ビーチに捨てられた「ゴミ」で、無料のジムを作り上げた英雄

Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。

何よりも海が大好きなAlcindoさんは、ビーチにたくさんのゴミがあることに悩んでいました。

大好きなビーチに
捨てられたゴミたち

8c37b82aef32b1be6572e0651eaaea7927022430

カーボヴェルデの美しいビーチは、人気の観光地。綺麗なビーチを保つことは、地元の人たちにとって大切なことです。

観光客が来るからこそ経済が回り、人々に仕事があるのです。でもゴミが捨てられていたら、その魅力は落ちるばかり。

もうひとつの悩み

06b2bfa9925307477ee6980c204f0d8a6d8662a1

またAlcindoさんには、もうひとつの悩みがありました。それは、気軽に体を鍛えに行ける場所がないということ。

エクササイズは大好きですが、トレーニングジムは高級で通えません。彼に限らず、周りにはそんな人が大勢いました。

ゴミを再利用した
手作りジム

42ff4b03f2ddcbcb085be75288a6452d174e3859

そんなAlcindoさんは、2つの悩みを一気に解決。砂浜で拾い上げたゴミを使い、ビーチにジムを作りあげてしまったのです。

0931e2e3d0cc8ef51957e990d8de8d5053d0cf17

太陽、砂浜、そして海。自然のなかで気持ち良くトレーニングができるジムを、無料で地域の人たちに解放しました。

「トレーニングをして、汗をかいたらそのまま海に飛び込んで…。そうやって、一日を終えるんだ」

そんなAlcindoさんは、このジムをより良いものにしようとクラウドファンディングをスタート。

422b63b0dfef91a01efcb22b3b53a65d2fd856c3

「僕の夢は、このジムを今よりもう少しだけ良くすること。カーボヴェルデの人たちのためにも、観光客のためにも。もっと見栄えのいいものにしたいんだ。クリエイティブの力さえあれば、より良い世界を創ることができるんだって、みんなに伝えたいよ」

Licensed material used with permission by TUD DRET
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...