お酒をやめて得るものは、意外に多かった。

週に2回以上はお酒を飲んでいるという人に目を通してほしい記事を「Elite Daily」で発見しました。

それは、ライターのLauren Kroetschさんがまとめた「お酒を卒業した結果起きた7つのこと」という内容。最初は何か物足りなくて心寂しくなることもあるそうですが、意外に得るものも大きい!?

01.
社交的な人生にサヨナラ
家でまったりも楽しい

6ff355df72255e84d5f4536e0da662dea3628352

お酒が当たり前の生活をしていたときは、友だちと街へ出かけては、2度と会うこともない人たちと、自分の名前を忘れるまで酔っ払う始末。

そんな日々と比べれば、お酒を飲まなくなった今の人生はワイルドさに欠けるかも…。でも、家でNetflixを観ながら野菜チップスをほおばるのも、意外に悪くない。

02.
本当の友だちだけが
残る

会話もロクにできない暗くてうるさいクラブより、ディナーやライブに出かけたり、犬の散歩をしたり、映画鑑賞をするほうが、よっぽど深い友情関係が築けます。

夜遊びを卒業しても一緒に遊んでくれる人が「本当の友だち」だということに気づくはず。

03.
話についていけないけど
そこまで問題じゃない

飲み友だちだった彼女たちが酔ったときのハプニング話で盛り上がっていても、まったくついていけない。

だって、トークに出てくるようなイケメンも、変なタクシードライバーにも出会えてないんだから。明け方にシェイクを飲んだり、はいつくばって帰宅した、なんて、そんな話も初めて聞いた。それはそれで、ちょっと寂しいかもしれない。

でも、次第に「ま、いいか」と思えるのが人生よ。

04.
財布の中の「お金」が
減っていかない

F9dc10d01be5b50fc5f30d6e82437adf08f45882

飲み代は、どうしても高くつくもの。一週間に数回飲みに出かけてしまえば、お財布もあっという間に寂しくなります。

でも、お酒を人生から抜いてしまえば、単純にその分のお金は貯まる一方。「本当にほしいもの」にだって手が届くようになるかも。

05.
いつの間にか
サイズダウン!

毎週末のように飲み会に行き、締めのカロリー高めなゴハンまで。そんな生活をしていたら、体重が増えるのは当然。

でもお酒を卒業したら、飲んだ翌朝にジャンクフードが食べたくなることもなくなったし、いつの間にか体重が減ってることも。

浮いた飲み代は、スリムになった自分へのごほうびとして、洋服を買ってもいいしね。

06.
休みの一日を
有効活用できる

28d299c6424e72da985f07016894e518012a5ceb

朝まで飲んでしまうと、どうしても次の日は二日酔い。しかも、目が覚めたら頭はガンガン、口臭はウォッカくさい…。

朝まで酔っ払いさえしなければ、陽が昇る頃には起床して、早めに行動することもできます。トイレにこもって、吐き気がおさまるのを待つ日々ともサヨナラしましょう。

07.
みっともない行動も
しなくなる

お酒が入るとコントロールが効かなくなって騒いだり、勢いで職場の人に電話をかけてしまったり、公共のゴミ箱に吐いたり、とだいたいにして恥ずかしい事件ばかり。翌朝にすっかり忘れていても、他の人から指摘されて赤面…なんてことも。

でもお酒から離れると、大事なことでもしっかり記憶に残っているし、そもそもそんな失敗を起こしません。記憶をなくすまで飲むのはもうやめて、人生の思い出をしっかり心に刻んでみては?

Licensed material used with permission by Elite Daily
1月といえば新年会、新年会といえばお酒。忘年会シーズンに引き続き、飲み過ぎが続いている…なんてことはありませんか?お酒を飲んでいると、新年を迎えて「今年こ...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
こんな当たり前のことをあえて取り上げるのは、やっぱり大切だと思うから。お金そのものが「豊かさを感じさせる訳ではない」。この記事の要点であり、まさに「プライ...
「幸せはお金では買えない」とは、よく耳にする言葉ですが、はたして本当にそうなのか?科学を分かりやすく動画で解説する「AsapSCIENCE」が両者の相関関...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
幸せの定義って難しいですよね。価値観は人それぞれだし、幸せだと思っていたことが、ある日とつぜん180度ひっくり返ることだってあります。でも、「Elite ...
「あなたはお酒に強いですか?」 これ、頻繁に耳にする質問ですが、よく考えると何を以って判断していいのか分からないですよね。でも、そんな曖昧なものを「数値」...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...