「予想外」を楽しむ女は、誰よりもしあわせになれる♡

「えー…」「うそでしょ…」「こんなはずじゃなかったのに…」
なんて、つい、ぼやいてしまうような予想外のアクシデントは、日常のあらゆる場面にひそんでいます。それをプラスと捉えるかマイナスと捉えるかで人生は大きく左右されるでしょう。さきに言っておくと、すでにプラス思考だよ!って人は読み進めなくてもOK。これは予想外にうろたえがちなあなたに読んでもらいたい記事です。

4つのシチュエーションを例に挙げてそれぞれの楽しみ方を紹介しますが、これら以外の予想外にも転用できる方法だと思うので、ぜひ参考にしてみてくださいっ!

01.
慌てて電車から降りたら
一つ前の駅だった

A13db92f736b76c4a718b3f9b1d4b3a5bd6c261c

これ、意外と経験者は多いと思うのです。
座席でスマホに夢中になっていたとかうたたねしていたとかで、急に停車してドアが開いたものだから「あ、ヤバイ!」と反射的に降りちゃったんだけど、冷静になって駅名を確認すると「ここ、一個前の駅だった…」なんて、やり場のない虚しさを覚える些細な事件。
多くの人は次の電車を待って、目的の場所へと向かうでしょう。でも、たったの一駅ですよ。歩いても10〜20分程度。ウォーキングにちょうど良い距離じゃないですか。しかも普段通らない道だから、雰囲気のあるカフェやハイセンスなショップを見つければ、つい寄り道したくなったりして。

きっと新しい発見がたくさんあります。「せっかくだし」ってことで、歩いてみては?

02.
オーダーしたのと
違う料理が出てきた

E395e5249abe0c324ebf1f24d184c9f852b53300

「頼んだものと違うんですけど」と、言いたくなる気持ちはよーくわかります。でも、そこをぐっとこらえて。もちろんお店側のミスではありますが、意図的じゃないのは確かです。

冷静に考えてみれば、自分が頼んだものよりも他人が頼んだものの方が美味しく見えることってよくあるでしょう?数人でディナーに出かけた時、誰かにオーダーを一任することだってあるでしょう?
そもそも自分の気分に合ったジャンルのお店を選んでいるのですから、苦手な食材が入っていない限り、たいていのメニューは好みなはず。オーダーとは違っても最終的には「美味しかったあ。ごちそうさまでした!」と笑顔で帰ると思うのです。おおらかな気持ちで、出てきたものを素直にいただきましょう。

03.
外出中、スマホが充電切れに

8113d42801e4b5bb15f0a0fb118dc86627f18cd6

一時的なデジタル・デトックスができて、ココロとカラダのリフレッシュになるのでは?
目的なしにダラダラとスマホをいじる人は結構いるはず。SNSをチェックしたり、ニュースサイトやウェブマガジンを流し見したり、ファッション通販サイトで「何か良い洋服ないかなあ…」とリサーチしてみたり。知らず知らずのうちに「スキマ時間はとりあえずスマホ」の癖がついているのかもしれません。でも、頻繁にデジタルと接触していればたくさんの情報が次から次へと頭に入ってきます。節度をわきまえないとすぐキャパーオーバー状態に。それではストレスがたまってしまいますから、適度にスマホと距離を置くのは大切なことだと思うのです。

緊急の連絡を見落としたら大変だと気が気じゃない人もいるかもしれませんが、長時間充電切れ状態ってことにはならないですよね。きっと、そこまで支障は出ません。このタイミングをチャンスと捉え、少しの間スマホから離れてみてください。

04.
前から気になっていて
「よし、今日行こう!」と
決めたバーが定休日だった

97e55a50e37ac55b58f635535ac3929461c6cb73

バーだけじゃなくって、カフェやレストランでも言えることですが、どのスポットにも同じようなお店は何件かあります。たぶん…いや、絶対!目的のお店が定休日だったなら、すぐに気持ちを切り替えて、ほかのところを開拓してみましょう。 たとえば「◯◯ バー」と検索すれば、近くにあるお店リストはすぐに出てきます。時間に余裕があるのなら、ちょっと周辺を散策してみるのもいいですよね。案外、適当に入ったお店がアタリってことも多いですし。

定休日に一喜一憂することなく、「まあ、次さがそ」的なラフな感じでいきませんか?

