国際社会の「闇」を文字におこしたA to Z

A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファベットを一読するだけで、国際社会が直面しているさまざまな問題を意識せざるを得なくなる。

C20783f6b60067267668b1a5df029282477d3a7a

自分の生活がどれだけ恵まれているのか、それと同時にこれら諸問題に対して、どんなアクションができるのかを考えるきっかけになれば、とアルファベットとともに製作者からのメッセージが添えられていた。

Cc7e7a9fcd2da7c0f08e4a1b823c22410d9251af

A:AIDS/HIV(エイズ/HIV)
B:BIODIVERSITY(生物多様性)
C:CHILD LABOUR(児童労働)
D:DRUG ABUSE(薬物乱用)
E:ETHNIC & RACIAL EQUALITY(人種的民族的平等)
F:FOOD SECURITY(食料安全保障)
G:GLOBAL WARMING(地球温暖化)
H:HUMAN RIGHTS VIOLATION(人権侵害)
I:ILLITERACY(無教養)
J:JUVENILE CRIME(少年犯罪)
K:“HAPPY & PEACEFUL”
L:LGBT RIGHTS(LGBTの権利)
M:MARINE POLLUTION(海洋汚染)
N:NUCLEAR WEAPONS(核兵器)
O:OVERPOPULATION(人口過多)
P:POVERTY(貧困)
Q:“HAPPY & PEACEFUL”
R:REFUGEE CRISIS(難民危機)
S:SLUMS(スラム街)
T:TERRORISM(テロリズム)
U:UNEMPLOYMENT(失業)
V:VIOLENCE AGAINST WOMEN(女性に対する暴力)
W:WAR CRIMES(戦争犯罪)
X:XXX/ CHILD PORNOGRAPHY(児童ポルノ)
Y:YOUTH SUICIDE(若者の自殺)
Z:“HAPPY & PEACEFUL”

これらの文字が
すべてなくなるその日まで

1faed4278ea7285022618fae38a99a82c7d34996

WE CAN PUT AN END TO THIS together.
私たちみんなで、世界からこれらをなくすことができる。

自らをtypomaniac(タイポマニアック)と称するほど、タイポグラフィと向き合う日々を送っているというNiteesh Yadavは、ニューデリーを拠点に活動を続ける若手グラフィックデザイナー。

これらのアルファベットロゴは、次世代のクリエイティブを発掘することを目的とした「Adobeプロジェクト1324」の一環として、Niteeshが制作したもの。彼は、上記のメッセージとともに、国際社会が抱える問題を共通認識としてもらうため、文字の無料ダウンロードを提供している。

Licensed material used with permission by Niteesh Yadav
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
鉛筆の芯や消しゴムで彫刻をするのもよく見るけど、それならもっとカラフルでバラエティに富んだ「おいしそう」な彫刻だってアリ。インドのムンバイを拠点にプロダク...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
「LittleThings」にライターREBECCA ENDICOTTさんがまとめた記事には、「花」を使ったとある計算問題が。落ち着いて臨めば誰だって正解...