「誰だって、変化を起こせる」。オバマのポスターを描いたアーティストのいま

2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大統領の知名度を上げる一助となりましたが、じつはこれ、オバマ氏に賛同したフェアリー氏が自主的に作成して、ネットや街中にばらまいたポスターが話題となったもの。

Medium 26665641d7ba4f500560e907c48292edcd68d259

そんなフェアリー氏は、先日行われたアメリカ大統領就任式の日に向け、市民を巻き込む草の根アート活動を主導しました。

We the People
- 我ら 人民 -

Medium aa6c99c5febbc4ca452f4d064884d970d0bc8d06

プロジェクト名にもなっている「We the People」は、アメリカ憲法の一文目に出てくる言葉です。アメリカは「私たち」国民のためにある、ということを、強く表現しています。

アメリカ憲法は、
「尊厳を守ってくれるもの」「お互いを守ってくれるもの」そして「恐れにも勝るもの」

Medium 43b1a1956314ea0373ae980c4fc43f6dc3d40ada

「私たちは引き裂かれない」

Medium f25b6b1937d8df538135ff078543542d17e058c3

「私たちは立ち向かう」(先住民による運動)

目に入ることが
「知ること」につながる

Medium 4b716b7d7069218da0474b81f910d8cfb3b429db

これらのアートは、「Kickstarter」で資金調達をした政治活動の一端として行われました。一番の目的は、とにかくこれらの作品が人の目に触れること。

企画のなかには、ポスターやステッカーを自宅やクルマに貼るだけではなく、新聞広告のハックや、大統領に自分が選んだアート作品を絵ハガキで送る、なんていうものもありました。

そして実際、1月20日には彼らの作品が新聞をジャックしたのです。

「誰だって、変化は起こせる」

最終的には、作品を人々の目に触れさせることで、政治を他人事にしている「傍観者」を、「参加者」へと変えることが目標だと言います。

フェアリー氏は無名時代、ニューヨークの街の至るところに自身のステッカーやポスターを貼り付けて認知度を上げたという、ストリートハックの第一人者的存在。つねに目に触れさせることのパワーを実感しているフェアリー氏だからこそ、この運動を先導できたのかもしれません。

Medium 63e733a9682f9e57014a0a078a1fdccce31ff1fe

彼は、どんな政治体制の下であっても、どんな主義主張を持っていようとも「民衆がつねに問題意識を持って対話していくこと」が、社会を変える力になっていくと考えています。そしてその一歩としての活動を、アートから広めようとしているのだそう。

一見「草の根運動」かもしれませんが、後々大きなパワーとなる可能性を秘めた活動だと言えるでしょう。

Licensed material used with permission by Amplifier Foundation
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
次期大統領候補も選出され、いよいよ任期が残り2ヶ月余りとなった現職のオバマ大統領。報道によれば、ホワイトハウスを出た後の住居がようやく決まったそうです。慣...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
食べログなどを代表とする評価サイトを使ったことはありますか?登録されている店舗のメニューやサービスに対して、ユーザーが評価を下し、コメントを書き込むことが...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...