イライラはどこから?あなたが「神経質な人」である8つのサイン

心理学者エレイン・アロン氏の研究によれば、神経質な人は、“考えすぎる”ことで悪循環に陥りやすいようです。しかしながら彼らは、EQ(心の知能指数)が高く、自分の感情コントロールや他人の気持ちを察するのが上手という一面も持っています。

Inc.」の記事でTravis Bradberryさんが教えてくれるのは、「神経質な人」に当てはまる8つのサイン。

家族や友人など、周りにいる人たちとこのテーマについて話し合ってみるのも面白いかもしれませんね。

01.
なにごとも
深く考えすぎる

F5a2cc7d9c9506d6662fd39bf7c27dbf0cc7b660

誰しも、人生において困難に直面することがあります。

そんなとき、神経質な人は行動を起こす前に、起こりうることをすべて考えてしまって、自分の殻にこもってしまうことがあります。本当は些細なことなのに、大きな影響を与えてしまうかもしれません。

02.
細かいことが
いちいち気になる

神経質な人は、いわゆる完璧主義者です。ほかの人のミスでもくまなく探したり、どんなに細かいことでも、完璧でないと満足できないのです。

しかし、完璧さを求める仕事をするときは、逆にそれが強みになります。

03.
決心するまでに
時間がかかる

537074e0b0b02d5fcb1f9e8a6d961279ff245cae

どんな些細な問題も深追いしてしまうので、なにか決めごとをする際にも、とても時間がかかってしまいます。

起こりうるすべてのことをなんとかしようと考えているうちに、気が付けば時間が経ってしまっているのです。

04.
意思決定に
つまづいてしまう

自分で物事を決めるとき、それがベストな選択ではないことがわかってしまい、さらに時間がかかってしまうことがあります。

この悪循環に陥り、決定するまでの時間がどんどん遅くなってしまうのです。これは、間違った選択をしてしまうことへの恐れが原因です。

05.
感情的に反応しがち

C0aee358eec68d726182d6a4cca14a87f29bfd27

彼らは物事に対し、自分の感情のままに反応してしまう傾向にあります。また、他人の行動に強い反応を示すこともあります。つまり、感情が大きくなるにつれて、行動が感情に支配されてしまうのです。

自分の求める行動に感情を合わせるのは、とても難しいのです。

06.
厳しい非難を
してしまう

彼らは感情が強く張り詰めると、他人を厳しく批判してしまうことがあります。しかし、そのことについて、悩んだり、より深く考えてしまう傾向も同時にあるのです。

長い目で見ると、良い結果を生むことのほうが多いのですが…。

07.
チーム内では
うまく動ける

F6d9550ee1737f54daa07f2db8c54e9eadd8be56

他人を思いやれる特性は、チーム内の環境を明るくすることができます。チームメイトの気持ちを察し、細かい配慮ができ、何かを決定するときにはさまざまなパターンから判断することができます。

しかし、最終決定を下す人にはあまり向いていないかもしれません。

08.
グッドマナーの
持ち主だけど…

F65682d228b981e034e18ba214d3819f4a6b7115

周りに意識を向けていることが多いので、他人に対しても誠実です。自分の行動が他人に与える影響や、マナーにも注意を払います。ただ、そのせいで他人の行動が気になってしまいイライラが増すことも…。

そういう人は、オープンオフィスのようなうるさくて刺激が多いところでは、効率的に仕事ができません。家や個室で仕事をするほうが向いているでしょう。

ABOUT THE AUTHOR:

Dr. Travis Bradberry is the award-winning co-author of the #1 bestselling book,Emotional Intelligence 2.0, and the cofounder of TalentSmart, the world's leading provider of emotional intelligence tests and training, serving more than 75% of Fortune 500 companies. His bestselling books have been translated into 25 languages and are available in more than 150 countries. Dr. Bradberry has written for, or been covered by, Newsweek, BusinessWeek, Fortune, Forbes, Fast Company, Inc., USA Today, The Wall Street Journal, The Washington Post, andThe Harvard Business Review.

