インドからアメリカへ。ふたつの故郷を持った私の素直な気持ち

インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿されました。

インドとアメリカ、ふたつの全く異なる国の間を生きる彼女は、いったい何を感じているのでしょうか?

居心地のいい故郷を
遠く離れて

8bfd62090a56c941934c298f75b4f61073995164

私はインドのムンバイで育った。混沌とした場所だったけど、大好きだったわ。

ムンバイでは、みんながお互いのことを思いやっている。食べ物も、文化も、そして生活しやすいところも大好きだった。誰だって、ここに住みはじめたら、居心地がいいって感じると思うわ。

12歳からずっと同じ友だちと一緒に広い場所でのびのび育って、賃金は安いけどちゃんとした仕事を見つけて勤めていれば、何も心配することなんてなかった。

そんなにお金を儲ける必要も、新しい友だちを見つける必要もなかった。つまり、居心地のいい場所から一歩も抜け出す必要なんてなかった。

そう、なかったのよ。

ニューヨークに来た頃は
泣いてばかりだった

だから、そんな故郷を離れなければならなくなったとき、とても怖かった。今までとは全然違うことをしなければいけなくて、大変な道のりだった。でも、人生で初めて住み慣れた街を離れて自分ひとりで決断することに、同時にワクワクもしていたわ。

私は、大学に行くためにニューヨークに来たの。でも、全然馴染めなかった。何を勉強したいのかも、何になりたいのかもわからなかった。多分、新しい土地は居心地が悪かったんだと思う。

それでも涙が
私を変えた

8558fb51a9364c55fcf57b48399ae94025e191e8

何度も失敗した。失望した。泣いた。でも、それが私を変えた。

ニューヨークに来てから、自分とは全然違うタイプの人と友だちになることができたわ。それに、ジャーナリズムという夢を見つけた。

ムンバイに帰ると、20歳そこそこなのに、結婚しなさいと強く言われる。やっぱり故郷にいたら変われないままだなと思った。ニューヨークで知らない人と出会ったり、自分自身のことを知ることができたのって、かけがえのない経験だったんだわ。

ムンバイの上に
重なったニューヨーク

もちろん、ムンバイが嫌いになったわけじゃない。ただ、ムンバイを離れてから積み重なったたくさんの経験が私にはある。

私はいつも夢に向かっていて、忙しくて、好奇心が強くて、フェミニストで、自分の言いたいことははっきり言う。これは、ニューヨークに来てから身についたこと。

でも同時に、家族が大好きで、繊細で、引っ込み思案で慎重でもある。これは多分、ムンバイで育ったからなの。

どちらでもあり
どちらでもないということ

5dc4bda1d88334ad1784a32ca5a0b7207405b894

今ではふたつの全然違う国を「故郷」と呼ぶけど、自分はどちらにも属してはいないなって思う。どちらにいても、ちょっとはみ出てしまう感じがするの。

でも、それこそが、ふたつの故郷を持つということのいいところなんじゃないかな。私はずっと、そんな風に生きていきたいと思っている。

Licensed material used with permission by Elite Daily
4月からの新生活で、慣れ親しんだ街を離れることになってしまった人も多いはず。「Elite Daily」のライターSarah Coleさんは、26歳のときに...
この動画の舞台は、アメリカのメリーランド州ボルチモア。2015年に同国で2番目に治安が悪いとランク付けされてしまった街だ。当時アメリカに住んでいた僕は、い...
Benedetto DemaioがInstagramで公開するのは、ほぼ全てターコイズブルーに関連したもの。美しいティレニア海を見渡すことのできるイタリア...
海外に行くと、日本とは全く別の文化に刺激を受けることがあります。滞在中に現地の人と関われば関わるほど、その驚きや学びはさらに深みのあるものに。でも、多くの...
アメリカ人女性のDeliberate Wanderer氏(blog,http://deliberatewanderer.com/)は、旅行先のインドで、カ...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
インドのNGO団体が制作した映像が話題になっています。ここで紹介されているのは、ムンバイで生きる野犬にカメラをつけることで彼らが日々どんな生活を送っている...
最近はさまざまなエクササイズがありますが、ヨガは毎日のルーティンに取り入れることで、人生のあらゆることを学ぶことできます。女性ライターのMeredith ...
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...
小さい頃の「将来の夢」は、何でしたか?お花屋さん、パイロット、ケーキ屋さん、スポーツ選手…。現在の仕事とはまったく違う人も、多いのではないでしょうか。イン...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
「これさえやっておけば、一生しあわせでいられる」。そんな方法があれば苦労しないのに…と悩んでネガティブになってる間に、またひとつしあわせを見落としているか...
この映画のタイトルにある「ふたつの正義の物語」という言葉が気になった。撮影に同行したジャーナリストの知人にどんな映画なのかを聞いてみたら、一言で説明するの...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
自然と調和し、大地と共に生きてきたネイティブ・アメリカン。数奇な運命にありながら、今日まで伝承されている、彼らの精神性や教訓をライターAlanna Ket...