ボストンで「おいしい」と評判のクッキー屋さん。店長はダウン症の女性だった

障害を持つ人にとって、就職は大きな壁のひとつ。ダウン症のコレットさんもその問題に悩んでいるうちのひとりでした。

途方に暮れていたコレットさんはある日、自分の特技である「クッキー作り」を仕事に生かしてみてはどうか、と考えました。そこでコレットさんは、家族の協力のもと、街のクッキー屋さん「Collettey's Cookies」をオープンすることにしたのです。

地元ボストンで評判の
「クッキー屋さん」

Medium 7d15d9aa8bbad7972eff626b60d01d782d483a01

もともと、お菓子をつくるのが好きだったというコレットさん。家族だけではなく、就職活動の面接に行った先でもお菓子を配っているほどでした。

「みんなが私の作ったクッキーを食べておいしいと言ってくれるので、じゃあ実際に売ってみるのはどうかな、と思ったんです」

彼女が開業したクッキー屋さんをCBSボストンが取り上げたところ、瞬く間に評判になり、彼女のFacebookは10日で950万viewを集め、5万枚を超える注文が入ったそうです。

さらに、彼女の活動に感銘を受けた人々から手紙が届き、その数は65,000通以上。

Medium 4c9bb3aea0c5148a9982869ed513feccbb93f590

仕事としてやってる以上
大変なときもあります

Medium 293f55e49e82b29cefa1e2b8ff5bf2409cf1e0dc

おいしいと評判で、多くの人が太鼓判を押すほどのクッキーを作るコレットさんですが、障害があるということで、偏見を持たれることもしばしばあるんだそう。

「いらない、って言われるのが一番つらいですね。断られることも乗り越えていかなきゃいけないんですが、街ゆく人々は私のことを『おいしいクッキーが焼ける人』というより『障害がある人』という風に見るんです」

ですが、彼女はこれを逆手に取って、自分のモチベーションにしていました。

「私がおいしいクッキーを焼けるということに、最初はみんなビックリするんです。でも、そのギャップは良いことだと思います。なぜならみんなが、障害のある人でもこんな風に多くの人に愛されるクッキーを焼くことができるんだ、ということに気づいてくれたわけですから」

障害を持っている人が
愛せるような仕事場を

Medium f858997f6cd7470763e35077c9d3294218248eab

現在コレットさんは「go fund me」で、ある目的のためにクラウドファンディングを行なっています。

「世界中の障害を持つ人が働けるような生産設備を整えたいんです。彼らにとって、愛せるような仕事ができるチャンスを与えたい。アメリカだけではなく、他の国でもそういった場所をつくりたいし、起業するスキルを伝えていきたいとも思っています」

自分の仕事をつくっただけではなく、世界中に雇用まで生み出そうとしているコレットさんの熱意には、驚かされるばかりです。

Licensed material used with permission by Collettey's Cookies
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
作ってみようかな。と本気で思わせるかどうかはさておき、明らかに男性に向けて、甘くスパイシーな「ジンジャークッキー」のレシピ動画が登場。ちょっとでも誘惑に負...
小さな八百屋「ミコト屋」が扱う果物は、1年中手に入るわけではありません。そんな旬の時期にしか出会えない、とびきりおいしい果物を使ってケーキをつくる「MER...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
日常生活の中で、「なんか強そう。苦手かも」と思う女性はいますか?なにを考えているか読めなくて、接し方もわからないから、自然と距離を置いてしまう…そんな相手...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
「スペースは充分。快適だよ」と、店主のRob Kerrさん。座っている場所は、使われなくなった赤い電話ボックスの中だ。ロンドンでは、これを建物代わりに活用...
アメリカでは、5月の最終月曜日は祝日。メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)です。軍隊になじみのない人には、ともすればパーティーへ行くための祝日として捉えら...
国内外に5つの法人を抱える岩佐大輝氏。同時にそれだけの会社を回すことは不可能ではないかと考えてしまうが、複数の会社を運営することは、逆にプラスの効果を生み...
どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなど...
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
メルボルンにオープンしたアイス屋さんが、Instagramで話題!そのビジュアルがたまらないのです。これは見逃せない〜♪わたあめ食べるのに大忙しでソフトが...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
職業や役職によってセックスに違いがある、なんてにわかには信じがたい話ですが、今回その「7つの理由」を教えてくれたのは、「Elite Daily」の人気ライ...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...