これであなたも自分らしく!一週間で「無愛想になれる」トレーニング

「愛想の良い人」は、ただのいい人で終わってしまうことが多く、恋人にも親友にも恵まれないことが多いものです。仕事の上でも割りを食ってばかりで、なかなか目立った成果を出すことも難しい…。あなたにも、そんな経験はないでしょうか?

ここでは池田潤氏の著書『無愛想のススメ 人間関係が劇的に改善する唯一の方法』から、一週間で「無愛想になれる」トレーニングを紹介しましょう。

月曜日
「自分の本音を知る」

E0366bd9f1576cb37f4e71d07a2ceeeddcf59656

まず最初は「自分の本音を知るトレーニング」だ。他人の都合や希望を先に考えるのではなく、まず自分はどうしたいのか。日常における選択を通じて、トレーニングをおこなっていこう。

トレーニング1.「感じる」
人の評価を気にせず、自分の本音を感じることを意識してみよう。

トレーニング2.「問う」
友人たちがどうしているかではなく、自分がどうしたいのか、を自分に質問してみよう。

トレーニング3.「伝える」
自分がどうしたいのか、を誰かに伝えてみよう。自分の気持ちをきちんと伝えることが大切だ。

火曜日
「断る力をつける」

自分の本音を大事にするために大事なのが「断る力」だ。しかし、無愛想力がまだ身についていないときほど、断ることができない。その結果、行きたくもないところに行き、使いたくもないところでお金を使い、本当に自分が行きたいところに行けない、本当に欲しいものが買えない。さらに悪いことは、自分のなかに後悔や罪悪感、被害者意識などネガティブな感情が溜まってしまうことだ。

そうならないために「断る力」を身につけよう。

トレーニング1.「感じる」
選択に迫られたとき、自分の本音と向き合うようにする。

トレーニング2.「動機のチェック」
こうしないと嫌われるから、など人の評価を気にして選択していないか。

トレーニング3.「ノーを伝える」
本当はやりたくないことに気づけたら、しっかり断る。

水曜日
「自分の人生を生きる」

C045d19490905a595531324c24d5d53c4c23b3b9

人は「自分」を生きていないとき、心の中に罪悪感が溜まっていく。人生がうまくいかない、自分に自信が持てない。そういう人はこれまで、心の中に罪悪感を溜め続けてきたのだ。すると、他人が自分を大切にしてくれない、認めてくれないと被害者意識を持つようになってしまう。

そうならないためにも、自分が自分の人生を生きることだ。

トレーニング1.「これまでの自分と向き合う」
自分の過去にきちんと向き合い、自分が自分を大事にしなかったことによって溜まったネガティブな感情を認める。

トレーニング2.「問う」
本当はどうしたいのか?を自分に問う。いま、自分が進みたいのはどんな方向なのかを考える。

トレーニング3.「自分を生きる」
「こう生きていきたい」という自分を、実際に生きてみる。

木曜日
「自分を守る」

自分を傷つけたり、不当に低く評価してくる人に出会ってしまったり、うまくいかない事態に出会ったとき、自分を守ることが大切だ。そういうときは自分を責めることなく、淡々と自分がやりたいことを続けていく「打たれ強さ」が必要になる。周りがどうであろうが、自分で自分に許可を出し、自分を愛し守ってやることが重要だ。

トレーニング1.「意識的になる」
うまくいかない現実に直面したとき、自分がその事態をどう捉え、自分が自分にどんな言葉をかけているか、意識してみよう。

トレーニング2.「守る」
自分のことを愛すべき存在と同じように考え、自分で自分を守る。その上で実際に起こっていることを冷静に見つめる。

トレーニング3.「アクション」
自分に、気持ちが上向くような言葉をかける。もう一度チャレンジする、言うべきことを言う、本音を伝える、などのアクションを取る。

金曜日
「比べない」

自分よりうまくいっている人を見ても自分と比較しないこと。落ち込み、ネガティブになり、考え込んでしまう時間を極力減らし、自分のやるべきことに集中し、淡々と続けることだ。そうすることで着実に前に進んでいくことができる。

トレーニング1.「自分に気づく」
落ち込んでしまいそうになったら、誰かと比べていないかチェックする。

トレーニング2.「受け入れる」
自分の現状を受け入れ、今自分がやるべきことを知り、それに集中する。

トレーニング3.「淡々と続ける」
失敗したりうまくいかなくても、自分が踏み出した一歩を信じ、淡々と続ける。

土曜日
「主体的になる」

「人にどう思われているか?」ばかり気にせず、「自分が相手をどう思っているか?」を意識してみる。その上で相手に良く思われることを期待するのではなく、自分が相手を良く思い、高く評価し、愛するようにする。そこで相手も自分のことを良く思ってくれるとは期待せず、あくまでこちらからアクションを起こし、相手に関心を向けることが大切だ。

トレーニング1.「向き合う」
人にどう思われても気にせず、自分がやりたいことを考える。

トレーニング2.「期待を手放す」
自分がやりたいように行動したとき、他人にどう思われるかということは期待せず、あくまで自分が何がしたいのか、に集中する。

トレーニング3.「アクション」
挨拶をしたり、食事に誘ったり、自分からアクションを起こすように心がける。その際、相手の反応や短期的に出た結果には無愛想になること。

日曜日
「人を勇気づける」

50003d7c2cc5a4d88266bee2b0137fbd7e8bf2e2

ここまでのトレーニングで自分に余裕が生まれ、「どう思われるか」ではなく「どう思うか」を大事にできるようになっているはずだ。次は自分以外の他人に意識を向けてみよう。自分を満たすことができる人は、他人も満たすことができる。無愛想トレーニングが最終的に目指すのは、自分への愛を取り戻すことで、他人への愛を自然に持てるようになることだ。

トレーニング1.「理解する」
人の表面的な行動だけを見るのではなく、奥にある動機を理解するように努める。

トレーニング2.「無愛想力を使って良い状態になる」
相手の状態に左右されない無愛想力を持って、まずは自分が良い状態になるように注意する。

トレーニング3.「高く評価する」
相手がどれだけ自分のことをネガティブに捉えようとも、無愛想で応じ、相手を信じ高く評価する。それを維持し続けることで、相手に良い影響を与えることができる。

いつも誰にでもニコニコしていて「愛想の良い人」は、一見すごく人付き合いがうまそうに見えます。でも、その笑顔のウラには「人に嫌われたくない」という恐怖や不安...
「愛想が良い人」は人付き合いがうまく、誰にでも好かれる印象があります。でも実際には誰にも嫌われないように生きているため、次第に自分を見失ってしまい、誰にも...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
自然で愛らしい笑顔は、同性から見ても魅力的なもの。あなたも誰かの心をつかみたいと思ったら、まず笑顔の作り方のトレーニングから始めてみてはいかがでしょう? ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。ここでは...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...
ふくらはぎの真ん中の位置にすそがある、ミモレ丈。引き続きトレンドとなっていますが、人によっては「一番足が太く」見えてしまう長さなのです。体型を気にせずファ...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...