自慢のアフロに「お花」を添えて。21歳のインスタグラマーに世界が夢中

「自分らしさを大切に」とはいうものの、自分の周りにそのロールモデルになるような人はいるでしょうか?

21歳のKiera Pleaseさんは、まさにそれを体現しているような存在。トレードマークのアフロヘアに、素敵な花を飾った写真が話題になっているんです。23万人のフォロワーを抱えるInstagramを中心に、YoutubeやTwitterも人気。

彼女がフェスに行くと、頭に花を飾った人たちが「影響を受けました!」と話しかけてくるほどだとか。

「つぼみが花開くように
自分もそうありたい」

「もともとは、Dionne Davenportっていう大好きな映画のキャラクターの自由奔放さに憧れてはじめたの。彼女はいつもファンキーな帽子をかぶっていたり、編み込みの中に花をつけていたりしたの。だから、私にとって花を飾ることは、単なるオシャレだけじゃない。つぼみが花開くように、いつもより素敵な自分として輝いていたい、ということ」

「アイデンティティは
変化していくもの」

「私は、人のアイデンティティや性格は絶対的なものではなく、あくまで流動的で変化し続けるものだと考えているの。『自分らしさ』が変化しないものだと思っている人も多いけど、人生と経験が積み重なっていくなかで、つねに形が変わっていくものなのよ」

「色んな側面があると思うの、アイデンティティも性格もね。ひとことでは言い表せない。つねに成長していくものだと思うからこそ、私は新しい趣味や新しいファッションを試していきたいの。私が好きなのは、自分の新しい一面を知って、自分を深めていくこと」

「だから私をフォローしてくれているみんなにも、新しいファッションや新しい外見を恐れず、全力で楽しんでほしい。これまでとはまったく違うスタイルにも挑戦してみませんか?何が似合うかなんて、わからないんだから」

Licensed material used with permission by Kiera Please
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつし...
きっかけは、オードリー・ヘプバーンに影響されたことから。彼女は、おばあちゃんのアクセサリーや古着などを使い、人気女優をはじめ歴史上の人物や作品に登場するキ...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
シンプルで美しい、ワンプレートの朝ごはん日記を発信中の大人気インスタグラマー。山崎佳(@keiyamazaki)さんの投稿を、毎朝59万人以上が楽しみにし...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
「Elite Daily」でいくつもの恋愛記事を執筆し、多くの共感を集めているライターPaul Hudson氏。ここで紹介する「男性が絶対に手放したくない...
「母斑症」は遺伝的な要因や胎生期の環境によって生じることのある皮膚の奇形。ここで紹介する写真の女性は、ロサンゼルスで活躍する22歳のダンサー、カサンドラ・...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
「今日が人生最高の日。不可能なんて何もないって毎朝思うのよ」。彼女が頻繁に口にするのがこの言葉。今年で98歳。世界最高齢のヨガインストラクターとして現在も...
アメリカ人女性のDeliberate Wanderer氏(blog,http://deliberatewanderer.com/)は、旅行先のインドで、カ...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...