「障害があっても私はキュート!」#disabledandcuteに溢れるセルフィーが話題

キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。

脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュート)」というハッシュタグをつけてTwitterに投稿している。

「私や他の障害者たちに力を与えるようなものをつくりたかったの」

ハッシュタグに込められたアイディアは、とてもシンプルで明快だ。キアさんの「みんなの自撮り写真を投稿して」という呼びかけに応えて、多くの障害者たちが自分自身の姿を#disabledandcuteに投稿をはじめた。

キュートという言葉を
取り戻したかった

これまで、SNSへの障害者の投稿は、自虐的なものも少なくはなかった。また、障害者への「キュートだね」という言葉は、相手に屈辱感を与えるという理由から避けられる。アメリカのようにオープンな社会でさえ、デリケートな問題として扱われる。

でも、キアさんは、違った。

「『キュート』っていう言葉を取り戻したかった。私たちがキュートと感じた時には、それを言葉にすることが大事だって思う」

やがて、様々な
発言のきっかけに

車椅子の人、手のない人、足のない人、盲目の人ーー。

様々な障害を持った人々が、次々にハッシュタグをつけて投稿している。そこには、自信に満ちあふれた発言が目立っていた。ふと、彼らの表情までもが、堂々としていることに気づく。キアさんのポジティブさが、影響を与えているに違いない。

車椅子のミュージシャンであるゲイリン・リーさんも、#disabledandcuteというハッシュタグで投稿している一人で、こんなツイートを残している。

「このハッシュタグには考えさせられたわ。
人間の美しさについて会話するのって好きじゃないんだけど…自分のありのままの姿を祝福するのって…素敵じゃない」

障害があっても
自分自身を肯定して欲しい

障害を持った一人の女性の英断は、インターネットを通じて多くの障害者に勇気を与えた。

#disabledandcuteというハッシュタグによって、障害者たちは自分たちのストーリーを語りだし、ありのままの自分自身の姿を祝福するようになったのだ。

「障害者だって幸せな人生を送るべき。私たちは愛される存在なのよ。障害があっても、自分自身の存在を肯定しながら生きて欲しい」

キアさんの願いは、静かなムーブメントになり、徐々に世界へと拡がりつつある。

Licensed material used with permission by Keah Brown
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...
セルフィー。日本語でいうと自撮り。自分ひとりの撮影だけじゃなく、友だちが集まった時も思わず撮りたくなっちゃいますよね。どうやらその気持ちは、猫も同じのよう...
ローラ・ウィリアムズ(Laura Williams)という18歳の少女が撮るセルフィーに、今注目が集まっている。彼女は、イギリスを拠点に活躍する若きカメラ...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
サインペンで書いた胸元のタトゥーに、近所で拾ってきた葉っぱのかぶりもの。娘・キャシーのセルフィーを忠実に再現してInstagramに投稿しているのは、父親...
ヨーロッパでポピュラーなLCCのひとつ、ライアンエアーには、世界中から注目されているパイロットがいます。彼女の名は、マリア・ペターソン。Instagram...
断崖絶壁セルフィー・・・こわっ!中国の五大名山のうち最も険しい山とされる、華山(かざん、ホワシャン)。かつては仙人が住む山とされ、道教の聖地となっている場...
デジタルアーティストであるCristian Girottoさんのこの作品は、もし動物たちが自撮りをしたら?ということがテーマ。それぞれが自身の特徴をこれで...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
障害者に対して入場料の割引を実施しているテーマパークはたくさんある。けれど、入場してから本当に楽しめるかどうか、は別の話ではないだろうか。きっと、パーク内...
以前紹介し反響が大きかった、娘・キャシーのマネをしてInstagramに投稿する父・マーティンの話。彼は、セクシーな格好でセルフィーを投稿し続ける娘への“...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
お気に入りの風景を水晶玉に閉じ込めた幻想的な写真が、Instagramで次々とアップされています。ハッシュタグ「#水晶玉」。いま、じわじわブームに火が付い...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...