喜びも悲しみもかき混ぜて分かち合う。沖縄の「カチャーシー」が教えてくれる大切なこと

「カチャーシー」。
三線の音色に合わせて独特なスタイルで手をひねる、あの沖縄特有の踊りをそう呼びます。あなたも一度は目にしたことがあるかもしれません。

E7153b20d740e0b0ee16800ac2e76043f88e15e7

ウチナーンチュにとって、「カチャーシー」はもはや生活の一部。祭り事や祝い事といった特別な日に限らず、場がにぎわえばいつだって自然と踊りはじめます。そして、旅で沖縄を訪れた人間も、その魂を感じ、等身大の自分のまま踊りの輪に加わるチャンスは常にあるのです。一度体験すると忘れられない、「カチャーシー」の魅力とは?

喜びも悲しみもかき混ぜて、
みんなで分かち合いましょう。

「カチャーシー」は、「かき混ぜる」を意味する沖縄の言葉「かちゃーす」に由来しています。冒頭でも述べたように、この踊りの大きな特徴は手のひねりです。しかし、ウチナーンチュが踊っている姿をちゃんと見れば、体すべてを使う踊りであると分かります。つまり、体をかちゃーす踊りが「カチャーシー」なのです。

喜びや悲しみをすべてかき混ぜてみんなで分かち合いましょう、という「カチャーシー」に込められた思いからは、ウチナーンチュの、人を大切に想うあたたかい気持ちが感じ取れます。

D856bdc65439c888b8197cfa659730409a0e5868

何か嬉しいことがあったら、自然と体が動いてしまうんです。

そう話してくれたのは、都内で数少ない、カチャーシーを体験できる居酒屋『沖縄料理 かりゆし』のオーナー山城さん。自ら三線を手に民謡ライブを行う生粋のウチナーンチュです。

「カチャーシー」を人から教わった記憶はないんです。みんなそうだと思います。あまりに日常的に踊るものだから、子どもは周りの大人を見て、勝手に「楽しい時の踊り=カチャーシー」と結びつけ、覚えるんですよ。それが体に染み付いているから、何か嬉しいことがあったら、家にひとりでいても、さらには音楽がなくても、つい体が動いてしまうんです。

たとえば、最高に気分がいい時、私達が鼻歌を歌いたくなるように、ウチナーンチュは、何か嬉しいことがあったら「カチャーシー」を踊りたくなるのでしょう。

幸せが逃げないよう、指はとじて。

本来、「カチャーシー」は男女で踊り方が異なります。といっても、手をグーにするかパーにするかという簡単な違いです。男性は手を握って拳を作り、女性は手を開いたまま踊ります。ひとつポイントを挙げるとすれば、女性は指と指の間をしっかり閉じるように。そうしないと幸せが逃げてしまう、と言い伝えられています。

でも、実はちゃんとした決まりはないんです。掛け声とか、指笛も、自分の感覚でやりたければやる、で良いんです。

分からなくてもいい。
自分らしく、好きに踊ればいい

8140d0cc6bf97a61b900ce5833b801f3e412e0f6

そう、これが「カチャーシー」の醍醐味です。好きなように踊って、自分が楽しければそれでいい。だから、旅人でも気軽に、踊りの輪に入ることが出来ます。

沖縄特有の温暖な気候のなかでウチナーンチュに囲まれて踊る「カチャーシー」には、別格の味わいがあります。

ウチナーンチュは観光客を特別扱いしません。変に飾った態度は見せず、私達を現地の人と同じように扱ってくれるのです。きっと、「カチャーシー」にも彼らの方から誘ってくれるはず。

玄人の輪に入るのは気が引けると思います。しかし、踊り方は本当に人それぞれです。「これでいいのかな?」などと気にせず、自分なりに、三線の音色に身を委ねましょう。ウチナーンチュと一緒になって「カチャーシー」に酔いしれれば、いつの間にか抱えていた悩みも忘れて、本来の自分を取り戻しているはずです。
その証拠に、踊っている人達の表情を見てください。皆、楽しそうでしょう?「カチャーシー」には、人を笑顔にする不思議な力があるのです。

1d4c0670070bf5b30da6c1626bd55ed2de4eb96c
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
まだ、アメリカの統治下にあった1970年代初頭の沖縄。その時代に建てられた施設をリノベーションして、新たに「モーテル」として生まれ変わらせたデザインホテル...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
冷たい風にさらされて冷え切った体をいやすのに欠かせないのが、ぬくもりと滋養。その2つを同時に満たしてくれるものといえば…日本人のソウルフード「豚汁」でしょ...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
「私は自分のことを完璧だなんて思ったことはありません。常に成長しています。そして、大切なことは何も人からだけではなく“愛犬”からだって学べるのです」-Wr...
これはChad Cryderさんが、幼い頃に祖母と過ごした時間を振り返った話。大好きな祖母特製の、大好きなドーナツ。その作り方を教わる中で、ほかにも大切な...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...
「愛」と聞くと、まずは恋愛のことが思い浮かぶかもしれません。でも、私たちの生活には、恋愛以外にもたくさんの「愛」があふれています。家族や友だちへの愛、仕事...
11月も中頃になると、高額当選をうたい文句にした「年末ジャンボ宝くじ」の広告が流れてくる。それも毎年、過剰なまでに賑やかなものが。一年最後のビッグイベント...
人生で襲いかかるさまざまな災難も、できるだけ、しなやかにかわしたいもの。今回「Elite Daily」で見つけた記事の執筆者は、15歳にしてアメリカン・バ...
「イカの踊り食い」といえば、細長く切ったゲソが一般的。でも、ここで紹介するのは、“下半身”をまるごとを乗せた「活イカ踊り丼」です。これがいま、特に海外で話...
あなたは、気持ちよく1日を始めるために、何か習慣づけていることはありますか?あなたらしい元気のもとや、からだにいいこと。朝にぴったりの、みずみずしい言葉た...
心の中に、いつも残っている言葉がある。「世界は一冊の本だ。世界を旅しない人は、ほんの1ページしか読んでないのと同じである」。ーー哲学者、アウグスティヌス私...
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...