SNSにアップされる写真とはちがう、リアルな「平日の晩ごはん」

昨日の夕食は何を食べましたか?
そして、今日の夕食は何を食べますか?

SNSにはおしゃれなディナーや手の込んだ手作り料理の写真が並んでいるけど、みんながみんな、いつもそんな食事ばかりしているわけではないはず。一体、他のみんなは普段、どんな食事をしているんだろう?ちょっと気になりますよね。

写真家のLois Bielefeldさんも、そんな好奇心を抱いたうちのひとり。Bielefeldさんは平日の夜の夕食を、2年間で78家族分も写真に収めました。あえて「平日」にこだわったのは、休日の食事よりもリアル、だと考えたからだそう。

SNSにはアップされない
平日のリアルな「晩ごはん」

Medium cd0c840c0cecbeab8418a17f920d4d626c1995bf

マットを敷いて、床にお皿を並べ、みんなでテレビを見ながら。

Medium 8a7f7b9fec933bd39edfd75d502ce44b8f0a097d

庭で食事。手前のお皿に乗ったソーセージやパテがおいしそう。

Medium 53ef2c6abd0ce762603232945e2e068342a46e6e

ひとりは犬を愛でながら、ひとりはパソコンに向かいながら食べるピザ。違うことをしていても、食べているのは同じもの。

Medium a8a8b64835c6afcd6adc907a9d7f6a51d24bd6f7

ひとりの食卓。スープが中心のシンプルな食事。

Medium 63aa26118ed12b994b388b7384124f5eda0d379c

こちらもひとりの食卓。パイプをくゆらせながら、ゆっくりと。タッパーから直接食べるところに生活感がありますね。

Medium 36cf5fe461ba45e702159f949a7f741a9bf09219

グランドピアノのあるおうち。右手のお年寄りのテーブルに並べられているのは、薬でしょうか、あるいはビタミン剤でしょうか。

Medium ffb776c9087b4ef206a30e6594d9136898fc1509

デリバリーしたピザとサラダで、バランスを考えて。

Medium 3f9e2b7299976088af5622581f0f6c45b152eb13

すっきりとしたミニマルなインテリア。外の様子を見るとまだ早い時間のようですが、仕事の合間にサクッとディナー、といった感じでしょうか。

Medium d49e796069f1714989b7cb66bde00f2734fa328a

賑やかな子ども部屋で、床ピザ!

Medium 3eebff6b14a2c2fce49f49a781c6982d9ead42ad

楽しそうに談笑。きっと毎日こんな風に話をしながら食事をしているのでしょう。

Medium 8c286a1709ff87d74f46d583ed88f7aab466d27b

にぎやかなテーブルの上とお兄ちゃんのやんちゃそうな表情、弟の甘えたそうな表情から、お母さんの子育ての苦労が偲ばれます。

Medium 2a7a6541950e2bd4986abf454fb509318d868709

イームズの椅子に腰掛けて、ワイングラスを傾ける夜。

人間は単純じゃない
「多様性」こそが魅力

ここまでの写真はほとんどがアメリカの家庭ですが、同じ国でもここまで食事の習慣が違うものなのか…と気付かされます。

「人間というのは、驚くほど複雑で多面的な存在です。しかし日常のなかで、次第に決まった習慣を守るようになります。毎日別のことをするのは、かえって認知的に負荷が高いからです。

食事は、毎日の儀式のようなものです。それによって、自分がどんな存在なのかが定義されます。私は他人の習慣にとても興味があり、どうして、どのように、いつどこで食事をしているのかが気になってしまうのです。

詮索好きという性格のせいもあるかもしれませんが、人が持つ多様性って興味深いものですよね。人間は物事を単純化したがるものですが、私たちの行動は、さまざまな要素が複雑に絡み合っています。この複雑さこそが、人の美しさ、素晴らしさだと思うんです」

Licensed material used with permission by Lois Bielefeld
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真。テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッ...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...