アンケートに答えて、「Amazonギフト券」1万円を当てよう!

この記事は、空の旅についての調査を目的としています。
下記のボタンからアンケートにお答えいただいた方の中から、10名様に「Amazonギフト券」1万円をプレゼントさせていただきます。
ぜひご協力ください。

【キャンペーン概要】
●応募期間
2017年1月23日(月)〜4月16日(日)

●プレゼント
「Amazonギフト券」1万円分を10名様へ。

●応募方法:下記のボタンよりご応募ください。

●応募規約
応募は1名につき1回となります。
ご入力いただいた情報(氏名・メールアドレス・アンケートへの回答)は、第三者(株式会社フィールドマネジメント)に提供され、個人を特定しないマーケティング活動における統計分析に利用させていただきます。その旨を同意していただいた方のみご応募ください。

433a750a677ed05d5310eb33371ea4346fa02cce
ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
はじめはシンプルなきっかけだったそうです。ポーランドに住むMateusz Machは、ヒップホップが大好きな17歳。「友達同士のふざけたメッセージのやりと...
投稿者:飛行機の乗客で乗り合わせてるこのカップル、たった今別れたところで、恋人の女の子が泣きじゃくってる。男「もう我慢できない。もう一緒にいられない。でき...
カナダ在住のPaula Grzelak-Schultzさんは、夫と一緒に「オリジナル・ジョー」というレストランで食事をしたあと、車を置いてUberで帰りま...
道端に転がっている石ころがあっても、多くの人は気にも留めず通り過ぎるはず。みんな同じような形と色に見えるから、わざわざ立ち止まって観察するような魅力もない...
2016年秋のリリースが期待されているiPhone7ですが、一時期の「iPhone狂想曲」はやや鳴りをひそめ、着実なマイナーチェンジが予想されているところ...
アーティストvexx_artことVince Okermanは、大学で経済を学ぶごく普通の18歳。高校時代、勉強の合間に描いた何気ない“ラクガキ”が、友人た...
パキスタン出身で医者のRehan Munirさんは、アメリカで仕事経験を積むためにニューヨークで部屋探し。インターネットに自己紹介と写真を掲載したところ、...
俳優、モデルとして活躍中の尚玄氏。彼にはプロフィールには載らない“旅人”というもうひとつの顔がある。彼にとって、旅とはなんなのか? それは表現にどう役立っ...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
このメンツにピクっと反応しちゃったあなたはもちろん、そうでない人も必見です。安心して下さい。動画を再生すれば、圧倒的な“いい感じの雰囲気”が味わえちゃいま...
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...
「Higher Perspective」で、2015年を予想した星座占いが予想以上に的確だと話題を呼んでいます。記事の中では、各星座ごとに年内にしておくべ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、「オードブルの魅...
もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だったそう。「En L'An 2000」は1899年の作品。日本で言えば明治時代の始めです。...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
ジャズって、なんだか難しい音楽だと思いませんか?とくにそう感じさせる要因のひとつがアドリブ(即興演奏)。スタンダードナンバーやスイングは分かりやすいのに、...
独身の生活を楽しんでいる人にとって、周囲が「良かれ」と思って言うセリフも、じつはとても傷つくものだったりします。いい人なんてそんな簡単に見つからないし、一...
岡山県の海沿いの街に暮らしている私たちの家族は、よくビーチに出かけます。でも、ビーチで使う敷物でなかなか気にいるものがなくって、自分がディレクションを担当...
視野が狭いということは、それだけ物事に対して端的に考えることしかできないということ。つまり、様々な側面から考えることができないために損をしてしまいます。さ...