遠距離の「せつなさ」を描いたラブストーリー

結論からいえば、失敗に終わった遠距離恋愛。それを短文を添えたイラストで表現したSisiwAkoさん。26枚で構成されたせつないラブストーリーがFacebookで公開されるや、あっという間に10万近いシェアを集めた作品です。

共感の理由を解読しようなんて野暮なことかもしれません。でも、主人公のけなげさは、どこか欧米人女性たちに“刺さる”ものがあったのでしょう。

I miss you…

「LOVE」をワードに出さなくても、十分に「愛」を伝える表現力にも注目。むずかしい言い回しは登場しません。彼女の世界観をそのままに感じとってほしいので、和訳は最後にしました。

D0edb73702a214d60396bed70c8e5bb461f4722687631336696be9e4148495c3775a66476f287ec2E3ae8b2f6a6ad26501c4f83f14d3b6d420dbda07Fe14e6354dd86ea81cfcc3da5af74a07505f507d498c4ecddc36093b5142b50690b357546ce5f9924f4aca47ca9b810c7bd7d175293ccd5674c2e45cF4658ce56b7e13a2c52eed8fd1b408f5908ba903C324052b7810131a7b24324e54a221f8671755735b12143eb5601be5657a0a3ef79708a37bdf758a78c4c3c55165c5c2b3d9d5fd5a0786a4b0d947f6B54b180e20d3e8fcd35cec1e917085f67348c5764977052d8c85c58a4ec6b6ebd7dcc646ccad57766058d053003c69275da98934fa2aee3168fe3b43C8353b6a40b90a558c8abf9a40178989677fbfc5Afd34f6df6d40a5f8c3ed15d68b6abc5c3b9bb96A66fe9b60977c4f1caeab20eef3a8c7bd083588b625367d6851fcff153b00b00b55d91816b86c62c5fc1a2c81dbbc652f4e81e312232cd88f4a358270b20858a5625dba4bc6d2dd661a532f46e34509f627ac3399753ec6cecfef81985ba50487644d50bBeed50dc2f7757c49bb97600e455c82af56e1d5286908e8221154139548db2eac8fa2e36654e8b367acc6c6b285b98e5df3cfe25a86defff7daf7fd123118afda3ac9c3a78b404f8b460f73915f2d127D17575e851bc490acf4e280da396e67a9ffa51ec6aa63813e674c0f05d661ec873783b465a8eb494

ねえ、会いたいよ…

ねえ。

覚えてる?

いっしょに過ごした日々を

しあわせだったひとときを

今よりもずっとマシだった…

それが悲しいの

毎週アナタに会うためだけに、何時間もかけて移動したっけ。

料理の勉強もして、

アナタが大好きな味もできるようになった。

離れていることが、もうガマンできなくって、時間を見つけては電話もした。

お金も貯めて、計画も立てて、

だから、とっておきのプレゼントも用意したの。

アナタのことだけを考えてた、ふたりのことだけを。

だけど…

アナタは傷ついていた。

だから私、どうにかして助けたかったの。

元気になってもらいたくて、

せいいっぱい、私のキモチを届けようとしていた。

バカみたい、それってムダだったんだね。

悲しいけれど、アナタはもう私とおなじキモチじゃなかった。

アナタの心がもう、よそに行ってしまったことが悲しかった。

どうして、アナタのキモチを留めておけなかったのか、それを考えるのがつらくて。

ねえ、会いたいよ…

ふたりで過ごしたかけがえのない時間がなつかしい。

もうそれも叶わないってことが、ただただ苦しい…。

でも、どうかしあわせになってね。

だって、ずっとそうだもん。最初っからアナタがしあわせでいてくれたら、それでいいって思ってたから。

Licensed material used with permission by SisiwAko
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。後悔しないためにも、遠距離...
テクノロジーの発達は人々の生活を便利にし、またコミュ二ケーションの方法も変えてきました。その影響は恋愛にも及んで、昔と比べると恋人同士の連絡回数も連絡手段...
「遠距離恋愛は続かない」ってよく言われるけど、きちんと関係を続けているカップルだってたくさんいますよね。今の彼女と付き合って6年目になるという「Elite...
遠距離恋愛のつらいところは、会いたいときに思うように会えないこと。何となく、ひとりぼっちのような気がしてしまうとき、恋人からのサプライズがあったらどんなに...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
50%が1年未満で別れてしまう厳しい遠距離恋愛。結婚に至るケースは全体の13.5%でしかありません。1度別れた遠距離恋愛を復縁する前に、よく考えておかなけ...
クリスマスの夜、会いたくても会えない人たちのためにーー。東京と大阪。約400kmもの距離を1つのテーブルでつなぐ“特別なレストラン”が、期間限定で開店しま...
お互いに、簡単に会うことが叶わない国際遠距離恋愛を続けるには、かなりの覚悟と、無理をしない程度の努力が必要です。国際遠距離恋愛にありがちな悩みを上手に克服...
「遠距離恋愛」と聞くと、なかなかうまくいかないというイメージがあるかもしれません。でも「Elite Daily」の女性ライターMichelle Dang ...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
今ではスマホもあるし、電話やメッセージでたくさんやりとりできる。でも、お互いに触れ合うことだけはできない「遠距離恋愛」。時間や体験を共有できないつらさに耐...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
「思いを告げる前に好きな人が引っ越してしまった」「好きになった人が遠方住みだった」などの理由で、片思いなのに遠距離恋愛になってしまったという方もいらっしゃ...
ふと思いました。遠距離恋愛のハードルって、以前と比較するとかなり下がったんじゃないかなあと。通話料金を気にしながら顔も見えないパートナーと話していたのは、...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...