セルフィーの「こちら側」に注目。

エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだけでは物足りず、どうせなら自分も入りたい!とついつい自撮りしたくなる気持ち、分かります。

でも、もしかすると、そうやって笑顔でセルフィーしているあなたたちこそが、本当に魅力的な被写体だったりして?

 イイ顔してますよ。

0fed959d709b1b51ed2a843b583c93b417882135

これは、ニューヨーク出身の女性フォトグラファー、C. Londonによるプロジェクト「Selfies Across Europe」。多くの人が自撮りに夢中になっている様は、たしかに旅先ではよく目にする光景。だけれども、あえてその様子にフォーカスして撮影するなんて発想、普通はないですよね。

6e67e778678c9a53f1bed737ea4ae10eb8534cbc2b1a0ae062ffb54686c07a8d0e56e21f2a4cccaaE3c4f54664b47d77e014ea4184770720ec9a9a0d

セルフィーの「こちら側」も、イイ写真ですよ。

18b5878f32f1bd9e7715ac62daef1c8b5cb48a2b0d049764c36ea1a9e62a73933b18c502c2644214E962180764f3b88734e5006dcc6a9db43155150eBecbc581b507cf6dd8d105e58a854ebf995fc9c9D93daa46df021d8f7ff4f449221ffb719e5560586e23d10de44969fa8757d6cd6d249f58765ed5705043d752464252d47c63d0337bae73267ff80c528c6b99dc969886fed012aa157ddaa06904f99d6aAc537017ed5a6400426cabd8e379633af68f0e98F6362baca447aa75fd12cc90c260f55772b419dc171b3adab12839f482a66332559a81f47fcd80c0B0e7ef53d72ae0cc7c303f9f6c76c02054a93d4d

こうした写真を撮り続けているうちに、「セルフィーはミレニアル世代のもの」という考え方が誤っていたことに気づいたという彼女。あらゆる国のあらゆる世代において共通の社会現象であるというこの事実を、アジアやアフリカ、南米など世界の人に知ってほしいとコメントしています。その思いはなんと、一冊のに。

それにしても、時折見られる下の写真のような遊び心が素敵〜。

2066021b2492bb976bfc79df16803422b0944280
Licensed material used with permission by Chelsea London Phillips
セルフィー。日本語でいうと自撮り。自分ひとりの撮影だけじゃなく、友だちが集まった時も思わず撮りたくなっちゃいますよね。どうやらその気持ちは、猫も同じのよう...
ローラ・ウィリアムズ(Laura Williams)という18歳の少女が撮るセルフィーに、今注目が集まっている。彼女は、イギリスを拠点に活躍する若きカメラ...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
断崖絶壁セルフィー・・・こわっ!中国の五大名山のうち最も険しい山とされる、華山(かざん、ホワシャン)。かつては仙人が住む山とされ、道教の聖地となっている場...
Chessie Kingさんは24歳のスタイルブロガー。Instagramにも自身のショットを投稿しています。完璧なプロポーションの写真が並ぶ中、Ches...
男性が女性をナンパをしているところを見かけることがあります。そんな状況にうんざりしたNoa Jansmaさんは、自撮りを通して、世の男性にあることを訴える...
サインペンで書いた胸元のタトゥーに、近所で拾ってきた葉っぱのかぶりもの。娘・キャシーのセルフィーを忠実に再現してInstagramに投稿しているのは、父親...
ヨーロッパでポピュラーなLCCのひとつ、ライアンエアーには、世界中から注目されているパイロットがいます。彼女の名は、マリア・ペターソン。Instagram...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
デジタルアーティストであるCristian Girottoさんのこの作品は、もし動物たちが自撮りをしたら?ということがテーマ。それぞれが自身の特徴をこれで...
以前紹介し反響が大きかった、娘・キャシーのマネをしてInstagramに投稿する父・マーティンの話。彼は、セクシーな格好でセルフィーを投稿し続ける娘への“...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
一般の人がなかなか目にすることができない科学研究施設や産業、インフラの現場ーー。そんな“立入禁止の向こう側”を切り取った写真展が開催されていることを...
ちょっと怖いかもしれませんが、ぜひ試してみて欲しいのがコチラ。新しいアイウェアやメイクを選ぶときに、できるだけ相性の良いものを選びたい人のために開発が進め...
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...