If you'd like to learn how to increase your emotional intelligence (EQ), consider taking the online Emotional Intelligence Appraisal test that's included with theEmotional Intelligence 2.0 book. Your test results will pinpoint which of the book's 66 emotional intelligence strategies will increase your EQ the most.

Licensed material used with permission by Travis Bradberry
神経質になることはマイナスイメージがありますが、細かい気配りができるのは、悪いことではないそうです。イギリスの調査によると、彼らは長生きする傾向にあるのだ...
考えすぎて疲れることがよくある。物事を決める時に、あれこれと思考を巡らせすぎて時間がかかる。周囲の環境に影響されやすい。友達に「気にするな」と突っ込まれる...
日本人の血液型の中でもっとも多いと言われているA型の男子の性格と特徴をあらためて考えてみましょう。好きな彼へのアプローチにも活かせるかもしれません。1.真...
本当の意味で「強い人」には、どんな特徴があるのか──。そこを突き詰めた結果、「繊細さ」こそがポイントだと結論付けたのは「Higher Perspectiv...
「Higher Perspective」で、繊細で敏感な人が知っておきたい4つのことが紹介されています。繊細であるということは弱いと思われがちですが、さま...
もともとせっかちな性格で、なんだか自分は損をしていると感じることはありませんか。もし、自分でも変わりたいと思っているのであれば、できることから順番に試して...
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
今日もイライラ、していませんか?ときには怒りがピークに達して、相手を怒鳴りつけてしまうこともあるかもしれません。一方で、いつも冷静で穏やかな性格の人もいま...
強くて、怖くて、ちょっととっつきにくい女性、あなたの周りにもいませんか?でも、彼女たちが怖そうに見えるのは、じつはとてもナイーブだからかもしれません。「E...
真面目で、おっとりとした性格の人は、しばしばマイペースな人と周囲から評価されます。それは決して悪い意味ではありませんが、一方でマイペースの人との付き合い方...
12星座別の占いは数あれど、「Higher Perspective」に掲載されたのは、「誕生月」で分かるあなたの性格です。この手の診断って、当たるわけない...
だれにもわからない些細な変化に気づけるーーそんな印象から、よく芸術家になりやすいタイプと認識されますよね。たしかに、言葉にできない曖昧なことを上手にカタチ...
あなたの周りに、細かいことをいちいち気にする性格の人はいますか?  本人もそれなりに辛いですが、周りにいる私たちも気を使って疲れてしまいますよね。なぜ、そ...
ちょっと怒られただけでも大きなショックを受けたり、ざわざわしている場所が苦手だったり…。そんな自分のセンシティブさを気にしている人も少なくないのではないで...
毎日の生活のなかで、思ったより結果が出ず、スランプに陥っているように感じていても、まだ諦めないでください。ひょっとしたら、あなたが自然にしていることが、大...
DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、親しいパートナーから受ける暴力。警察庁の調査では、2014年時の日本におけるDV件数はおよそ6万件(女性の被害者...
いま、アメリカでは「理想の人生像」を求めるあまり、命に関わる問題にまで発展する事象が起きているそうです。その原因の発端にあるものを一言で表現すれば「完璧さ...
感受性が強い人は、人よりもいろいろなことに感づいてしまうことで、よいこともある反面、そうでないこともあるようです。ここでは、感受性が強い人が持つ特徴につい...
こういう診断モノって、当たっていてもいなくても、ついつい見ちゃうんですよね。友だちと一緒に「たしかに!」なんて話すのも、楽しかったり。今回は「Little...
「天使」の存在を感じる人がアメリカには多くいるようです。でも、それを証明するのは難しく、なかなか理解してもらえない…。そりゃそうですよね。じゃあ、「天使な...