誰もが一度は感じる「恐怖」をマンガで表現してみたら…

もしも、暗やみに何か潜んでたら、お人形が動いたら、周りの人がいなくなっちゃったら…。

「そんなこと起こるわけがない」とは思っていても、誰にだって怖いものはあるはずです。LAを拠点に活動する漫画家、Fran Krauseさんは、みんなが潜在的に恐れている日常に潜むものを「Deep Dark Fears(深く暗い恐怖)」というシリーズにしています。

いわゆる、シャンプーをしているとき背後に感じる恐怖、に近い感覚。「あるある」「子どもの頃は確かに怖かったな」と思えるものなど、さまざまな作品を見てみましょう。

01.
世界の終わり

32ec59aaf3b9f3afdb8c3e5d10019fc25c02e712

ぼくのおばあちゃんは、世界がいつか終わるって言っていた。

そして、善人はみんな天国にテレポートするんだ。

だからぼくは床に服が落ちているのを見るたび…

家族は天国に行っちゃって、ぼくだけ悪人たちと取り残されちゃったんじゃないかって不安になるんだ。

02.
暗やみから
覗いてくるもの

094b7164eea730c669214f0fb5022b4c1f3b5b09

ぼくは昔、暗やみがすごく怖かった。

それで、パパが暗やみで光る星を買ってくれたんだ。

その星たちを見てると、怖さが和らいだ。

その星のうち、2つがまばたきをしているように見えるまでは…。

03.
シャツの中

28305e52d7c7ad2909d5e0263a0f082c25d5afff

着替えよう。

「ぎゃああああああああ!」

着ようとしたシャツの中にクモがいた。

04.
スマホの奥には

Ee962442b15d1aacb89efd3e1fc75cceefd3f501

スマホを片手に、夜更かしするのが好きなの。

でも、画面が明るすぎるわ。

部屋にある他のものはみんな、

暗やみに隠れてるのに…。

05.
お人形の視線

Bb051e18d72825a611e6cfc3257888c98c9ffc08

わたしは、小さいとき怖かったの。

お人形が、わたしが眠るのを見てるんじゃないかって。

だからわたしは、お人形のゆりかごをブランケットで覆ったの。

それからお人形が逃げ出せないように、本の山を積んだの…。

06.
握る手

4076ea727301724994f7c0e38a06ab8426d852a3

わたしが眠りに落ちるとき。

ベッドから腕がダランと落ちていると、

ベッドの下にいる「何か」が、

手を握ってくるの。

07.
本当の悪夢

B844af4905ce93fc1c117bf1701fe118f23dc3ab

ある夜、ぼくは悪夢から目が覚めた。

でも、じつはぼくはまだ寝ていたんだってことに気づいて、パニックになりながら起きた。

3度目に目覚めたときが一番ひどかったけど、今度こそ本当に目が覚めたんだって確信していた。

ぼくがもう一度、目が覚めるまでは…。

08.
公衆トイレで…

6e355aff9495bed5ad51298abbef372b7c9100f5

公衆トイレに入ったとき。

ときどき、自分は本当にひとりなのかどうか疑問に思うんだ。

気になって仕切りの下から覗いたとき、

もし、他の人と目が合ったらどうしよう…。

09.
死を逃れる1フィート

850ba4d8a32c57929df8b536fdd09d54882943de

ぼくの身長は5フィート。だから地下鉄に並ぶときは、

いつも6フィート以上線路から離れることにしているんだ。

そうしておけば、もしも誰かがぼくを殺そうとしても、

線路には落ちずに済むだろう?

10.
人の顔が描いている「絵」

Af77a6c6a5f570f5f660de3add5725400b214703

客間の電気が壊れていた。

壁には顔の絵がある、

ほとんど眠れず、翌朝に同じ壁を見ると…

絵だと思っていたところには、窓があった。

11.
ドアの向こう側

45612bf0074ed95b4f37f76ffb2337fa9bf191af

夜遅くに帰宅したとき。

わたしは家のドアを蹴り開けることにしている。

そうすれば、もしドアの後ろに人が潜んでいたしても、

襲われる前にノックアウトできると思うから。

Licensed material used with permission by Fran Krause
これほど科学が発達した現代ですら、さまざまな説が飛び交い、謎が多い「金縛り」。ここでは、「Higher Pespective」に掲載されている金縛りに関す...
「マンガを描くことは、私にとってセラピーなんだ」そう語るのは、癌を経験したイラストレーターのMatthew Paul Mewhorterさん。これまで患者...
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...
もしも、猫が大企業のCEOだったとしたら…。イギリス人漫画家Tom Fonder氏によるシュールなギャグ漫画のご紹介。これが、イギリスでは結構ウケているそ...
夜、眠っているはずなのに意識だけはしっかりある。体をいくら動かそうにも全く動かず、近くに(あるいは寝ている体の上に)得体のしれない存在の気配がする──。い...
「史上最も影響力のあったゲーム」の第1位に選出される『スーパーマリオブラザーズ』。飛んで、跳ねて、踏んづけて、ときに輝きながら無敵の強さを発揮する。だが、...
時には、喧嘩することもあるけれど、12年間ずっと支え合った1人と1匹。彼らの暮らしぶりは、Rikkeさんが日記のように描写した4コママンガに表現されています。
2015年8月30日、イラストレーターの「シバタヒカリ(@sunny_615)」さんがツイートしたのは、8月28日に作者の身に起きた実際の出来事をマンガ化...
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
誰にだって恐怖心はあります。失業がこわくて退屈な仕事を続けたり、独りになるのが怖いから適当な相手とも一緒にいる。でも心配しすぎることで、私たちは本当に大切...
あなたの恐いものは何ですか?もしそれがなかったら、何をしますか?そんな質問を、世界中の人にぶつけてみました。中には「恐いもの」に対する年長者からのアドバイ...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
誰もが持っていて、使い方さえ知っていれば人生を強力にサポートしてくれる「レジリエンス」という言葉。一般的には回復力や復元力などを指しますが、困難や逆境にぶ...
人間の脳と心は親密につながり合って、あなたを動かす原動力となります。この漫画の中で、心はいつもココロ満たされていたいと思っています。かたや脳は、そんな心の...
アンデルセンやグリム童話のワンシーンを思い出すような写真。見ていると、何かが始まりそうなドキドキした気持ちになります。ただ単純にキレイとか美しいだけじゃな...
「もしも、猫と人間の役割が入れ替わったら?」飼い主の猫Steveと、ペットの人間Manfriedの織り成す日常を描いたマンガ「Manfried the M...
2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...