アナタは、自分の睡眠の価値を認識していますか?

睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済における“社会悪”となる、こんな分析結果を紹介したい。

なんでも日本の経済的損失はかなり大きく、この国の明暗を労働者一人ひとりの睡眠が握っていると言ってもおかしくないほどだとか。

“睡眠”は金なり。

C2278eb070d5e194237385ed388f79b4ff63140b

この調査はイギリスの非営利団体「RAND Europe」とケンブリッジ大学が協力し、英国内の優良企業に対して調査を実施、分析とリサーチを行ったもの。同団体のクライアントは、おもにヨーロッパの公共施設、政府、大学、民間企業などだという。

今回の調査では、なぜ眠りが大切なのかを、睡眠不足による経済的損失面から紐解いていくため、イギリスのほかにアメリカ、ドイツ、カナダそして日本の5カ国で比較。各国における被雇用者の睡眠時間、職場でのパフォーマンス、さらには、それらがもたらす経済的影響の予測を膨大なデータから定量したという。

ひとりの睡眠不足が生産性低下をまねき、それがいかにして国民経済に影響を及ぼすかが結論づけられたこの調査。これが本当に数字通りに影響しているとしたら、明日からの生活習慣を見直す必要があるかも、と本気で思えてしまう。

では、その中身を詳しく見ていこう。

蓄積される日本人、一人ひとりの寝不足

健康への影響から。

ベースとなるのは、VitalityHealth社が実施した英国国内の職場環境調査。夜間の睡眠が平均6時間以下の人は、7〜9時間眠る人に比べて死亡率のリスクが約13%高く、6〜7時間眠る人は死亡率リスクが約7%高いというデータがある。そこから導き出した7〜9時間の睡眠が、日々の健康的な睡眠量というのは、広く言われているところで納得だろう。

RAND Europeによる5カ国調査では、日本は労働人口(*)ベースで考えたとき、総計年間60万日を超える労働時間を睡眠不足のために失っていることが判明した。寝不足が原因となり、職場での生産低下は被雇用者が職場にいない状態(欠勤)、もしくは職場にいても最適以下のレベルでしか働けていない疾病就業、これらの組み合わせが大きな損失を招く原因なんだそう。

*労働人口とは、15歳以上で労働する能力と意思をもつ人の数。総務省統計局の労働力調査(2016年12月分)によると、日本の就業者数はおよそ6,466万人。

国内GDPの約3%が睡眠不足により損失

077f386721c0aaed5beb969410233604ee81a0bd

この睡眠不足がもたらす体調不良、やる気の低下、作業効率ダウンは、積もり積もって日本経済に大きな損失を生んでいた。その数、年間で最高約1,380億ドル。国内GDPのじつに2.92%にあたる数字。

ちなみに調査結果から、被雇用者の中心を担う世代の睡眠時間が6時間以下から、もう数時間プラスして6〜7時間に増やすだけで、日本経済に7,57億ドルの追加が見込めるという試算も。これを鵜呑みにするわけではないが、このわずか数時間の睡眠の差で、これだけ数字に開きが出ると聞かされると、驚かないわけにはいかない。

調査を指揮したRAND Europeの研究指導員Marco Hafnerは、睡眠不足が健康だけでなく、国民経済に多大な影響を与える事実に注目するよう呼びかけている。

「つまり個人の睡眠習慣と睡眠時間の改善は、非常に大きな意味があるのです。私たちの調査が示すように、単純な変化が大きな違いにつながるということです」

325484be5651067ea387c1d16c0894bb31da01d2

ところで、他の国々はどうだったのか。各国ともに損失はあるものの、損失額で約4,110億ドルと大きかったアメリカを除いては日本よりもはるかにマシな数字。

アメリカ:
GDPの2.28%
損失額約4,110億ドル
労働時間損失約120万日


ドイツ:
GDPの1.56%
損失額約600億ドル
労働時間損失約20万日


イギリス:
GDPの1.86%
損失額約500億ドル
労働時間損失約20万日


カナダ:
GDPの1.35%
損失額約214億ドル
労働時間損失約8万日

睡眠時間を割いてまで…は、結局のところ“高くつく”というんだとしたら、あまりにもやるせない。けれどこれも事実、か。

Licensed material used with permission by RAND Europe
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
お昼寝、シエスタ、パワーナップなど。「Little Things」の人気ライター、 Laura Caseleyさんが、そのメリットと効果的なお昼寝の仕方を...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
米メディア「Big Think」で、雇用者はコーヒーメーカーより昼寝スペースを設けるべきという内容の記事が話題になっています。昼寝をすることで生産性や忍耐...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。でも、それにはリスクがありま...