どんなふうに使うかはアナタ次第!な模写マシーン

世界には、さまざまなデジタルデバイスが溢れています。生活を便利にし、効率化し、最適化するプロダクトももちろん大切ですが、時には遊び心を思い出したくなることもあるでしょう。

そんなあなたにぜひオススメしたいのが、この「Line-us」。

デジタルで描いた絵を
アナログで再現!?

4239a8f8dd9efb4807157a92aafd57c4edfbd19b

なにやら楽しげなこのプロダクトは、アプリ上で描いた絵をペンで紙に再現してくれるという、プリンタロボット。

「えっ、だったら普通のプリンタで印刷すれば?」
「最初から自分で紙に書けば?」

なんていうのは野暮というもの。

このペンならではの味わいと、きびきびとしながらもどこかかわいらしい動きで絵が完成していく様は、不思議な魅力に溢れています。

661bb908d5e91a7bf2af3da9abc3bbfb36e59784Ff7cf604851270d36fa2b11991492d3e204d1dbd6f26983a938cc7eb9117f63fcfb09b84f47b2bdb

プログラミングもできるから
可能性は無限大

59bf96dd89f27217d08d48dc9d21f8d48bc6a6c8

Wi-Fiを連携すれば、遠くでアプリを使って描いた絵を再現できるほか、個人でさまざまなプログラミングも可能。

絵の具を使ってカラーの絵を描いたり、音楽を演奏することだってできるんだそう。ユーザーの工夫次第で、可能性は無限に広がるのです。

Kickstarterでもすでにすべての購入プランが終了しているようですが、アプリ付きで1台69ポンド(約9,500円)だったので、市販化されたらもう少し高めの設定になりそうです。少し安い組み立て式のキットもあるので、そちらも気になるところ。

自分で組み立てたロボットが、思い通りの絵を描いてなんてくれたら、嬉しくてたまらないですよね。

Licensed material used with permission by Line-us
時間を忘れて熱中できる趣味はありますか?たとえば、友人に送る手紙に絵を描いたり、気が向いたときにノートにさらさらと鉛筆画を描いたりする。描くモチーフは、い...
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
東京大学の石川・渡辺研究室が、絶対人間に負けないじゃんけんマシーンを開発しました。0.001秒で相手の手を読み取る!このじゃんけんマシーンが勝率100%を...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
普段、何気なく使っているスマホやラップトップ。そのほとんどがWi-Fiに接続されていますが、当然そのネットワークの形は見えません。しかし、その姿を可視化し...
今まで切り絵は、緻密でデリケートな平面作品ってイメージがありました。でも、イギリスで活躍するアーティストRich McCorさんの作品は一味違うんです。建...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
白と黒だけで表現されたこの一枚の絵、あなたには何に見えるでしょう?絵の中に潜むあるモノを見つけ出してしまった人。ひょっとしたら、アナタには“見えないものが...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
とっさに使い道がイメージできないかもしれない。必要だと、今すぐには感じないかもしれない。それでも、なんか役に立ちそうな気がしてならない。と、ここまでは個人...