさんは、2015年1月に乳ガンと診断され、現在化学療法を受けています。そんな彼女を励ますため、生徒たちで結成されたコ...