60億で会社を売却し、家族4人で世界をめぐる旅へ!

28歳のGarrett Geeさんは、共同創業でScanという会社を立ち上げたのですが、2014年には会社を売却し、その売値は5,400万ドル(約60億円)にまでなったとそう。

彼が次にしたことは、そのお金に手をつけず、仕事を辞め、身の回りのものをすべて売ることでした。そうしてつくったお金で、妻のJessicaさんとふたりの子供と一緒に、旅に出たのです。

5ヶ月の予定が
19ヶ月を超える旅に

もともと大学時代から旅好きだったというこの夫婦。最初は5ヶ月の予定でしたが、旅の様子をInstgramなどで公開していくうちにスポンサーがつき、今では19ヶ月も旅を続けているんだとか。

【スイス】
切り立ったアルプスを登山

雪国スイスは、さすがに寒そう。子どもたちもファー付きコートで防寒ばっちり。鼻や頬が赤いところからその極寒ぶりが見えますが、おどける表情はとても楽しそう。

体は小さくたって、冒険心は人一倍な子どもたち。雪の中もどんどん登っていきます。

【フィジー】
南国でバカンス

写真はあいにくの雨ですが、そんなの関係ありません。美しい飛び込みフォーム!

Jessicaさんは「子どもと一緒に旅ができた良かった」と語ります。世界のこと、自然のこと、文化のこと...。さまざまなことを楽しみながら学べる旅は、ふたりにとてもいい影響を与えているのだとか。それに、家族で過ごす時間は、かけがえのない宝物です。

【アメリカ・ユタ州】
そびえる氷の城

ユタ州名物、つららを積み上げてできた氷の城。

去年の夏には
日本に来ていたそうです

昨年の夏には、東京と京都も訪れました。日本人が優しかったことと、食事がおいしかったことが印象的だったそうですよ。「まだまだ見て回りたいところがあるので、また近いうちに行きたい」と、Jessicaさん。

そのときの滞在記は、動画でもまとめられています。カラテごっこをしたり、ディズニーランドに行ったり、お箸でゴハンを食べたり、満喫してくれているみたいです。

一家はすでに34ヶ国を訪れていて、これからも旅を続けていくそう。いつも笑顔が絶えないこんなライフスタイル、憧れる人も多いのでは?

Licensed material used with permission by The Bucket List Family
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
旅については様々な学術的な研究も重ねてきたという、旅研究家のKathleen Peddicord氏。彼は30年以上に渡り60ヵ国以上を旅してきた、旅のエキ...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
何も言わず、でも全てをわかってくれているような。そして、寄り添うと感じる安心感。ペットとの絆は「家族以上だ」という人もいるほどです。同じ景色を眺めていれば...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
ScottとEmilyのManning夫婦は、大の旅好き。ふたりは大学を卒業してから新居を探していたのですが、ちょうどいい家がなかなか見つかりませんでした...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
最近の「60歳」の人たちはとても若くてエネルギッシュだけど、こと電子機器に関して言えば、スマホを使いこなしていれば感度が高いほうで、パソコンの、しかも画像...
家族で運営しているクリエイティブスタジオ「Studio 1208」は、3年間で19カ国以上をまたいで結婚式を撮影してきました。ニックは映像を録り、妻マリア...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
「パパ」「ママ」「なごみちゃん」「かずとよ君」の、とある4人家族。彼らが毎月定例で開催している“家族会議”に、いま多くの人が夢中になっています。まずは、T...
ありふれた日常生活から、困難に陥った時まで。支えてくれる家族がいたからこそ、あなたは優しく、強くなれるーー。「Thought Catalog」でそう語るの...
ノマドワーカーと一口にいってもイメージは様々だ。中にはPCから離れられない!なんて悩みもありそうだが、彼の場合は飛び抜けている。米・メディア「Elite ...