懸命に働くロボットたち。ショートフィルム『悪循環』のメッセージとは?

単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。

映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほどのショートフィルム「Vicious Cycle(悪循環)」。キュートなロボットが繰り広げるそのショッキングな内容に、思わず考えさせられてしまいます。

単調に働き続ける
ロボット

53f19504d173f79cff282b1f97e36275f1e69e70

四角い顔に丸い目、胸から覗く歯車が可愛らしいロボットたち。彼らは機械仕掛けによって、退屈な仕事をひたすら繰り返します。

Bb9210ef470c8da652c6c60a32429f5162f7d5082d520c6276a55821c0384415cf17b1eccbb22f2fB5f8c9ed0cd368e8777f53c05ef3e76bb8e2a129

労働はどんどん、加速する。

E8d4764e77a4c0a8f47ecb26b37d841cff917f38

最初はのんびりと働いていたロボットたちですが、慣れてくると、どんどん早い動きを強いられていきます。

3090d001581f0d5b13a1f3df29e3280c6efd8a3aBa5944f8b106fb4505a0ec9be3be7b69e8315bb80f70062fc903c7472dd072efe67fa5248e6567c5

そして、過重労働の先には…

55dd289f11add4b2181e0397e65d4d453d3005e1

そのあまりのスピードに、ロボットたちはやがて限界を迎えます。四肢はちぎれ、部品は吹き飛ばされ、こぼれる赤いビーズは、まるで血のようです。

9bd38bf80f08feedf4a885fe21247baa88e41e75Fe3c26f2fc736690f7e6b8d3becfea5e193f58db20286a5ed680b5f17e737720acc00b892d15fd7f

壊れていった
ロボットたちの末路

39970cdadf6c4c0aa4780000b8167853acafc149

過酷な労働のなかで壊れていったロボットたちは、拍子抜けするほどすぐに新しいものに取り替えられ、同じような労働が再び始まります。

こんな働き方、正しいの?

「この映像は、観る人によって色んな捉え方ができるはず。たとえば、人々がどんなに単調でつまらない仕事をしていて、酷使されているか。そしてどれほど簡単に“リプレイス”されてしまうのか。このロボットたちはメカニズムの奴隷で、仕組みがないとただの役立たずなのではないか。人生のどのタイミングで観るかによっても、感じることは変わってくるかもしれない。とても興味深いことだと思うんだ」

そう語るのは、監督のMichael Marczewski氏。

チャーリー・チャップリンが、映画『モダン・タイムス』で、資本主義の進展と工業化の果てに人間が疎外されていく社会を風刺したのが、1936年のこと。

それから80年以上が経っているにも関わらず、私たちはこの根本的な問題に対する答えを、未だ見つけられずにいるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Michael Marczewski
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
一般論で「人生の働き盛り」とは、仕事もできて体力もある30代。では、ビジネスにおいてこの“盛り”を過ぎると……あとは坂を転がるようにポテンシャルが低下して...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
フィリピンの首都マニラの南東に位置する街マラヤ。 農村地域に広がる貧困が、多くの子供たちを小規模金採掘に関わらせている。生きるため食べるために、危険を冒す...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABO※イベントは終了致しました。いつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だった...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
南アメリカ在住のニュージーランド人女性ケイトさんは、過去にマクドナルドで働いていた経験があります。が、当初はその仕事に偏見を持っていたようです。ここでは、...